がんになったらどうすりゃ良い                  野中 秀訓


標準治療を先送りするにしても、放置しちゃダメ。

がんになったのには理由があるわけですから、それをすぐさま見直さなければならなかった。

 

がんはこれで治るという決定的な治療法がありませんので、いろいろな治療法を組み合わせる必要があります。

標準治療や先端医療、代替療法や民間療法、食事療法や健康補助食品、どれか一つだけでは治らない。

逆にこれで治ると謳っているものは怪しいと思った方が良いほどです。

 

様々な方法を組み合わせて自分に合った治療法をテーラーメイドしなければなりません。

 

その際に、以下の3段階を意識して各種治療法を組合わせると理解し易いと思います。

くれぐれもどれか一つで治ると思わないことです。

 

以下の各項目は、私が3年間がんと向き合いながら感じた、必須に近いと思う内容です。

 

①がんになった原因の排除

先ずは、がんになってしまった原因を考え生活習慣を徹底的に見直す。

◉精神的なストレスの解消 

◉食生活の改善 

◉睡眠の改善

◉運動(肉体的なストレスの解消)

 

②免疫力の回復

そして、代替療法を全力で調べて実践して、がんになった理由をどんどん減らすとともに、落ちてしまっている免疫力を回復させる。

◉解毒 断食や白湯、沐浴やサウナ、岩盤浴や陶板浴、砂風呂や酵素風呂など、解毒効果のあることを積極的に行う

◉食事療法 ゲルソン療法やケトジェニックダイエット、和田式や済陽式などなどで体に悪いモノを排除し良いモノだけを摂る(どれがよかは人によると思います)

◉栄養療法 オーソモレキュラー(分子栄養療法)や高濃度ビタミンCで代謝正常化

◉補助食品 フコイダンやテルペンなどなど、免疫力向上作用のある補助食品を摂る

◉充分な睡眠 10時就寝7時間以上の睡眠をとることで、睡眠負債の解消を図る

◉ヨガや気功 適度な運動とともに深い呼吸とストレス解放が同時にできる

◉爪揉み 末端神経の集まる手足の指先を良く揉んで、自律神経のバランスを整える

◉鍼灸や整体 肉体的な疲れやストレスを取り除く

◉温熱療法 体温を上げることで免疫力を上げる

◉ストレスマネジメント マインドフルネスなど日常的に行えるストレスマネジメントをとりいれる

○心理療法 キネシオロジーなどで心身のバランスを整え免疫系の妨げを取り除く

 

③がんの勢いを止める

それと同時に、がんの嫌がる環境を作り、がんの勢いを止め、がんを減らす対策をとる。

◉食事療法 糖質制限による兵糧攻めとアルカリ化でがんの活動を止める

◉栄養療法 オーソモレキュラーや高濃度ビタミンCで代謝最適化

◉補助食品 アガリクスやチャーガなどなど、抗がん作用のある補助食品を摂る

○温熱療法 体温を上げることでがんを死滅させる

○心理療法 ヒプノセラピーやキネシオロジーなどで心の問題を解決する

○抗がん剤 状況によっては抗がん剤の使用も

 

でも、こういった話は標準治療だけを行なっている大病院では教えてくれません。

なぜなら、標準治療だけを行なっている医者にとってこれらは、科学的根拠のないエセ治療法だからです。

 

ここががん治療の最も難しいところ。難しいというより、最初にぶつかる壁です。

 

科学的と言われる現代西洋医学でがんが治らないのはみなさんご存知の通りです。

でも実際に末期でも治っている人はいる。

ですので、現代西洋医学だけを学んだ医師に非科学的と言われようがエセ治療法と言われようが、こちら側に治る方法が隠れてい筈です。

 

がんと向き合う前に何故がんになったのか、そのプロセスを理解しておくことも重要です。

 

・健康な状態

健康な人でも1日5千〜1万個程度のがん細胞が日々体内で発生し、それを免疫系の細胞がやっつけてくれています。

 

健康なバランス

免疫力 > がん増殖力(5,000〜10,000個のがん細胞)

ゲームに例えれば

免疫(100パワー) > がん(10パワー)

 

・未病状態

ストレスや栄養状態、寝不足や疲れなど、何らかの原因で免疫力が落ちてしまい、逆にタバコや放射線、クスリや酒など、発がんせいのものでがんの勢いが増し免疫力に勝ってしまうとがんが増殖し始めます。

 

未病のバランス

免疫力↓ < がん増殖力(5,000〜10,000個のがん細胞)

免疫↓(10パワー) < がん(20パワー)

 

毎日体内で発生する5,000〜10,000個のがん細胞のうち、免疫系が解決できずに少しづつ負債として溜まってしったものが塊を作り、がん腫瘍となってしまうと考えられています。

 

・がんの状態

発見できるレベルのがんは、シコリでもCTやPETの画像でも超音波の影でも、がんの塊が1cm以上になっています。

1cmの腫瘍を形成しているがん細胞の数は十億単位といわれています。

 

ですので、早期発見でもその時点で既に免疫系ががんの増殖スピードに追いつかないレベルになっていると考えられます。

 

がんは、それ自身が無限に分裂増殖することができる細胞です。

とても乱暴な推測ですが、10個のがん細胞の増殖力と100個のがん細胞の増殖力を比べると、10倍ではなく100倍のパワーがあると考えることもできます。

 

がんの人のバランス

免疫力↓ < がん増殖力↑(10億個のがん細胞)

免疫↓(10パワー) < がん↑(10,000パワー)

 

がんは倍々ゲームで増えていきますので、放っておくと指数関数的に増殖力が強くなっていくと考えられています。

 

では、どうしたら良いのか

 

それが、冒頭の3段階です。(3段階と言っても全部並行して取り組みます)

 

先ずは、がんになってしまった原因を考え生活習慣を徹底的に見直す。

がんになった理由をどんどん減らすとともに、落ちてしまっている免疫力を回復させる。

がんの活動を止めがんを減らす対策をとる。

 

①がんになった原因の排除 →免疫力免疫力が下がってしまった原因の排除とがんが好むモノの排除

 

②免疫力の回復 →免疫力を回復させる

 

③がんの勢いを止める →免疫力を最高の状態にし、がんの嫌う環境を作る

 

もし、がんが見つかり最初に勧められた標準治療を受けるか迷って先送りしているのなら、放置はせずに、先ずこれらの代替療法に取り組んで、毎日、毎週、毎月、がん状況を確認して自分のがんの勢いを把握し、対策を考えるべきです。

 

目標バランス

免疫力↑ > がん増殖力↓

免疫MAX↑(1,000パワー) > がん↓(100パワー)

 

あくまでもイメージですが、こうなればしめたもの。がんの増殖を抑えて上手く付き合っていくことができますよね。

 

もうひとつ重要なのが、標準治療以外の選択肢を与えてくれる医師を見つけることです。

実はこれがなかなか難しいんです。

 

標準治療以外の方法を求めてセカンドオピニオン先を探す時が要注意。

権威に弱い私達は、大きな総合病院、大学病院、がんセンターなど、知らぬ間にどんどん標準治療の総本山の頂上方向に向かってしまいがちだからです。

代替療法とか統合医療とかに関しては、殆どの医師は全く興味を持っていないと同時に、知らないばかりか否定的と思った方が良いでしょう。

 

 

 

奇跡的に末期から生還した人たちや、余命宣告期限を過ぎても上手く共存している人たちは、そっち側の最先端の高額な代替療法じゃなくて、古くからあるそれ程お金のかからない食事療法や温熱療法、鍼灸やサプリなんかを上手く組み合わせて成功してるんです。

 

それでも健常者の生活よりはお金が掛かるのは事実です。

 

特に、いろいろな代替療法を試行錯誤しても効果が見られなかったり、急激にがんが増殖し始めた時には、高額でもそういった最先端の代替療法を試して見たくなります。

因みに私の場合は、凄そうな免疫療法や遺伝子治療など情報収集は随時行なっていますが、いざという時の為に未だ取ってあります。

お金の問題、難しいですよね。もし余命6ヶ月以内の宣告を受けていて、生命保険に入っていたなら、以下参考にして下さい。

実は、ほとんどの生命保険には「リビングニーズ」という特約が付いているんです。

リビングニーズ特約とは、まさにその名の通り、生きてる間に必要なもの。つまりはお金。

医師から余命6カ月以内の宣告を受けた場合、死亡保険金の一部(通常3000万円位)を生前に受け取れるというものです。

私の様に12ヶ月じゃダメです。

本来、死亡後に支払われる保険金を生前に受け取ることで、人生の最後に悔いのない時間を過ごすこと、経済的な問題を解決して十分な治療を受けられることを目的として考えられた特約だそうです。

 

私の経験則から言えることは、先ずはそれほどお金をかけなくてもできる方法を片っ端からやって見て、その後に高額な最先端の代替療法を検討しても遅くはないということです。 

 

私の考える優先順位は、以下の通り。

 

1)睡眠とストレスマネジメント

 

2)栄養療法(サプリやIVC点滴)と食事療法(①充分なたんぱく質、②良質な脂質、③ビタミン、ミネラル、④フィトケミカル)

 

3)気の巡りを良くする運動(ヨガや気功)

 

4)温熱療法や鍼灸など、気の巡りを良くする代替療法 

 

の順番かな?

 

この4つは必須だと思います。どれが抜けてもダメな感じがします。

 

この中でも食事療法は要注意です。

ゲルソン療法やマクロビ、玄米菜食、ケトン食などの食事療法は、慎重にやらないと栄養不足になりがちです。

がんが治ると思うとやり過ぎちゃうんです。

やりすぎると栄養不足に陥るし、都合よく緩めてしまうと食事療法の意味がなくなってしまうし。 

食事療法に取り組む場合には、定期的に血液検査や尿検査を行なって、体調を管理する習慣が必要です。

 

 

風邪などで発熱する理由は、ホメオスタシス(生物学的恒常性)、いわゆる健康な状態で生き続ける為の生体防御反応の現れで、汗腺を閉じて血管を収縮させ放熱量を低下させ、寒気で筋肉を震えさせて発熱を促すことによって体温を上げるそうです。

だから熱が上がる時には寒気がする訳です。

 

逆に体温を下げる時には汗腺を開いて汗を出し熱を放出する。

なので熱が下り始めると途端に熱くなるのだそうです。

 

なぜ体温を上げるかと言うと、免疫機能の主役である白血球が増加し動きが活発化する事で外敵に対する戦闘能力が大幅に増強されるからだそうです。

 

温熱療法はこれを人工的に作り出すわけですね。

ヒートショックプロテイン72(HSP-72)の働きでガン細胞への攻撃命令が出やすくなっていますので、効果は倍増する筈です。

 

ガンは酸性を好み酸素を嫌います。

ですので、なるべく身体をアルカリ寄りにして、且つ深呼吸など深い呼吸を心掛け血中酸素濃度を上げることを意識的にやって来てはいました。

 

具体的には飲み水を天然アルカリ水にしたり、グリーンスムージーを飲んだり、生野菜を多めにとったりして来ました。

 

1.低酸素応答因子:HIF-1α

がん組織は、低酸素、低pHという正常組織とは異なる特別な微小環境を作り上げてその中で増殖を亢進させますが、特に低酸素が引き金となって発現するHIF-1という遺伝子が、多くのがんの進行に関わることが報告されています。

血液循環が悪いと組織に酸素が届きにくく、低酸素状態になり、HIF-1が発現します。

 

2.血管内皮細胞成長因子:VEGF

血管を新生する因子をコードする遺伝子で、HIF-1遺伝子の下流にあるため、HIF-1が転写を開始すると続いてVEGFも発現します。

がん細胞は血管のないところでもいったんは増えますが、通常栄養不足になって壊死して事なきを得ていると思われます。この時HIF-1に続いてVEGF遺伝子が発現すると、がん自身が血管を造成し、元々ある血管に繋げて栄養を摂って増えるようになります。

 

3.マトリックスメタロプロテアーゼ(タンパク質分解酵素):MMP

細胞間の結合織を分解する酵素をコードする遺伝子で、これもHIF-1の下流にあり、低酸素をきっかけに発現します。

結合織はコラーゲンを中心に構成されており、結合織がしっかりしているとがん細胞が分裂してもそこで第一のブロックがかかりますが、逆に結合織が破壊されるとがん細胞は容易に増えることになります。

 

4.ヒートショックタンパク質72:HSP72

分子シャペロンの仲間で、HSP70ファミリーの1つです。

HSP70ファミリーには、普段から存在している構造型タンパクのHSP73と、熱を加える等の非常事態が起こった時に産生される誘導型タンパクのHSP72があり、HSP73はどちらかというとタンパクの合成から分解までのお世話をするシャペロン的仕事をし、HSP72は非常事態の時にタンパク変性を防いだり、免疫増強を後押しする仕事をしています。

がん細胞は元々自己の細胞なので、免疫細胞が異物と認識しにくい場合がありますが、HSP72は細胞膜上にある個体識別のための主要組織適合性抗原複合体と呼ばれる分子を介してがん細胞表面に異常細胞であることを示すがん特異的ペプチド抗原を提示します。

そうすると、T細胞(特にCTL:細胞障害性Tリンパ球)は提示されたペプチド抗原を異物と認識し、がん細胞を効率よく攻撃することができます。

それに加えて、リンパ球や樹状細胞の中に産生されたHSPもそれぞれの異物認識能を上げ、白血球のがんエリアへの動員を誘導して免疫を増強すると言われています。

 

分子シャペロンとは、遺伝子情報に基づきリボソームで結合された不安定なアミノ酸の結合列を、安定した立体形状のタンパク質に導くガイド役のペプチドで、細胞が作り出す様々なタンパク質が正常な状態で完成するように細胞内で働いている黒子です。

その中にヒートショックプロテイン(熱ショックタンパク質)という高熱になると働き出す特殊な種類の分子シャペロンがおり、特にHSP72は癌細胞に対して異常物質である事を知らせる為のマーカーを付けるなど、癌治癒に結びつく重要な役割を担っているという事です。

 

再発予防のための抗癌剤治療とは異り、延命のための抗癌剤治療には未来がありません。

完治はあり得ないことであり、延命し続ける限り飲み続けなければならない。抗癌剤での延命は、身体を衰弱させていきます。

 

身体を衰弱させながら延命していくよりも、元気な状態を少しでも長続きさせるべきではないか

という考えが、私の中で、この時ハッキリと生まれました。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放