大切な存在

別れの辛さに馴れることは

決してありません。

幾度繰り返しても別れは

辛く苦しいものです。

それでも、私たちは死ぬまで

人を愛さずにはいられません。

それが人間なのです。

 

 

もし、人より素晴らしい世界を見よう

そこにある宝にめぐり逢おうとするなら

どうしたって危険な道、恐い道を

歩かねばなりません。

そういう道を求めて歩くのが

才能に賭ける人の心構えなのです。

 

 

人間は生まれた時から一人で生まれ

死ぬ時も一人で死んでゆきます。

孤独は人間の本性なのです。

だからこそ、人は

他の人を求め、愛し、肌で

あたため合いたいのです。

 

 

人生にはいろいろなことがあります。

しかし、悲しいことは忘れ、辛いことは

じっと耐え忍んでいきましょう。

それがこの四苦八苦の世を生きる

唯一の方法ではないかと思います。

 

 

大抵の人間は自分本位です。

特に女性は自分中心に地球が

廻っていると思っていて

思い通りにならない現実に腹を立てて

愚痴ばかり言うのです。

思い当たることはありませんか。

 

 

相手の立場に立ってモノを考えれば

人間は他者のために

どんなことでもできるのです。

 

  

人は、不幸のときは一を十にも思い

幸福のときは当たり前のようにそれに馴れて

十を一のように思います。

 

  

どんな悲しみや苦しみも

必ず歳月が癒してくれます。

そのことを京都では

『日にち薬(ひにちぐすり)』

と呼びます。

時間こそが心の傷の妙薬なのです。

 

 

大きな椿の花を咲かせるには

どうすると思いますか?

まだ、つぼみが小さいうちに

ひとつだけを残して

みな摘んでしまうのです。

そうすれば、大輪の花を

咲かせることができるのです。

 

 

お子さんに「何のために生きるの?」

と聞かれたら

「誰かを幸せにするために生きるのよ」

と答えてあげて下さい。

 

 

一日に一回は鏡を見る方がいいです。

できればにっこりと笑ってみて下さい。

心にわだかまりがない時は

表情がいきいきしているはずですよ。

 

 

あなたはたった一つの尊い命をもって

この世に生まれた、大切な存在です。

 

 

 

*瀬戸内寂聴

 







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

  044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士

 

  旬(ときめき)亭 Select  Shop

   



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放