がんに勝てるメニュー                  Hitomi Nagano


EPAがめちゃくちゃとれるサバ水煮缶で、炎症体質にさよなら

 

【材料】

・サバ水煮缶2缶

・大根葉1袋

・卵2個

・香りソルトガーリック&オニオン

・買ったばかりのごま油

 

【作り方】

①フライパンを熱して、ごま油を適当にいれる

②サバ水煮缶の煮汁は捨てず、そのままフライパンに投入する

③はしで崩して、水気をある程度飛ばず

④刻んだ大根葉を加える

⑤卵を割り入れて箸でぐちゃぐちゃに混ぜる

⑥気がすむまで炒める

⑦香りソルトで調味して、仕上げにごまをたっぷりかける→出来上がり!

 

【説明】

・がん細胞は炎症サインをガッツリだして身体の中で優先的に栄養を集めている。

・炎症が強いと、筋力、体力、気力が消耗し、体重がどんどん減りしまいには歩けなくなる。

・まずは抗炎症に取り組むことが最重要。

・あじ、さば、イワシなどの青魚は抗炎症作用が強い「火消しのエイコサノイド」がかなり含まれている素晴らしい食材。

・しかも缶づめは、脂の乗った旬の時期に獲れた魚を缶に詰めてから加熱しているため、汁にEPAが沢山含まれていて損失されていない。

・しかも価格はリーズナブルで、オメガ3だけでなくタンパク質もしっかり摂れるのに、糖質はほぼゼロ。

 

「がん」「血中 EPA濃度」と調べて見てください。

このリンク参照して下さい

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspen/30/4/30_941/_pdf

これは名古屋市立大学の研究です。

 

・1日2g EPAが摂取できたら、2週間で血中EPA濃度が300に上昇するとありました。

・血中EPA濃度300を目指して、一日2000mgのEPAを摂ることはとても有効と思われます

・だからと言ってさば水煮缶を生で食べるのはかなり辛い。

・だったら今が旬の大根葉で何にでもかけられるふりかけにしてしまおう。

・タッパーで保存すれば3日は日持ちする。

・ごまはタンパク質も脂質も食物繊維も鉄もとれる。しかもゴマリグナンは抗酸化力が高い。

・とりあえず何にでも、完全栄養食卵を入れておけば間違いない

・ケトン体は最強の抗酸化物質

 

【アピールポイント】

・私でもできる

・10分でできる

・めちゃくちゃ美味しい

・大量に作って保存もできる

・お豆腐ポロポロご飯で食べたら止まらないです

・子供たちのおにぎりに混ぜてもよし

・MCTオイルともあう

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放