養生訓 ほどほどで長生きする

◇生きる力 - 養生の基本

・養生とは人が正しく生きる道

人の身は父母を本とし、天地を初とする。

命を失ふ事、天地父母へ不幸のいたり、愚なる哉。

養生の術をまなんで、よくわが身をたもつべし。是人生第一の大事なり。


・めぐりのいい身体をつくる

気は、一身体の内にあまねく行わたるべし。むねの中一所にあつむべからず。

いかり、かなしみ、うれひ、思ひ、あれば、胸中一所に気とゞこほりてあつまる。


・脳の快感に溺れるな

一時の慾をこらへずして病を生じ、百年の身をあやまる。

恣なると忍ぶとは、是寿と夭とのわかるゝ所也。


 

◇飲食の心得 - 何をどう食べるか

・バランスのとれた食べ方で健康は決まる

五味偏勝とは一味を多く食過すを云。

五味をそなへて、少づゝ食へば病生ぜず。

諸肉も諸菜も同じ物をつゞけて食すれば、滞りて害あり。


・その食には生気があるか

諸の食物、皆あたらしき生気ある物をくらふべし。


・食事時にマイナスの感情を持ち込むな! 

怒の後、早く食すべからず。

食後、怒るべからず。

憂ひて食すべからず。

食して憂ふべからず。


 

◇日々是好日 - 心をととのえる

・六、七割よければよしとする

凡の事十分によからんことを求むれば、わが心のわづらひとなりて楽なし。

いさゝかよければ事たりぬ。

十分によからん事を好むべからず。


・反省しても後悔するな

過あらば一たびはわが身をせめて二度悔ず、只天命をやすんじてうれへず、是心気をやしなふ道なり。


・怒りをコントロールする

およそ養生の道は忿慾をこらゆるにあり。


 

◇健康配慮社会の到来 - 身体をととのえる

・自分の身体に合った朝の行動パターンを決める

凡朝は早くおきて、手と面を洗ひ、髪をゆひ、事をつとめ、食後にはまづ腹を多くなで下し、食気をめぐらすべし。


・元気の収支決算を考える

人、毎日昼夜の間、元気を養ふ事と元気をそこなふ事との、二の多少をくらべ見るべし。


・気をめぐらせ、エネルギーを発散

常に身を労働すれば気血めぐり、食気とゞこほらず、是養生の要術也。

時にうごき、時に静なれば、気めぐりて滞らず。


 

◇年を重ねるほど「ほぐれる」生き方 - 人生の楽しみ

・よく生きるには、よく働きよく学べ

長生すれば、楽多く益多し。

日々にいまだ知らざる事をしり、月日にいまだ能せざる事をよくす。

この故に学問の長進する事も、知識の明達なる事も、長生せざれば得がたし。


・正しい三楽

およそ人の楽しむべき事三あり。

一には身に道を行ひ、ひが事なくして善を楽しむにあり。

二には身に病なくして、快く楽むにあり。

三には命ながくして、久しくたのしむにあり。

富貴にしても此三の楽なければ、真の楽なし。


・年を重ねるほど、ほぐれ感が大事 

怒なく、うれひなく、過ぎ去たる人の過を、とがむべからず。

我が過を、しきりに悔ゆべからず。

人の無礼なる横逆を、いかりうらむべからず。

是皆、老人養生の道なり。

 







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

  044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士

 

  旬(ときめき)亭 Select  Shop

   



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放