健康とは、病気とは                 THE SHARP INSIGHT


これまで誰からも教えられたことがなかった「体の素晴らしい機能と働き」について知った時、「自分の体に与えるべき食べ物とは何か」を正しく理解できるようになります。そうすれば、大人も子供も、「超健康」という人生最高の恩恵にあずかることができるのです。

 

1. 健康な状態こそが人間の正常な状態である

2. 健康は健康的な生活から生まれる

3. 病気のときも健康なときも、体は同じものを求めている

4. 病気とは、体が行う体内の大掃除である

5. 症状を抑えてしまう行為は、体の自然治癒機能を妨げるだけである 

6. 体の各部は、すべて連動して機能している

7. 原因と結果を知れば、病気は必ず克服できる

 

 

1. 健康な状態こそが人間の正常な状態である

私たちの体は、常に健康であるように創られています。

汚染物質を取り除き、体の中を自ら浄化する力(自然浄化力)と悪いところを治していく力(自然治癒力)という「潜在的な能力(機能維持力、恒常性維持能力)」を備えています。そして、これ以上ないほどのベストの状態を保つ努力を常にしてくれているのです。

 

体は「超健康」を維持していく方法を、生まれながらにして心得ています。

胃の細胞は四日毎に新しく創り変えられ、肝臓は六週間毎に新しい肝臓に生まれ変わっていきます。大抵の人が「骨は硬くて永久に変わらない」と思っているようですが、すべての骨とその接続組織は、七年毎に入れ替わっているのです。

体は常に、傷ついたり古くなった組織を創り変え、悪いところは修復しています。

 

驚いたことに、毎日3,000億から8,0000億もの細胞が、新しく入れ替わっていくのです。体の成長は、子宮の中での小さな細胞の結合から始まり、大人の体になるまで、ずっと必要不可欠なことを行ない続けているのです。細胞を創り、外の気温に関係なく体温を37度前後に保ち、睡眠中も休まず心臓を動かし、走る時には呼吸を早めたりと、これらのことを体は自動的に行なっているのです。

 

傷をこしらえたり、骨折してしまった時には、傷口をふさぐことや骨をつなぐことも心得ています。目にゴミが入れば、誰から教わらなくとも、まばたきをしたり涙を出したりして、ゴミを外へ流し出してくれます。

勉強をする、仕事をする、遊ぶ、スポーツをする、テレビを見る、Eメールを送るなど、こうした多くのことを、あなたの体は昼となく夜となく、夏もなく、大した援助も必要とせず、ずっと行なってきています。要するに私たちの体にとって、健康とは実に単純なことなのです。

 

私たちがしなければならないことは、体が行なっている健康維持のための作業を邪魔をせず、体からのサインに注意を払い、「体が求めているものを体に与えてやること」ただそれだけで良いのです。

 

2. 健康は健康的な生活から生まれる

言葉にしてしまえばごく当たり前のことのように思われるでしょうが、あらためていえば、健康は「健康的な生活習慣」の結果、生まれるものです。病気を予防し健康でいるためには、健康を維持してゆくために必要な条件を、体に与える必要があります。

 

セントポーリアの花を育てたことがあるでしょうか。初めてセントポーリアを育てる人は、「正しい肥料は何か」「適切な水遣りの量はどれくらいか」「どれだけ日光に当てたらよいか」「どんなことを避けるべきか」など、本を読んだり、実際に育てている人に色々話を聞いたりして、失敗しないセントポーリアの育て方に関する情報を集めるはずです。そしてセントポーリアが必要としている環境や条件を整え、花を駄目にしてしまうようなことは極力しないように、気を配るはずです。

 

エネルギーに満ち溢れ、健康で聡明な子供を育てるのもセントポーリアと同じですし、健康に自信を持てなくなっている多くの大人たちのヘルスケアも、まったく同様なのです。健康な体づくりにとって、「最も相応しい環境や条件は何か」「体を傷つけてしまうようなものは何か」ついて学び、それに沿った行動を実践し、健康のために必要な条件を満たしていけば、病気になるようなことはありません。それは次の通りです。

 

【健康な体づくりのための7つの条件】

1. 新鮮な空気を吸うこと

2. 純粋な水を飲むこと

3. 体の生理機能・構造上最も相応しい食べ物をとること

4. 毎日適度な運動をすること

5. 十分な休養と睡眠をとること

6. 日光を豊富にとり入れること

7. 心の平静を保ち、ストレスを溜め込まない様に自己管理すること

 

ヘルスケアは、あくまでも「自分自身で行なうプロセス」です。誰もあなたの代わりはしてくれません。あなたの代わりに食べてくれる人も、運動してくれる人も、眠ってくれる人もいないのです。あなたの体からストレスをとり除くのは、あなたにしかできません。どんな優れた名医にかかっても、健康に必要な条件をあなたに代わって、あなたの体に与えることは出来ないのです。

 

元アメリカ医師会会長、リチャード・パルマーは次のように述べています。「患者の健康状態を決定する上で医者に出来ることは10%に過ぎない。残りの90%は医者には全くコントロール出来ない要因か、もしくはほんの少ししかコントロール出来ない要因によって決定される」tと。コーネル大学のキャンベル博士は、「ガンでさえ、遺伝が作用するのはわずか2~3%に過ぎない」と述べています。

 

私たちは、自分自身が選択した食事や生活習慣によって健康にもなれば、病気にもなります。必要な条件を与えてさえいれば、私たちは病気になることもなく、痛みや苦痛や不安を感じて不快な人生を送るようなことにはなりません。

 

私たちは自分自身で健康な体を選ぶことが出来るのです。ところが大抵の人々は、体に必要なものを学んでこないため、中年を過ぎると、病気に対する不安や恐れと背中合わせの日々を送ることになってしまいます。医者はそのことを教えてはくれません。何故なら、医者は病気の専門家であって、健康の専門家ではないからです。医者がそんなことを患者に教えてしまったら、患者がいなくなってします。患者がいなければ病院経営は成り立ちません。

 

大学の医学部に「健康学」という授業がないのも納得できます。医者が学ぶのは、病理学、薬理学、毒物学など、病気とその治療に関する学問です。すなわち、およそ二万といわれる病気とその治療法に関することであり、健康を維持していくための勉強はしないのです。医者になるためには、「そうした健康学は必要ない」というのが、今日の近代医学のヘルスケア・システムのようです。

 

そうした社会に暮らす私たちが、「超健康」を獲得・維持したければ、その方法を自ら学び修得し、「自分の体は自分で守る」ようにしていかなければなりません。体に必要