最高のアドバイス

「最高のアドバイスは、いい質問から生まれます」

 

とは、リチャード・ブランソンの言葉。

 

いい質問とは…

 

相手を喜ばせる質問。

 

話をはっきりとさせる質問。

 

その背景や理由をたずねる質問。

 

相手を喜ばせるには、その人が、言いたいこと、気にしていること、大事にしていることなど、一番欲しいと望んでいる「ターゲット」を質問すること。

 

いい質問は人を喜ばせる。

 

 

 

誰かと会うときは、相手への質問を準備しよう。

 

質問を準備するのは、相手への好奇心を高めることでもある。

 

せっかくの会話の時間に“相手から聞きたいことが一つもない”という状態は避けなければならない。

 

 

たいていの人は、これと逆のことをする。

 

質問ではなく、自分の答えの準備に精力を費やしてしまうのだ。

 

念入りに、自分が言うことばかり考えてしまう。

 

しかし本当のところは、相手だって自分自身の話がしたいと思っている。

 

自分でビジネスをしている人なら分かるだろうが、長期的な契約を結ぶとき、顧客が取引先に求めるのは、自分に本当に興味を持ち、親身になってくれることだ。

 

自分のことを最も理解しようとする人が、最もよいコンサルタントだと考えるのだ。

 

 

相手に本当に興味を持っていることを示すには、よく考えられた質問をするのがいちばんだ。

 

実際、顧客にとって本当に頼りになるコンサルタントでいるためには、ライバルの誰より顧客について勉強しなければならない。

 

 

そのための勉強法は、独創的で質の高い質問をすることだ。

 

1944年にノーベル賞を受賞した物理学者のイジドール・イザーク・ラービは、物理学での成功の秘訣をたずねられると、子供のころ、学校から帰るといつも母親から言われた言葉のおかげで成功できたと答えた。

 

「今日は何かいい質問をしましたか?」

 

誰かに質問をする。

 

 

それだけで、あなたはすでにその人との関係を築いている。

 

相手が動くのを待つ必要はない。

 

自分から質問して、自分から関係を築こう。

 

 

*人の心に灯をともすから転載

 







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

  044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士

 

  旬(ときめき)亭 Select  Shop

   



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放