ガンの正体                             若 月


40年前の日本は、ほとんど胃ガンしかありませんでした。

今はこれだけ医療が発達しているにも関わらず、ガンの種類は増え、ガン患者は増え、ガン死亡者数は増え続けているわけです。

 

①低体温と代謝不全

・仕事のデスクワーク化(脱日光浴、運動不足)

・パソコン、スマホの普及

・シャワー化

 

②社会毒の蓄積、内臓へのダメージによる炎症

・感染症(ウイルス、菌)

・遺伝子組換え食品、添加物

・栄養過多

・砂糖消費量の増加

・植物油の増加

 

③活性酸素、被爆

・定期検診を含む過剰な健康意識(被爆)

・電磁波社会(電化製品、ネット環境)

・ネチネチ社会による精神的ストレス

・脱幸福感

 

これらの細かな原因を見れば分かる通り、日本でガンが一向に減らない理由は、「代謝不全・炎症・過剰診断」この3つが複合的に絡み合っているからです。

 

 

ガンの性質(性格)

 

環境

・低温を好む

・低酸素を好む(酸素を必要としない)

・酸性環境を好む(活性酸素)

・乳酸を好む

・脂肪とたんぱく質だけの環境でも生存可能

 

栄養

・ブドウ糖を発酵させエサにしている

・ケトン体(油)をエサにできない

・ガン=低エネルギー細胞(正常細胞の3~8倍ものブドウ糖が必要)

 

細胞

・ガンは自分の細胞の遺伝子変異であり、再び正常細胞へ戻ることも可能

・赤血球からガン細胞になる

・ガン=代謝不全病(細胞の機能不全)

・ミトコンドリアが壊れることでガンになる

 

特性

・ガン=細胞内に集められたゴミ袋

・誰でも毎日5000個生まれ、何百万?何億個は存在しているのが普通

・ガン細胞の性格、振る舞いは1000通り

・基本のんびりしている

・何かを我慢してる時に増える

・生まれたばかりの赤ちゃんにも存在する

 

ここから分かることは、ガンは悪性細胞ではなく、むしろ人体にとって有益な細胞ではないかということです。

おそらく、ガン細胞が存在しなければ人はもっと早く死ぬはずです。

 

 

ガンの成長

ガン細胞1cm・1g・細胞数10億個

ここまで成長するまでの潜伏期間は平均10年です。

 

この10年のあいだにガン細胞を処理できれば、基本的にガンにはなりません。

 

1cmを超えたあたりから徐々に育成期へ突入していきますが、三大治療(手術、放射線、抗がん剤)でガンを処理することは、トータルの余命を短くすることから、選択肢から外すのが懸命です。 

 

「じゃあ、三大治療のほかにどういった治療があるんだ」 

 

そう。これこそが日本のガン治療における最大の問題なのです。

 

日本人は三大治療(手術、放射線、抗がん剤)以外は、選択肢を与えられていません。

TV、新聞、医療機関によって気付かぬうちに、そういう教育をされているのです。

 

反対にアメリカの病院では、様々な情報をオープン化し、患者同士のコミュニティを設けることで人々が事実に目覚め、毎年のガン死亡者数は大幅に減ってきています。

 

つまり、まず最初に取り除くべきは、「ガン」ではなく「洗脳」なのです。

 

ガン細胞は何をエサにし、何から構成されているのか

       正常細胞     ガン細胞

エ サ   ブドウ糖、ケトン体 ブドウ糖

構成材料  アミノ酸      アミノ酸

 

ガン細胞も正常細胞も、同じアミノ酸から出来ています。(具体的にはアミノ酸由来の炭素から)

 

アミノ酸 ⇒ 細胞 or ガン細胞

 

そして唯一、異なるのが、ガン細胞はケトン体をエネルギー源として使用できないことです。

この性質を理解していないと、ガンの正体を見誤るでしょう。 

 

 

 

<<「洗脳」を取り除く>>

 

◇ガンは悪性細胞ではなく必要細胞

「ガンは悪性細胞だ!」と言って、ひたすら叩いて焼いて殺してきた結果が今ですから、日本のガン治療が本質的に間違いであったことは、わざわざ説明するまでもないでしょう。

 

手術、放射線、抗がん剤などで「ガンを殺そう!」と考える時点で、ガンは100%治りません。

 

 

◇ガンは増殖しないし転移もしない

「がんは放っておくとみるみる大きくなって全身に転移して、ひどい痛みに苦しみながら、死に至る」というイメージが、日本人の頭の中には出来あがっています。

 

このため、医者から「癌です」と宣告されると「転移する前に早く切らないと」とあせり、「命が延びるなら、手術も抗ガン剤治療も何でもやります」と治療へ駆り立てられ、自分の命を洗脳されてる医者に預けてしまうのです。

 

ガンは、余計なことをしなければ増殖しないし転移もしません。 

 

 

◇低体温と代謝不全によって、ガンが発生する

ガン予防にしても、ガン治療にしても、ポイントになるのは、『ミトコンドリア』です。

 

ミトコンドリアとは

栄養と酸素を使って、エネルギー(ATP)を作り出している発電器官です。

1細胞中に平均300-400個のミトコンドリアが存在し、分裂、増殖します。

 

ミトコンドリアがいないと、エネルギーが生めないので僕らは何も活動ができません。

つまり、いかにミトコンドリアの数を増やすか、そしてそれをいかに維持するかが鍵になります。

 

ミトコンドリアが何らかのダメージを受けて機能を失うと、その部分がガン化します。

 

ガンが増えることで、ミトコンドリアが壊れるわけではありません。(←ここ重要)

 

というわけで、ミトコンドリアが元気であれば、ガンを含めたその他すべての病気のリスクが激減するというわけです。

 

ミトコンドリアの特性

・ミトコンドリアは発ガン物質(放射線)に弱い

・ミトコンドリアを増やすには熱(HSP)が必要

 

さて、ここで重要なポイントが、ミトコンドリアは発ガン物質にとても弱いことです。

 

これが何を意味するかというと、発ガン物質の代表格ともいえる「抗ガン剤」そして「放射線による検査」のおかげで、ミトコンドリアがボロボロになっていくということです。

 

はたして、これで「健康」になれるのでしょうか・・・

 

 

◇被爆の危険性。健康診断に意味はあるのか

 

・X線撮影

・CT

・MRI

・バリウム検査

・マンモグラフィー

・放射能被曝

 

健康診断やガン検診といえば、これらは定番ですが、これらの放射線被爆による遺伝子への影響が、どの程度なのかを考えていきます。

 

私たち日本人の受ける平均的な自然放射線量

1時間で  0.12 μSv

1年で   1,100 μSv

 

各検査であびる被爆量

胸部レントゲン     60μSv

胃のバリウム検査  15,000μSv

CTスキャン    18,000~36,000μSv

マンモグラフィー   40,000μSv

 

これら検査が問題なのは、被ばく量どうこうよりも、短時間で一気にこれだけの量を浴びてしまうところに問題があります。

それを毎年何度も浴びてれば、ミトコンドリアが壊れていくのは「必然」といえます。

 

胃のバリウム検査、デメリット多くメリットなし

バリウム検査による胃がん検診では、ガンの見落としが非常に多く(青森県はバリウム検査による胃がん検診では約4割の患者を見落としていると報告)、被爆量は胸部X線の約100倍、しかも、重大な事故や副作用も次々と引き起こしていることが明らかになりました。

 

撮影の際に服用するバリウムの副作用は、不快感や嘔吐といった症状のほか、腸閉塞、腹膜炎を発症することもあります。

また、アナフィラキシーショックにより、血圧低下に伴う失神、意識消失、呼吸困難といった重篤な症状も報告されています。

 

実際、医師でバリウム検査を受ける人はまれで、胃に不安がある人はレントゲンではなく、胃カメラを使って検査します。

 

また、最近では胃ガン発症者の98%はピロリ菌を保有していることがわかっていて、ピロリ菌を駆除すれば胃ガンになる可能性はほぼゼロとまで言われています。

なので、ピロリ菌検査で陰性だった場合、そもそも胃がん検診など必要ないということになります。

 

一体、こんな検査に何の意味があるのでしょう

 

 

◇乳ガンのマンモグラフィー検査で見つかる腫瘍の多くは「悪性」ではない

増殖の速い悪性型の乳ガンは、わずか1~2年のうちに、生死にかかわる段階まで進行するそうです。

ただし、それはかなり稀です。

 

それ以外の小さなガン細胞の大部分はきわめて進行が遅く、リードタイム(1cm程度に育つまで)は10年~20年ぐらいと言われています。

 

そして乳ガンのほとんどは、「腫瘍の発見から悪性化するまでの期間は、およそ3~4年程度」というのが、ガン研究者のあいだでの通説です。

 

ということは、ガンが見つかってから2~3ヶ月治療が遅れたからって、病状がすぐに悪化するようなものでもないということです。

であれば、あせらず落ちこまず、まずは自分自身で治癒していくことを考えることが専決です。

 

早期発見=早期殺害

ガンが悪性化する一番の原因はここにあります。

 

とにかく急いで、摘出だ!抗がん剤だ!放射線だ!と、変な覚悟を決めてしまうのが最も危険な発想で、あせって間違った選択をしてしまうから、多くの人は免疫が落ちてガン細胞が悪性化してしまうのです。

 

たいしたガンではないにもかかわらず。

 

そもそも、2~3ヶ月で病状が悪化するような悪性の強いガンであれば、すぐに治療したところでほぼ助かりません。

(厳密にいうと、抗がん剤や放射線ではまず治せません。)

 

「早期発見できて運が良かったですね。」と医者から言われて喜んでる人は、ただの悲惨な情報弱者です。

 

約50年前は、乳ガンにかかる確率は50人に1人でした。

それが現在では11人に1人となり、異常に増えているのです。

日本で女性がかかる全種類のガンの中で乳ガンがトップです。(国立がん情報センター調査、2013年)

 

早期に見つけたばっかりに、命を落とした人が一体どれほどいることか・・・

 

全く恐ろしいことです。

 

 

つまり、中途半端に健康意識が高い人ほどガンになる

胃のバリウム検査で胃ガンは増え、マンモグラフィーで乳ガンは増え、胸部レントゲン(年2回)で肺ガンのリスクは1.2倍以上高くなれば、いずれガンが見つかるのは必然です。

というか、ガンは初めからいるんだから、見つかったとしてもそこまで問題ではない。

 

つまり、今の日本人はガンに対して過剰に意識し過ぎなのです。

 

まぁ、メディアがそう仕向けてるわけですけど。

 

残念なことに、病院にいかない人のほうが健康的に長生きしている例はとても多いです。

 

 

 

◇ガン発生の引き金になっている「炎症」

ガンの原因のほとんどは、ウイルスや細菌によって起こる「感染症」だということが分かってきています。

というか、分かっていたのでしょうが・・・

 

 

もし、菌やウイルスが原因だと分かってしまえば、ガンを治すのは簡単になるからです。

しかも、抗ガン剤が売れなくなるので大変な売上げ減です。

だから、ガンの原因は「ストレス」だとか「肉の食い過ぎ」だとか色んなことを言って混乱させるのです。

 

厚生労働省のがん研究センターによると、「ウイルスや細菌等の持続感染が原因で発生するがんの割合は、18%程度」と、2003年に報告していますが、はっきり言って信用できません。

 

ガンの始まりはいたってシンプルです。

 

炎症 → 変性 → ガン

炎症が長く続くことで、その箇所が変性し細胞が壊れ、やがてガン細胞へと変わっていきます。

 

『変性』とは

生理機能の破綻、細胞膜や細胞壁の破壊によって本来ある性質が変わってしまうこと

 

その炎症のきっかけになっているのがまさに『細菌』と『ウイルス』です。

彼らが体の中に侵入し、悪さをすることで炎症が起こります。

 

この時に、免疫系がしっかりしている人であれば難なく処理できますが、なんせ細菌の数は40,000~400,000種、ウイルスの数は、哺乳類だけでも少なくとも320,000種類は存在すると言われていますから、この中にかなりの悪党が存在していてもなんら不思議はありません。

 

細菌とウイルスの違い

細菌はウイルスよりも数10倍?100倍くらいサイズが大きいです。

 

最も重要な違いとして、細菌は自分の力で増殖することができますが、ウイルスは人や動物の細胞の中に入り込まなければ増えることができません。

 

ウイルスに唯一できることは、他の生物の遺伝子の中に自分の遺伝子を入れこむ事だけです。

 

であれば、菌・ウイルスを除去すればいい

このように、ガンの根本原因がウイルスや細菌によって起こる「感染症」だとすれば、今までやってきた放射線検査やら抗ガン剤治療などが、なんの意味もなかったということになります。

 

 

ブドウ糖(乳酸)の蓄積もまた炎症の原因

ガン細胞は味方で、真の黒幕はブドウ糖ではないかという説について考えていきます。

そもそも、「人体のシステムに無駄などあるはずない」という前提に立てば、ガン細胞への見方も少しは変わってきます。

 

ブドウ糖=乳酸 × 2

つまり乳酸とはブドウ糖を2つに割っただけの糖と言えます。