心掛け一つで自分も周りも幸せになる

お布施には、智慧や財力がなくても、見返りを求めることなく善行を行うことで、よい運を授かり、幸福がもたらされると言われる7種の「無財の七施」というものがあります。ここでその7つのお布施を見てみましょう。


1. 眼施(げんせ):やさしい眼差しを持って人に接する

「目は口ほどにものを言う」と言いますが、相手の目を見れば、ある程度相手の感情を読み取ることができます。だからこそ冷たい眼差しで相手に不安や警戒心を与えてしまうことのないよう、心からのやさしい眼差しで、相手に安心感、親近感、幸福感を与えたいですね。



2. 和顔施(わがんせ):やさしい微笑みをもって人に接する

楽しそうに笑っている人の顔を見ていると、自分も楽しくなって笑顔がこぼれること、ありますよね。笑顔は雰囲気を和らげ、気持ちを優しく明るくしてくれるもの。


あいだみつをさんの詩にも、「和顔施」を象徴するようなものがありました。


あなたがそこにただいるだけで なんとなくその場の空気があかるくなる

あなたがそこにただいるだけで みんなのこころがやすらぐ

そんなあなたに わたしもなりたい

 

生きていれば嫌なこともたくさんありますが、普段から和やかな笑顔を絶やすことのないよう心がけて、自分の周りにいる人たちに幸せを贈りましょう。



3. 愛語施(あいごせ):思いやりを持った言葉で人に接する

言辞施(ごんじせ)ともいいます。言霊という言葉が示すように、言葉には魂が宿っていて、私達は言葉一つで相手を幸せにすることも傷つけることもあります。だからこそ思いやりを持った言葉を発することはとても大事。それがたとえ厳しく思える言葉だとしても、相手のことを思っての愛のある言葉であれば、それは「愛語施」になります。また、一言だけれどとても重みのある「ありがとう」「おつかれさま」など、挨拶や感謝の言葉も忘れることなく、相手にその気持ちを届けたいですね。



4. 身施(しんせ):身を持って思いやりを示す

お年寄りや体の不自由な方をお手伝いしたり、重い荷物を持ってあげたり、など、自分の身体を使って周りに思いやりを示すということです。ボランティアなども「身施」の一つになりますが、どんなにそれが良いことだと思っていても、実際行動に起こさなかったら意味を成しません。でも思いやりと自分の身体を使って接すれば、相手に喜びや幸せをもたらすだけでなく、自分の心身を磨くきっかけになるはずです。



5. 心施(しんせ):心を込めて思いやりを示す

相手に心を配り、相手の心境を察し、心の奥底から共に喜び、悲しみ、相手の心が傷ついていたら、自分の痛みとして感じられる......そんなことの大切さを表しています。深い思いやりと愛に溢れた心は、自然と顔つきや眼差し、言葉にも表れてくるはずです。



6. 床座施(しょうざせ):人に場所や席を快く譲る

明らかに若くて健康そうな人が、電車やバスの優先席に座り、携帯電話を触ったり眠ってしまっているせいか、目の前にいるお年寄りや妊婦さんに気づかない光景をよく目にします。どんなに疲れていても眠くても、公共のマナーとして優先席に座ることは控え、優先席でなくても、席を必要としている人を見たら快く譲るのが優しさであり思いやり。「床座施」には、座席に限らず、譲り合う心が大切であるという意味も含まれています。



7. 房舎施(ぼうじゃせ):人に宿泊や休憩の場所を快く提供する

他人を温かく自分の家に迎え、労をねぎらい、休んでもらう場所を提供するということです。四国には今でもお遍路さんをもてなす「お接待」という習慣が残っていて、食べ物や飲み物などを提供したり、休憩所を開放していたり、遍路に宿を提供しているところがあると言いますが、これも「房舎施」の良い例です。軒下の雨風をしのぐ場所を提供したり、例え自分が濡れても相手に傘を差し出すような思いやりの行為も、「房舎施」の一つです。



「無財の七施」は、人に恵みを与え、その人の心と人生を豊かに幸せに明るくするものです。


そして人に与えれば与えるほど、自分の心と人生も豊かに幸せになるものです。








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

  044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士

 

  旬(ときめき)亭 Select  Shop

   



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放