お塩は生命の源                        早坂 紀代美


中医学では、「腎は生命の原動力」と言い、成長、発育、生殖、そして老化、寿命に関係すると考えられています。

 

元氣で長生きするためには、腎を大切に、そして腎を助けるのは鹹(カン 塩)といって、適度なお塩が必要だと。

 

世間では減塩が身体に良い、少なければ少ないほど健康に良いと、まるで塩分を摂ると、病氣にでもなるかのような言われ方をされ、お塩を摂る事に恐怖すら覚えている方もいるぐらい。

 

西洋医学と東洋医学の考え方は根本的には違うものですが、身体の構造、仕組みは同じだと思います。

 

なのになぜここまで違うのか、、、

まず、なぜ一般的にはお塩が悪くいわれているのか。

 

その理由として、血圧を上げる、と。

 

それで、調べました。

結果、血圧が上がる人がいるかもしれないが、殆どの人は上がらない。

まして、健康体の人にまで減塩する必要はない、という事がわかりました。

 

この頃、雑誌や週刊誌などでも良く見かけるようになりました。

「高血圧の原因は塩分ではなかった!!」との内容も。

 

お医者さんや薬剤師さんが学生の時に教わる生理学。

この中でも書かれています。

塩分は身体に欠かせないものだって。

 

「身体の塩分濃度は0.9%。身体を維持する為には、塩化ナトリウムを始めとする電解質(水に溶けてイオンとなる物質)を、食べ物などから供給しないとならない。

身体の働きを維持するものとして、必要不可欠なものでる」と。

 

お塩の主成分である塩化ナトリウム(塩素+ナトリウム)は、身体の様々なところで活躍しています。

 

特に、消化、吸収、排出、神経、、、生命の命綱です。

調べれば調べるほど、欠かせないものである事が、わかります。

 

中医学では「腎は生命力」、元氣に寿命を全う出来るかどうかは、腎が握っていると考えます。

 

精力、生殖、健忘、免疫、糖尿、骨、、、腎が関わるところです。

 

今、とても増えていると思いませんか

これらに関する病氣が。

その原因のひとつとして、私は減塩が関係していると思っています。

 

中医学をされている先生方はご存知だと思いますが、【補腎の漢方薬は塩水で飲む】という事をあるメーカーさんの研修会で知りました。

 

更に、様々な補腎薬を試してもパッとしなかったが、お薬を塩水で飲んでもらうと、バッチリ効いたとの症例も聞いた事があります。

 

密接に関係している、腎とお塩。

 

中医学を学んでいたのでわかったことです。

 

 


”減塩”に騙されないで!
                旬(ときめき)亭 来館者限定商品  







          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放