情けない自分を受け止める勇気

劣等感があると、恥をさらせない、

だから強がってチャレンジできない。

 

理論武装ばかりで自分を守る。

 

理論武装しているから、失敗できないから

チャレンジしない。

 

チャレンジしないから

いつまでも劣等感を抱えたまま。

 

...

 

劣等感を抱えたまま隠したままだから

チャレンジ・失敗できない。

 

チャレンジ・失敗しないから成長できない。

周りはどんどん成長していく。

 

それをみながらますます劣等感が強くなって

隠すのに一生懸命でチャレンジできない、成長できない。

 

強がって、正当化するしかない。。

「どうせ」って、拗ね切ってしまう。。。

 

---

 

さて、このループを抜け出すには

 

恥をかく勇気

情けない姿をさらす勇気

笑われたり怒られる覚悟

人前で泣く勇気

同業者や教え子、後輩にも頭をさげる覚悟

つまり負ける勇気

 

そして

その失敗する、カッコわるくて

情けない自分を

自分が受け止める勇気

 

それは

 

拗ねない勇気

プライドを捨てる勇気

 

結局ひとが変われるのは、

知識やノウハウで進むのではなく

イメージやワークでブロックを外すのではなく

 

そのうえで

最終的に

 

恥をかく勇気

弱さを認める覚悟

 

そんな「損する」覚悟

 

だけしかないのではないか、と

思うのです。

 

そして、その

「損する覚悟」をした人にしか分からない、

 

この世に充満する「愛」という

「この世の優しさ」を「体感」できるのです。

 

自信がついたら、やろう。

失敗しないことが分かっているものだけ、やろう。

 

出来るようになったら、やろう・・・

 

泳げるようになってから、プールに行こう

やせてから、ジムに行こう

英語が話せるようになってから、留学しよう

 

稼げるようになってから、起業しよう

悩みがなくなってから、カウンセリングやセミナーに行こう

 

体力ついたら,出かけよう・・・

 

逆、やでー  !

 







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

  044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士

 

  旬(ときめき)亭 Select  Shop

   



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放