隠されたケイ素の力を活用しよう!


ケイ素は、地球上で酸素に次いで多い元素。 「珪素」・「硅素」・「シリコン」とも呼ばれ、最近の研究で、人間にとって必要不可欠な役割を果たしていることが明らかになってきました。

 

 

ケイ素は、自然界に存在する非金属元素。

人間の体にも存在しており、体づくりのために欠かすことのできない必須栄養素です。

 

体内のケイ素が欠乏すると、骨がもろくなったり爪が割れたり、髪も抜けやすく、皮膚はたるんでしまいます。

近年の研究ではケイ素が不足すると血管に脂肪がつきやすくなるとの報告もあります。

つまりケイ素の低下は美容にも健康にも良くないのです。

 

<ケイ素の持つ10の特徴と働き>

殺菌性

ケイ素はPHが非常に高いアルカリ性。カビやウィルス、菌などの微生物への殺菌性があります。

 

静菌性

静菌とは、殺菌のように菌を殺して減らすのではなく、菌の増殖を抑制して菌を減らすことを意味します。

ケイ素には殺菌性と同時に、静菌性もあるために菌の増殖の予防効果も。

 

洗浄力

物質を吸着する作用があり、ナノ化した結晶によって汚れや老廃物を綺麗に洗浄します。

 

デトックス効果

物質を吸着する働きのあるケイ素には優れたデトックス効果があります。

体内の有害物質などを吸着し、尿などと一緒に体外へ排出します。

 

消炎性

炎症を抑え、免疫力を向上させることで自己治癒力を高める効果が確認されています。

 

細胞の賦活性

賦活性とは物質の機能を活発化させ活力を与えること。

ケイ素には細胞に栄養や酸素、ホルモンなどを届けて活性化させる働きがあります。

 

抗酸化力

ケイ素は、豊胸手術の際やコンピュータのチップなどデリケートな部分にも多用されています。

これはケイ素がどんな環境でも酸化しないため。ケイ素が人体の酸化を防いでくれるのです。

 

浸透性

口から摂取した場合には腸から速やかに吸収され、肌につけても瞬時に浸透するなど、ケイ素には優れた浸透性があります。

しかもほかの成分をナノ化する働きもあるため、ケイ素だけでなくさまざまな成分の浸透をサポートします。

 

乳化作用

体内の脂肪を乳化し、体外に排出しやすい形にする効果で、脂肪を分解しやすくしてくれます。

 

大切なミネラル成分

人間の体の大部分は水とミネラルで形成されています。

ケイ素は特に皮膚、血管、毛髪、爪、骨、関節などに多く含まれており、生命維持には欠かせない必須ミネラルの1つに数えられています。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの結合組織を強くする働きもあり、ケイ素が不足するとそれらの結合組織が弱くなるため、肌がたるむ、爪が割れる、髪が抜けやすくなるといった困ったトラブルが起きやすくなります。

 

 

<人間の体に有益なさまざまな作用と働きのあるケイ素>

シミやシワの改善と予防に

飲料水やスプレーなどにケイ素を混ぜて飲んだり肌に吹きかけたりすると、シミやシワの改善、予防につながります。

これはケイ素に強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあるから。

活性酸素は紫外線やストレスによって発生し、シミやシワの原因となります。

 

口臭や歯周病対策に

殺菌性と静菌性を持つケイ素が口腔内を健やかで清潔に保ち、口臭や歯周病を抑制します。

歯ブラシのときにケイ素の入った水を数滴たらしての使用したり、うがいするのも効果的。

ケイ素の吸着力で茶渋やヤニも綺麗になると期待されています。

 

お酒の水割りに

腸から吸収されたアルコールは、そのほとんどが肝臓で分解されてアセトアルデヒドという物質に変わります。

このアセトアルデヒドなどの毒性が二日酔いや悪酔いの原因です。

ケイ素は優れた細胞の活性によって、このアセトアルデヒドを素早く分解。

また、優れた浸透性とアルカリ性によってアルコールの味がまろやかになるとも言われています。

 

炊飯に

お米は収穫したときから精米するときまで常に酸化し、どんどん古くなっていきます。使われている農薬のことも気になりますよね。

そんなときにはお米をケイ素の入った水でといでみましょう。

抗酸化力によって酸化が防がれ、優れた浸透力でお米の奥まで成分を届け、不要な物質を吸着。余分な物質はとぎ汁と一緒に排出され、炊けば古米も美味しいご飯となります。

 

お風呂に

ケイ素をお湯に入れると水分子の水素と結合し、本物のアルカリ泉(メタ珪酸)へと変化します。

温泉の中には飲める温泉がありますが、それはこのケイ素のお湯と同じこと。

また、ケイ素が殺菌作用を発揮してくれるので、湯船に汚れがつきにくくお風呂掃除も簡単です。

 

花粉症や鼻炎に

アレルギー性の炎症による鼻炎や、角膜炎などは免疫力が正常に働いていれば症状は治まります。

ケイ素を飲用水に混ぜたり、鼻や喉にスプレーすることで、細胞の免疫力がアップし、症状が和らぐのが期待できます。

 

片頭痛・肩こり・腰痛に

肩こりや腰痛は筋肉の血行不良が原因。

乳酸など疲労物質が溜まって血管を圧迫するため血行が悪くなり、筋肉が硬直して凝りが酷くなっています。

乳化作用のあるケイ素の入った水などを飲用することで、血行を促進してくれます。

 

ダイエットに

ケイ素は体内の脂肪を乳化すると言われています。

体内に入ると優れた浸透力によって毛細血管に入り、血管の中に蓄積された脂肪分を浄化排出します。

 

生ものの保存に

魚介類など腐敗しやすい生ものにケイ素の入った水をスプレーすると細菌が増殖しにくくなり、鮮度が長持ちします。

お魚やお肉の生臭さも防げます。

 

ペットの体調管理のために

愛犬や愛猫の飲料水や、エサにケイ素を混ぜると毛並みが良くなります。

また、動物特有の臭いも消臭してくれます。

 

<ケイ素を多く含む食品リスト>

 

穀類(食品100g中の含有量)

 からす麦 600mg

 きび 500mg

 大麦 233mg

 小麦 160mg

 

野菜類(食品100g中の含有量)

 じゃがいも 200mg

 赤カブ 21mg

 アスパラガス 18mg

 ひまわり 15mg

 

魚介・海藻類(食品100g中の含有量)

 あお海苔 62mg

 ひじき 10mg

 あさり佃煮 10mg 

 

飲み物(食品100g中の含有量)

 番茶 10mg 

 

 

 

 

安全性について

毎日の摂取するからこそ気になる副作用

ケイ素は「食品衛生法第十一条第3項」によって、「人の健康を損なう怖れのない食品」であることが明らかであると厚生労働省が定めています。

また、大学を始めとした数多くの医療機関でもケイ素については研究開発が行われ、特に医薬品分野では基準安全試験も実施されて安全性や遺伝毒性がないことも確認済み。

それでも毎日ケイ素を摂取しようと思ったら、たくさん摂り過ぎたときなど副作用があるのではと気になってくるものですよね。

 

そもそもケイ素は体内にどうやって吸収されていくのでしょうか。

 

ケイ素は食べ物として摂取されると腸から速やかに吸収され、血液中に溶け出します。

このとき、摂取後の血液中のケイ素濃度は上がり始め、およそ2時間後にピークへ。

その後に、血中のケイ素濃度は少しずつ下がりだしていきます。

 

血中に溶け出したケイ素は体全体の細胞へ送り出されて、そこでそれぞれの役割を果たします。

肌の再生や細胞の活性化、活性酸素の除去などなど……。

役目を終え、体内で不必要となったケイ素は、今度は3~9時間かけて尿から排泄されます。

 

このようにケイ素は体内での吸収のされ方や役割がとてもはっきりしている食品で、副作用についても起こりにくいと考えられています。 

ただし、ケイ素のデトックス効果によって体内の毒素や老廃物が排出されるとき、人によっては一時的に体調の変化が見られる場合もあります。

 

例えば、だるやさ眠気、かゆみや湿疹、発熱など。 そんなときにはケイ素の摂取を一旦やめてようすをみましょう。

また、急に大量に摂取した場合にはお腹が緩くなる場合もあります。

 

 

<ケイ素にはどんな効果がある>

免疫力を高める 

強い身体づくりをサポートするケイ素

細胞を直し、作り出す働きを持っているケイ素。

元気な細胞が増えることによって、細菌への抵抗力を強めることができ、強い身体づくりが目指せます。

 

肥満を解消する

ケイ素でダイエットが手軽にできる

脂肪分解の作用を持つケイ素が、ダイエットをサポート。

血管の壁についた脂質を分解・燃焼し、排出しやすくしてくれるため、運動が苦手な人でも取り入れやすいダイエット法です。

 

肌荒れ・アトピーを防ぐ

健やかな肌を目指したい人にも向いているケイ素

ケイ素には殺菌力・静菌力・消炎効果があるため、肌の外からの刺激や、炎症を和らげてくれます。

さらに、ケイ素は浸透力にも優れているため、健やかな肌を目指すにはうってつけです。

 

骨密度を高める

ケイ素は骨密度を高め、骨粗しょう症の改善や予防に力を発揮します。

ケイ素は骨の形成に欠かせないミネラル

骨を丈夫にするためには、カルシウムだけでは足りません。

実はカルシウムを効率よく補給するためには、ケイ素の働きがカギとなります。

ケイ素不足などでカルシウムの補給が上手くいかなくなったときに起こるのが骨粗しょう症。

 

骨粗しょう症はカルシウムが減少して骨密度が低下し、骨がもろくなる疾患のことで、骨折のために高齢者が寝たきりになったり、重篤な後遺症を起こす原因にもなっています。

現在、日本における骨粗しょう症患者は約1,100万人とも言われ、特に閉経後の女性が発症しやすく、患者の8割を女性が占めています。

また、栄養の偏った食生活や著しい運動不足から、最近では若年層にも骨粗しょう症患者が数多く認められ始めています。

この症状は、自覚症状に乏しいため、気がついたときにはかなり病状が進行していることも少なくありません。

骨粗しょう症に陥らないためにも、普段からカルシウムとケイ素をしっかりと補給する必要があります。

 

骨密度アップにケイ素が良い理由

ケイ素はまだまだ日本ではなじみの薄い成分ですが、栄養補助食品やサプリメントの研究開発が進んでいるドイツでは、非常に重要視されているミネラルの1つです。

というもの、成長期の子供や骨のカルシウム欠乏の人がカルシウムだけを摂取しても、ほとんど有効に活用されないことが最近の研究で明らかになったため。

体内でカルシウムを運搬し、骨の中のミネラル形成を促進させるためにはケイ素が必要不可欠なんです。

また、このことはケイ素が骨の成長部分に多く含まれ、成長期や骨折の治療中の人の骨に高濃度に集まっていることで証明されています。

骨粗しょう症の治療や予防の場合も同じことが言えます。

 

米国の代表的な疫学研究「フラミンガム研究」によれば、カルシウムよりも食事から摂取するケイ素の量のほうが骨密度に及ぼす影響は大きいのだとか。

ケイ素は若者の体内には十分な量が蓄えられているものですが、加齢とともにしだいに減少していってしまいます。

体内で生成されない成分でもあることから、食品などから適度に摂取しましょう。

 

血管を強くする

重篤な病気の引き金となる動脈硬化を防ぐためには?ケイ素が血管を強化する作用があることを解説します。

 

ケイ素とコレステロールと血管の関係

血管はもともとケイ素が多く含まれる組織。

ケイ素には血管の動脈の壁の弾力性を維持する作用があり、これによってコレステロールが血管に付着することを予防し、動脈硬化を防ぐと考えられています。

これに伴い動脈硬化が進行してしまった人の動脈には、通常の人の14分の1程度のケイ素しか含まれていないという報告もあります。

しかし加齢とともにケイ素は減少していくため、血管内の脂肪も沈着しやすくなる傾向が……。

特にアテローム型の動脈硬化症の人ではケイ素が激減することがわかっています。

 

アテローム動脈硬化とは

脂肪の塊(アテローム)が、動脈の内壁で大きく成長し、血流が妨げられたり遮断されてしまったりする病気です。

このアテロームという言葉には耳なじみはない人でも、コレステロールが多すぎると動脈の内側の壁のあちこちに脂肪の塊(アテローム)がつくイメージをすると、わかりやすいかと思います。

重篤な病気へのきっかけとなることもありますが、しかしこのコレステロール、決して悪者だとは言い切れない物質でもあるのです。

 

体がコレステロールを作っている

コレステロールは、善玉と悪玉とに分かれています。

そもそもコレステロールは強い細胞壁やホルモンを作る上では欠かせない成分。

人間の体も毎日、約500~650mgのコレステロールを生産しています。

人体に有害なコレステロールは低密度リポ蛋白(LDL)群として知られた存在。

「リポ蛋白」とは脂肪(リポ)と蛋白質が組み合わさった物質で、LDL群は血液の中にある最もありふれたタイプのコレステロールです。

このリポ蛋白が増え過ぎてしまうと血管の壁に付着し脂肪の固まりを作るため悪玉コレステロールと呼ばれています。

一方の高密度リポ蛋白(HDL)群は、割合が多いほど心臓病のリスクが減る善玉コレステロール。

HDL群は血管の壁に付着したLDL群を除去しやすくし、血管からコレステロールを運び出します。

 

いかに善玉のコレステロールを増やし、悪玉のコレステロールを減らし、効率よくケイ素を摂取するか。

それが動脈硬化を予防する決め手となりそうです。

 

成人病を防ぐ

ケイ素には、コレステロールの増加によって起こるアテローム性動脈硬化や、糖尿病などの成人病の予防にも期待が寄せられています。

 

甘く見ていると怖い成人病

現在、糖尿病の疑いの強い人が890万人以上、糖尿病の可能性を否定できない人でも1,320万人以上の人がいることがわかっています。

全て合わせると全国2,210万人、糖尿病か、糖尿病予備軍の人がいると推定されるわけです。 

しかもこの糖尿病、はじめのうちは、自覚症状がほとんどないことがやっかいです。

そのため検査で血糖値が高いと言われても医師に相談しなかったり、疑いのある人の4割程度はほとんど治療を受けたことがありません。

 

糖尿病で亡くなる方は年間で約14,000人以上いると言われています。

糖尿病が怖いのは、糖尿病そのものよりもむしろ合併症。

合併症の腎臓障害で人工透析を受けている人は年間15,000人以上。

きっかけとして発生する視覚障害者も年間約3,000人います。

 

糖尿病の予防と治療にはいかに血糖値をコントロールするかがカギを握りますが、食事療法や運動療法など、基本的には生活習慣を見直すことが大切になってきます。

このとき、糖尿病の治療や予防のサポート的な意味で摂取したい成分がケイ素です。

 

ケイ素と成人病の関連

じかに血糖値を下げたり糖尿病を治療するような作用は認められていませんが、ケイ素には、抗酸化作用や脂肪分解作用があります。

そのため、ケイ素は医療の世界で期待されており、糖尿病以外にも動脈硬化などの成人病にも良いのではとされています。

血管を強くしなやかにする作用があり、血中の脂肪を分解し排出しやすくして、血管の壁に付着したコレステロールを除去します。

特にコレステロールの増加は脂肪の塊(アテローム)が動脈の内壁で大きく成長して血液が妨げられる「アテローム動脈硬化症」の発症を誘発するので要注意。

アテローム動脈硬化症は脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病の原因となる疾病で、予防するためには生活習慣の見直しやストレスの解消などが必要となります。

 

免疫力を高める

胸腺はケイ素で構成されており、胸腺で育ったTリンパ球は、癌細胞の処理を命令するなど免疫システムの司令塔のような役割を果たしています。

 

ケイ素と胸腺と免疫の関係

人間の免疫について重要な役割を果たしている胸腺は、ケイ素で構成されていて、「Tリンパ球」(T細胞)という白血球を製造している臓器。その大きさは、だいたい握りこぶし大あります。

胸腺は胸骨の裏にあたり、心臓の手前の上部に位置しています。

 

胸腺は生まれたときは18g程度ですが、その後しだいに成長していき、思春期には30g程の大きさに。

しかし年齢を重ねていくと委縮して、80歳になるとピーク時の半分以下になるという謎の多い臓器です。

この胸腺、もともとはエラから進化したというのですから、さらに驚きですよね。

 

胸腺のはたらき

胸腺の働きは今まで解明されない部分も多かったのですが、最近になって免疫システムに重要な臓器であることが判明してきました。

胸腺は、免疫の中でも強力な「Tリンパ球」を育て、コントロールする役割があったのです。

 

この「Tリンパ球」は肝臓や腸管でもほかの白血球などと一緒に育てられることがありますが、胸腺はTリンパ球だけを専門としている臓器。

つまり「Tリンパ球」のエキスパートと言えるのです。

Tリンパ球の名前の由来も、英語の「Thymus」(胸腺)の頭文字からきています。

骨髄で生まれた未熟なリンパ球が胸腺に向かい、そこで成熟したリンパ球へと分化していくのでTリンパ球と呼ばれています。

胸腺で育てられたTリンパ球は白血球の中でも強い力を持っていて、マクロファージが異物の侵入を知らせるやBリンパ球に抗体を作らせたり、キラーT細胞にウイルス感染細胞や癌細胞の処理を命令するなど、免疫システムの司令塔のような役割をします。

 

このように優れたリンパ球を放出する胸腺ですが、その働きが弱まってしまうとTリンパ球も上手く働かなくなり、免疫システムの機能も弱まり病気にかかりやすくなってしまいます。

ケイ素で構成されている胸腺は、ケイ素不足に陥るとさらに働きを弱めてしまいます。

意識的にケイ素を補給し、胸腺の免疫システムも回復させましょう。

 

脳機能を改善する

自閉症など脳機能に関する症状にもケイ素の作用に期待が寄せられています。

 

ケイ素が和らげるさまざまな脳障害

ケイ素には自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害、アルツハイマー病、パーキンソン病など、脳機能に関わる症状を和らげる作用があると言われています。

その理由をいくつか紐解いていってみましょう。

 

自閉症とアスペルガー症候群などの発達障害

自閉症とは生後30ヶ月までに発症する先天的な脳の機能障害で、視線が合わない、ひとり遊びが多い、他者と関わるとパニックになる、特定の物に強いこだわりがある、コミュニケーションができないといった特徴を持つ症状です。

アスペルガー症候群は自閉症の特徴を持ちながらコミュニケーションにおいては目立った障害がなく、言葉の発達など知的発達に遅れのある人がほとんどいないところが自閉症とは異なっています。

 

ケイ素が自閉症やアスペルガー症候群の症状を和らげるのは、脳の松果体の構成成分であるからだと言われています。

松果体では睡眠ホルモンの一種「メラトニン」や、ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ三大神経伝達物質の「セロトニン」が分泌されており、そのためケイ素が十分に補充されていると睡眠や精神の安定につながります。

 

ケイ素が体内で神経細胞に取り込まれた際には微振動が起こり、脳神経細胞の再生を促す可能性もあります。