身体をアルカリ性に保つ



人間が生きていくには血液のpHレベルを弱アルカリ性(7.365)に保たなければなりません。

体内のpHレベルを正常に保つには日々の食生活が重要です。pHバランスとは、体内(体液、血液、細胞)のアルカリ性と酸性のバランスです。

しかし、酸性に偏った白砂糖、精製された穀物(白い小麦粉や白米など)、遺伝子組み換え食品などを摂取しています。その結果、健康を維持することができなくなっています。

pHのバランスが崩れると、細胞の活動と機能が妨げられます。身体が酸性に偏りすぎると、癌、循環器疾患、糖尿病、骨粗しょう症、胸やけなどの重大な健康問題を引き起こすことになります。

長い間、身体を酸性に傾いた状態にしておくと老化を加速させます。病気の原因の殆どが身体が酸性に傾いていることにあります。

最適なpHバランスを維持することが健康を維持する重要な秘訣の1つなのです。



体内の解毒とアルカリ化                       強健ラボ


 

解毒とアルカリ化は、瀕死のミトコンドリアを復活させる方法です。

解毒、アルカリ化によりミトコンドリアの大好きなマイナスイオンをたっぷり生産し、生命の全てを握っているミトコンドリアを活性することが病気回復の真髄です。 

健康とは、ミトコンドリアを元気にさせることです。     

 

人体細胞の活動に、クエン酸サイクルというものがあります。

体とクエン酸の凄い関係=クエン酸サイクル

 

エネルギーのもとであるブドウ糖がミトコンドリアの中に取りこまれると、クエン酸が次々と8種類の酸(コハク酸やリンゴ酸など)に変化しながら、その過程でブドウ糖からエネルギーを取り出す仕掛けのことです。

 

その変化の最後、9種類めに再びクエン酸になります。これがクエン酸サイクルです。

消耗した分は補充してやればいいのです。

ガンは、たくさんの乳酸をつくります。

ブドウ糖を分解するとき、酸素をたっぷり使って高分解させるのが健康細胞のクエン酸サイクルのやり方なのです。

 

ガンは酸素を使わずに、大量のブドウ糖を低分解させます。その低分解=不完全燃焼の燃えカスが乳酸です。

ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、そのあたり一帯が酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸サイクルが停滞、停止します。

 

ガン・慢性病の主原因は、乳酸というゴミがたまって身体が酸化することです。乳酸アシドーシスというガン体質が、人を病気にします。

 

クエン酸・重曹は、それぞれが違う特性を利用して、乳酸という人体のゴミをお掃除できるのです。

乳酸がたまるのは、スムーズにクエン酸回路が働いていない事が、大きな原因の1つです。補酵素・栄養素などの不足によってクエン酸回路が回転しないので、乳酸がたまってしまうケースが多いのです。

 

クエン酸はクエン酸回路を回転させるのに、最も必要な物質の1つです。

ビタミン・ミネラル・アミノ酸・リンゴ酸・コハク酸などと一緒に、クエン酸回路をスムーズに回転させてATPを作るのに、クエン酸は必要不可欠な物質です。クエン酸を常用すれば、乳酸がたまりにくく、疲れや病気を防げるのです。

 

クエン酸サイクルは、回転にともなって活性酸素を出すので、それが集積することによってがガン細胞は死んで、健康を保っています。

 

ミトコンドリアはそうして自然で順調な細胞の死、すなわち細胞の代謝という、重要な役割をになってますが、クエン酸サイクルが停滞、停止しますと、ガン細胞は死ななくなってしまいます。身体中のミトコンドリアで、強固なクエン酸サイクルを確立し、ぐるぐるグルグルできるだけ激しく廻してあげればいいのです。

 

ガン細胞の中のミトコンドリア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだすと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結果、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

 

またガンは周辺環境がアルカリ性(ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。

クエン酸は,腸内で分泌した重曹と混ぜられて、クエン酸ソーダというアルカリに変わりますので、これを大量吸収すれば、酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます。

 

身体をアルカリ化させますので、つまり、ガン、糖尿、あらゆる病気に効果があります。

 

重曹水には、炭酸水素イオン(重炭酸イオン)が含まれています。この炭酸水素イオンが、血液のpHに大きく関わっています。炭酸水素イオンが多ければ血液はアルカリ性に傾き、炭酸水素イオンが少ないと血液は酸性に傾きます。

 

ガン・慢性病の根本原因である乳酸アシドーシスは、血液のpHが7.35未満という酸性に傾いた状態です。つまりガン・慢性病の人の血液は、炭酸水素イオンが減少している状態です。

 


モン・ファボリ メープルシロップ 330g カナダ・ケベック州産のNo.1ミディアムグレードの100%ピュアメープルシロップです。 メープルシロップは他の甘味料に比べてカロリーが低く、カルシウムやカリウムなどのミネラルが豊富です。お子様からお年寄りまで安心してお使いいただけます。カナダの自然療法のには「メープルシロップ」と「重曹」を使用した「メープル重曹療法」があります。がん治療に有効であるのではないか、と言われています。「メープルシロップ」と「重曹」を3対1の割合で混ぜ合わせて煮詰めたものを「メープル重
   モン・ファボリ メープルシロップ 330g

★重曹+クエン酸+メープルシロップ+天然水を、常備して、少しづつ飲みます。

 

カナダ・ケベック州産のNo.1ミディアムグレードの100%ピュアメープルシロップです。

 

メープルシロップは他の甘味料に比べてカロリーが低く、カルシウムやカリウムなどの

ミネラルが豊富です。

 

お子様からお年寄りまで安心してお使いいただけます。

 

カナダの自然療法のには「メープルシロップ」と「重曹」を使用した「メープル重曹療法」があります。

がん治療に有効であるのではないか、と言われています。

 

「メープルシロップ」と「重曹」を3対1の割合で混ぜ合わせて煮詰めたものを「メープル重曹液」という強アルカリ性のシロップを摂取する方法です。



クエン酸+重曹水+はちみつ                 ‎Ipei Shikama


クエン酸と重曹を混ぜるのにはさまざまなメリットがあり、強力な抗ガン/アンチエイジング効果があります。 

また、ハチミツを混ぜることではちみつレモンのように美味しくなります。

 

~重曹とクエン酸の主な効果~

①重曹~体のアルカリ化・デトックス(毒素の排出)など。

②クエン酸~体アルカリ化・クエン酸回路~エネルギー(糖分などの)代謝・ミトコンドリア活性。

 

ガンは酸性でミトコンドリアの働きが弱まることでも発生するので、重曹とクエン酸はそれぞれ効果が違いますが、それぞれが重要です。

 

 

<クエン酸重曹水の作り方>

クエン酸・重曹をそれぞれ、小さじ2 (5g程度)を水1リットルに入れてかき混ぜ、はちみつ大さじ1を入れて混ぜ、

それを2時間おきに少しずつ飲む。 クエン酸と重曹の比率は多少変わってもかまいません。

 

 

★クエン酸と重曹をまぜることで、クエン酸の酸が中和されて飲みやすくなり重曹のまずさが無くなる上、ハチミツはビタミンB群の宝庫です。

 

★ハチミツの大切さ~ビタミンBはクエン酸回路を回す重要栄養素なので、それぞれを混ぜることが肝心です。

 [はちみつレモン=はちみつ+クエン酸]は必須です。

 

★クエン酸は一定時間が経つと体から出ていくので、定期的にこまめに飲むのが理想です。

  

★重曹は、飲みすぎると胃酸を中和しすぎるので、食前・食後に飲む場合は注意してください。(胃酸過多の場合は重曹は有効です)

 

★クエン酸に限らず、酸性の高いもの(果物など)は長い間歯に付着していると歯を痛めるので、クエン酸水を飲んだあとは口を真水や重曹水で

 ゆすぐのが理想です。

 

重曹とクエン酸は、それぞれお大さじ2杯ほどお風呂に入れたら血行が良くなり、体が芯から温まってデトックス(毒素を体から出す)効果もあります。 

ガンの治療や予防・アンチエイジングに素晴らしい効果があるのでこちらも試してみてください。

 

国産 重曹1kg (炭酸水素ナトリウム) 食品添加物 食用なので安心
国産 重曹1kg (炭酸水素ナトリウム) 食品添加物 食用なので安心
無水クエン酸 1kg 食品添加物規格(食品) 純度99.5%以上
無水クエン酸 1kg 食品添加物規格(食品) 純度99.5%以上
レンゲ印 ハチミツ 1000g
レンゲ印 ハチミツ 1000g
岐阜・養老 天然水 (2L×6本) ×2箱
岐阜・養老 天然水 (2L×6本) ×2箱



重曹を飲む                          沢口 健太郎


重曹、クエン酸は癌や、肝臓病など病気を治す効果があります。 昔から疲労時にはクエン酸、と言われています。 病気の時、体液は酸性になります。

身体が酸性に傾くと、人は疲労し、病気になります。

 クエン酸は酢・梅干し・トマト・レモン・グレープフルーツなどに含まれています。 

また、酸性に傾いた血液(乳酸アシドーシス)を、アルカリ性の重曹で中和すれば、様々な病名が付いた慢性病が改善します。

 特にガン・腎臓病・胃潰瘍・痛風などに効果があります。

 

身体を弱アルカリ性に保つ ドリンクの作り方

  材料

  ・重曹 小さじ3分の1  (1g程度)

  ・レモン汁(1/4個) または リンゴ酢  小さじ 2杯

  ・水 200cc

 

重層は、1日5gまでが安全な数値。

便秘に効果があった人は、空腹時に、重層レモン水を1日3回飲むだけで、便秘解消したそうです。重曹は取りすぎてもいけないようなので、飲まれる方は摂取量に気をつけてくださいね。

 

口腔ガンや咽喉ガンと診断されて、危険な放射線治療を受けなければいけなかった人が、重曹を水に混ぜてうがいして、放射能を中和させたそうです。

そして、放射能汚染除去にも、強い威力を発揮するみたいです!

放射能物質に汚染されているかもしれない野菜は、ボールの水に重曹を一つまみ入れて、野菜を2~3分浸けておくと、重曹が放射能物質を落としてくれるようです!

そして、重曹は放射能物質のセシウムやストロンチウムを重曹が吸着するので、 重曹は放射性物質を体内から除去するのにも使えるのです!

 

アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏の研究で、ウラン(放射能物質)に汚染された土壌の浄化に重曹を使用し、汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました!

体に付着した放射能を洗い落とす方法は、塩と重曹ををまぜたお風呂が効果があるそうです。

 

放射線治療した患者やX線を浴びた人に有効だとされた説。

お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れて、毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、そのお湯に浸かりると、皮膚についた放射能を、ほぼ落とせるらしいです。

重曹を海塩水に30分ほど浸してから水で洗うと、外側だけが汚染されているお野菜も、除去可能だそうです。野菜、フルーツ、肉&魚も、浸し洗いが有効で、かなりの放射能も化学物質も農薬も軽減できるようです。

 

千年前のインドの書物に、ガンの処置には「アルカリが有効」であると記載されてるそうです。重層(ベーキングソーダ)を飲んで、実際に「癌」に効果があった人もいます。

全ての癌が重曹で治るというのを証明した、イタリアの学者が発見し発表しましたが、その研究者はその後、暗殺されてしまったそうです、、。

アメリカ合衆国陸軍も、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しているくらいです。

X線による被爆(病院と空港検査)や、「放射線治療」と呼ばれる全ての治療は、危険な放射能中毒の原因となるのです。放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、放射性降下物よりも、遥かに身体に壊滅的な影響を与えてしまいます。

もし、どうしても受けなくてはいけない場合は、上記の方法で、重層レモン水を飲んだり、重層風呂に入って、軽減させたり、除去をトライしてみてはいかがでしょうか!

 

頻繁に海外に行かれる人も、X線被爆を受けるので、現在何も身体に異常がなくても、予防として、おすすめです。

身体に害があることでは無いので、試すだけでも価値はあると思います!

 



血液のpHは7.45                ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤


発汗の障害は、乳酸の解毒を悪化させ、酸性の体質を誘発します。 この時点でpHを計ると確認できます。

健常者の血液はpH7.45といわれておりますが、酸性体質は一部を除き、多くの患者に共通する因子です。

 

私達の体の70%程度は体液です。 この体液が、疲れがたまることで汚れます。

具体的には、交感神経を使うほど糖代謝が盛んに行われ、解糖後、乳酸が生じます。

この乳酸も、循環が良ければ、肝臓に戻り、乳酸デヒドロゲナーゼという酵素の働きで、元の糖に還元されるのです。

しかし、過剰なストレスは、還元能力を超えて乳酸を産生し、体液を強酸性に傾けます。

その結果、遺伝子を構成している「水素結合部」が破壊され「遺伝子が傷つき」遺伝子疾患が生じるのです。

先天性疾患が生じるのも、母体の体液が酸化し、羊水の質が悪く、胎児の発育に障害を与えているからです。

 

ガンや糖尿病などの現代病の原因を探っていくと、必ず血液の酸性化に行き着きます。 人間の血液のpHは7.45がベストです。

7.4±0.5であれば正常などと言われていますが、本当に健康な人は7.45です。 7.45と7.35ではかなり違います。

pH7.45という弱アルカリ性の血液が、「解糖系+ミトコンドリア」がATPを作るのに最適なのです。

7.45であれば、電子の量がちょうどいいのです。 7.35以下になれば病気になり、7.2以下では危険な状態になります。

 

ミトコンドリアは世界最小の燃料電池です。

酸素と水素(電子)を利用してATPという生体エネルギーを作り続けています。 ミトコンドリアに酸素と電子を運んでくれるのが血液です。

酸素と電子が不足すれば、人間は病気になり、やがて死にます。 俗に言う“汚れた血液”が、人間を病気にさせるのです。

酸素不足・電子不足の血液が、汚れた血液です。 pH7.3の血液は、電子が不足して酸性に傾いた汚れた血液になります。

 

なぜ血液が酸性に傾くのか。 それは酸性物質・酸化剤が血液に流入するからです。 乳酸はpH5の酸化剤です。

pH7.45の正常な血液に、pH5の酸化剤である乳酸が大量に流入すれば、電子を奪われてpH7.35以下のアシドーシスになるのです。

pH7.3、pH7.2と下がれば下がるほど、病状は悪化していきます。 pH7になれば完全に死んでしまいます。

 

現代病の正体は“血液の電子不足”です。

pH7.35以下では、明らかに血液の電子が不足しているのです。 血液の電子が不足すれば、エネルギーも不足して病気になるのです。

pH5の乳酸の原料はブドウ糖(グルコース)です。

精製糖質を過剰に摂取している現代人は、ブドウ糖をエネルギーに変えられずに、pH5の乳酸に変えてしまっているのです。

昔流行った脚気も、ビタミンB1欠乏によってミトコンドリアがATPを作れなくなって、大量の乳酸によって身体が酸化して、様々な病状が出てきたのです。

脚気も後天性ミトコンドリア病による乳酸アシドーシスでした。

代表的な現代病であるガンや糖尿病も、後天性ミトコンドリア病による乳酸アシドーシスなのです。

 

テラヘルツ波や水素やプラズマや電子治療器や陶板浴や光線療法や温熱療法などで、全身に電子を与えて酸化した血液の還元を行って病気を治す方法があります。

pH8~8.5の重曹や海水を点滴して、血液を還元させる方法もあります。

pH7.3以下になった血液を、正常値である7.4に戻していたのです。

 

また、ビタミンやミネラルやクエン酸を摂取して、乳酸をエネルギーに変えて還元させる方法もあります。

たったこれだけの単純な方法で病気は予防できるし、改善できるのです。 副作用もなく、ラクに快適に病気を治している人たちがいるのです。

 

ガン治療は辛く苦しいのが当たり前!というのは、医学界の都合によるウソです。

「ガン患者を殺すためのガン治療」を正当化させるために、毒を以て毒を制す!などという都合のいいウソをついているだけです。

髪の毛が抜けたり、顔が黒くなったり、やせ衰えたり、身体がダルくなったりする治療は、患者の為ではなく、医者や製薬会社を儲けさせるための治療でしかないのです。

現代の日本のガン治療は、殺人的な詐欺医療なのです。

それを知らない大半の日本人は、医者の言う事を妄信して、マスタードガスなどで殺され続けているのです。

 

 

血液のpH値は、酸素濃度と同じくらいに重要です。

pH値は絶対に7.4前後に保たなくてはなりません。

pHが7.3以下になるのは生命の危機なので、pHが下がりそうになると人間の身体は骨からカルシウムを溶かして、何とか7.4を保とうとします。

それが慢性的に続くと骨が弱くなって骨粗鬆症になり、血管はカルシウムで硬くなって動脈硬化の原因にもなります。

人間の身体は骨や血管を犠牲にしても、まずは血液のpH値を7.4前後に保とうとするのです。

それくらいミトコンドリアがATPを作り続ける事が重要であり、血液のpH値を正常に保つことが重要なのです。

溜まりすぎた乳酸を中和するために尿酸を出動させることもありますが、これも度が過ぎれば尿酸が結晶化して痛風になってしまいます。

骨粗鬆症も動脈硬化も痛風も、乳酸アシドーシスを防ぐための人体の苦肉の策なのです。

無知な現代人がどんどん乳酸を溜め込んで血液を酸性化させてしまうので、人間の身体は必死にカルシウムや尿酸で応戦しているのです。

しかしそれも限界があります。

結果的に違う病気を誘発してしまうのですから・・・。

 

 

『日本テラヘルツ健康財団

テラヘルツの生体への効果

生命や細胞にテラヘルツ波を照射すると細胞を構成する体内酵素やDNAその他の有機高分子の振動が活発になり、自然治癒力や免疫力が大きく向上すると言われています。

テラヘルツ波を多量に放射する繊維を着用すると、皮膚の傷や筋肉の損傷が著しく改善されるだけでなく、人体内部の臓器の損傷が短時間に治癒され、身体の機能が短期間に回復することが近代量子物理学の理論で解ってきました。

テラヘルツ波エネルギーは、細胞を活性化させますので、健康を維持したり、癌等の不治の病気を改善させたり、老化を遅らせたりすると言われています。

ガン、糖尿病、アルツハイマー、パーキンソン氏病、膠原病、腎臓炎、進行性筋萎縮症、高血圧、心臓病等の治癒に効果があることが最近の医学界で確認されてきています。』

 





pHを正常に保つ


体内に生息する微生物の多くは、私たちが健康的なライフスタイルを維持する限り、調和を保ちながら増殖します。

しかし、ライフスタイルの変化や、摂取する食事や薬、そして環境要因の変化によって、これらの微生物が身体に害を及ぼすことがあります。

多くの人が体内の酸性度に注意を払わずに生活しており、病気を発症したときにはじめてその大切さに気づきます。

 

体内のpHバランスを正常に保つためには、通常のデトックス効果のある食事と、アルカリ性食品を積極的に摂取してください。

しかしpHのバランスを保つためにたくさんのお金は必要ありません。

重曹などの安価で人気の食品を使って、pHのバランスを保つ自然療法をご紹介します。

 

1.重曹と水

重曹と水を混ぜることで、血液pHを正常に保ち、そこに含まれる有害物質の排出を促進します。

これは最も人気の方法で、胸焼け、呑酸、胃酸の問題、そして体内の酸性レベルが通常よりも高くなったことで生じる健康上の問題を解消します。

 

材料

 ・重曹 小さじ1/4杯(1.2 g)

 ・水 1カップ (200 ml)

 

使用方法

重曹を水に溶かしたものを、空腹時または食事を食べ過ぎたときの食後に飲みましょう。

摂取量は1日3回までです。摂取量を超えると副作用のを発症する恐れがあります。

 

2.重曹とレモン

重曹とレモン果汁の組み合わせによって、体内の浄化に役立つアルカリ成分を含む美味しく発泡する飲み物ができあがります。

レモンは天然の酸性食品ですが、体内に消化されるとpHバランスを保つのに最大の効果を発揮します。

 

材料

 ・レモン果汁 半個分

 ・重曹 小さじ1/4杯(1.2g)

 ・水 1/2カップ(100ml)

 

使用方法

絞ったレモン果汁を半カップの水に入れます。

重曹を加えたら最初の泡が落ち着くまで待ち、できるだけすぐに飲んでください。 摂取量は1日に1回です。

 

3.重曹とアップルサイダービネガー

このレシピは、体内のエネルギーを向上させ、血液pHを上昇させるので、有害物質や病気の原因となる成分の排出に素晴らしい効果を発揮する方法です。

ただし材料にはオーガーニックのアップルサイダービネガーを使ってください。

精製されたアップルサイダービネガーは、効果的な成分が含まれていない可能性があります。

 

材料

 ・アップルサイダービネガー(10ml)

 ・重曹 大さじ1/4杯(1.2g)

 ・温かいお湯 1カップ(200ml) 

 

使用方法

アップルサイダービネガーと重曹を温かい湯に加えて混ぜます。

すべてがきれいに混ざったら、ゆっくりと飲みましょう。空腹時に飲むのをおすすめします。

 

4.重曹、炭酸カリウム、クエン酸

ナトリウムの摂取を控えている、または制限されているなどの理由で、前述したpHを正常に保つ方法を使うことができない場合は、これからご紹介する方法をお試しください。

体内のナトリウム値のバランスを保ち、体液貯留を低下させてデトックスを促進します。

こちらの方法は空腹時にのみ摂取してください。食後に摂取すると下痢を引き起こす原因になります。

 

材料

 ・重曹 小さじ1/8杯(0.6g)

 ・炭酸カリウム ひとつまみ

 ・クエン酸 小さじ1/4杯(1.2g)

 ・水 1カップ(200mg) 

 

使用方法

すべての材料を1カップの水の中に入れ、しっかりと混ぜ合わせます。ゆっくり飲みましょう。

摂取量は1日最大で2回までです。

 

5.重曹とライム

ライムは、血流を浄化し、体内の天然pHのバランスを保つ効果のある柑橘系の果物です。

ライムに含まれる成分を重曹と混ぜると、体内の酸性度やガス、そして胃の痛みを解消する素晴らしい飲み物に仕上がります。

 

材料

 ・ライム果汁 1個分

 ・重曹 小さじ1/4杯(1.2g)

 ・水 半カップ (100ml)

 

使用方法

絞ったライム果汁と重曹を半カップの水に混ぜます。

できるだけすぐに飲みましょう。

摂取量は1日最大2?3回にしてください。

 

 

注意事項

今回ご紹介した自然療法は、ドクターの処方薬の代替になる薬ではありません。

また、必ず摂取量を守って使用してください。

最大の効果を発揮するためにも、これらの方法に加えて、水分摂取量やアルカリ性食品の摂取を増やすことをおすすめします。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放