ガンの正体                             若 月


40年前の日本は、ほとんど胃ガンしかありませんでした。

今はこれだけ医療が発達しているにも関わらず、ガンの種類は増え、ガン患者は増え、ガン死亡者数は増え続けているわけです。

 

①低体温と代謝不全

・仕事のデスクワーク化(脱日光浴、運動不足)

・パソコン、スマホの普及

・シャワー化

 

②社会毒の蓄積、内臓へのダメージによる炎症

・感染症(ウイルス、菌)

・遺伝子組換え食品、添加物

・栄養過多

・砂糖消費量の増加

・植物油の増加

 

③活性酸素、被爆

・定期検診を含む過剰な健康意識(被爆)

・電磁波社会(電化製品、ネット環境)

・ネチネチ社会による精神的ストレス

・脱幸福感

 

これらの細かな原因を見れば分かる通り、日本でガンが一向に減らない理由は、「代謝不全・炎症・過剰診断」この3つが複合的に絡み合っているからです。

 

 

ガンの性質(性格)

 

環境

・低温を好む

・低酸素を好む(酸素を必要としない)

・酸性環境を好む(活性酸素)

・乳酸を好む

・脂肪とたんぱく質だけの環境でも生存可能

 

栄養

・ブドウ糖を発酵させエサにしている

・ケトン体(油)をエサにできない

・ガン=低エネルギー細胞(正常細胞の3~8倍ものブドウ糖が必要)

 

細胞

・ガンは自分の細胞の遺伝子変異であり、再び正常細胞へ戻ることも可能

・赤血球からガン細胞になる

・ガン=代謝不全病(細胞の機能不全)

・ミトコンドリアが壊れることでガンになる

 

特性

・ガン=細胞内に集められたゴミ袋

・誰でも毎日5000個生まれ、何百万?何億個は存在しているのが普通

・ガン細胞の性格、振る舞いは1000通り

・基本のんびりしている

・何かを我慢してる時に増える

・生まれたばかりの赤ちゃんにも存在する

 

ここから分かることは、ガンは悪性細胞ではなく、むしろ人体にとって有益な細胞ではないかということです。

おそらく、ガン細胞が存在しなければ人はもっと早く死ぬはずです。

 

 

ガンの成長

ガン細胞1cm・1g・細胞数10億個

ここまで成長するまでの潜伏期間は平均10年です。

 

この10年のあいだにガン細胞を処理できれば、基本的にガンにはなりません。

 

1cmを超えたあたりから徐々に育成期へ突入していきますが、三大治療(手術、放射線、抗がん剤)でガンを処理することは、トータルの余命を短くすることから、選択肢から外すのが懸命です。 

 

「じゃあ、三大治療のほかにどういった治療があるんだ」 

 

そう。これこそが日本のガン治療における最大の問題なのです。

 

日本人は三大治療(手術、放射線、抗がん剤)以外は、選択肢を与えられていません。

TV、新聞、医療機関によって気付かぬうちに、そういう教育をされているのです。

 

反対にアメリカの病院では、様々な情報をオープン化し、患者同士のコミュニティを設けることで人々が事実に目覚め、毎年のガン死亡者数は大幅に減ってきています。

 

つまり、まず最初に取り除くべきは、「ガン」ではなく「洗脳」なのです。

 

ガン細胞は何をエサにし、何から構成されているのか

       正常細胞     ガン細胞

エ サ   ブドウ糖、ケトン体 ブドウ糖

構成材料  アミノ酸      アミノ酸

 

ガン細胞も正常細胞も、同じアミノ酸から出来ています。(具体的にはアミノ酸由来の炭素から)

 

アミノ酸 ⇒ 細胞 or ガン細胞

 

そして唯一、異なるのが、ガン細胞はケトン体をエネルギー源として使用できないことです。

この性質を理解していないと、ガンの正体を見誤るでしょう。 

 

 

 

<<「洗脳」を取り除く>>

 

◇ガンは悪性細胞ではなく必要細胞

「ガンは悪性細胞だ!」と言って、ひたすら叩いて焼いて殺してきた結果が今ですから、日本のガン治療が本質的に間違いであったことは、わざわざ説明するまでもないでしょう。

 

手術、放射線、抗がん剤などで「ガンを殺そう!」と考える時点で、ガンは100%治りません。

 

 

◇ガンは増殖しないし転移もしない

「がんは放っておくとみるみる大きくなって全身に転移して、ひどい痛みに苦しみながら、死に至る」というイメージが、日本人の頭の中には出来あがっています。

 

このため、医者から「癌です」と宣告されると「転移する前に早く切らないと」とあせり、「命が延びるなら、手術も抗ガン剤治療も何でもやります」と治療へ駆り立てられ、自分の命を洗脳されてる医者に預けてしまうのです。

 

ガンは、余計なことをしなければ増殖しないし転移もしません。 

 

 

◇低体温と代謝不全によって、ガンが発生する

ガン予防にしても、ガン治療にしても、ポイントになるのは、『ミトコンドリア』です。

 

ミトコンドリアとは

栄養と酸素を使って、エネルギー(ATP)を作り出している発電器官です。

1細胞中に平均300-400個のミトコンドリアが存在し、分裂、増殖します。

 

ミトコンドリアがいないと、エネルギーが生めないので僕らは何も活動ができません。

つまり、いかにミトコンドリアの数を増やすか、そしてそれをいかに維持するかが鍵になります。

 

ミトコンドリアが何らかのダメージを受けて機能を失うと、その部分がガン化します。

 

ガンが増えることで、ミトコンドリアが壊れるわけではありません。(←ここ重要)

 

というわけで、ミトコンドリアが元気であれば、ガンを含めたその他すべての病気のリスクが激減するというわけです。

 

ミトコンドリアの特性

・ミトコンドリアは発ガン物質(放射線)に弱い

・ミトコンドリアを増やすには熱(HSP)が必要

 

さて、ここで重要なポイントが、ミトコンドリアは発ガン物質にとても弱いことです。

 

これが何を意味するかというと、発ガン物質の代表格ともいえる「抗ガン剤」そして「放射線による検査」のおかげで、ミトコンドリアがボロボロになっていくということです。

 

はたして、これで「健康」になれるのでしょうか・・・

 

 

◇被爆の危険性。健康診断に意味はあるのか

 

・X線撮影

・CT

・MRI

・バリウム検査

・マンモグラフィー

・放射能被曝

 

健康診断やガン検診といえば、これらは定番ですが、これらの放射線被爆による遺伝子への影響が、どの程度なのかを考えていきます。

 

私たち日本人の受ける平均的な自然放射線量

1時間で  0.12 μSv

1年で   1,100 μSv