いのちのスープ                                                    辰巳 芳子


1924年生まれ。料理研究家の草分けだった母、浜子氏のもとで家庭料理を学ぶ一方、西洋料理の研さんも重ねる。父親の介護を通じてスープに開眼。高齢者へのスープサービスにも力を注ぎ、鎌倉の自宅などでスープ教室を主宰している。食育も実践し、児童が種をまき、育て、食べる「大豆100粒運動」を提唱し、広めている。

 

「人間の食は、呼吸と等しく、いのちの仕組みにくみこまれている」

「食」というもの、ヒトが「食べる」という事をとことんつき詰めた末の究極のスープ

「食」とはつまるところ「命」を支え、つなぐものという、辰巳先生の「食」の哲学が詰まっています。

 

いのちのスープは季節の野菜を使い、野菜のうまみを引き出すように弱火でじっくり火を通す。均等に火が通るように材料の切り方も決まっている。

だしにもこだわる。

 

脳梗塞で倒れ、嚥下障害(えんげしょうがい)により食べる楽しみを奪われた父。

その最後の日々を、母と娘が工夫した様々なスープが支えた。

それがいのちのスープの原点だった。

「ふだん食欲がなくて食べられない患者さんほど、いのちのスープを喜んでくれます。嚥下障害の人も、ポタージュなら食べられます」

 

あなたも、たいへんお疲れになったときに、きちんとできたおつゆを一杯、貰えたら肩のあたりに詰まった重さがすうっと抜けていくこと、あると思います。

いいおつゆを飲むと、とても楽になるのよ。

私はね、病気で重湯しか飲めない方には、青菜の葉先にオリーブオイルを落として、ちょっと塩を濃い目に、茹でてあげるんです。で、それをペーストにして、重湯に添える。

そうするとね、その青菜は、もう甘いぐらいおいしいんです。そうやって作った重湯と青菜のペーストとをかわりばんこに、口に運んであげる。

 

青菜というのは「畑の血」ですからへたな点滴なんかよりよっぽど、力をつけると思うんです。

 


寒さにそなえる養生ごはん 玄米スープ


玄米を梅干しと昆布とともに煮出した玄米スープは、余分なものをそぎ落とした果てにたどり着いた、まさに究極の養生スープ。

習慣として飲んで、寒さに打ち勝つ体をつくりましょう。

 

材料 (カップ4弱分)

 

【玄米を炒(い)る】

・玄米 カップ2(300g)   *つくりやすい分量。

 

【玄米を炊く】

・玄米 (炒ったもの) 80g

・昆布 (5cm四方) 2~3枚

・梅干し 1コ

*梅干しの種3コでもよい。

 

【つくり方】

玄米を炒る

1玄米は水で洗い、ボウルに入れる。たっぷりの水を注いで30分間浸して、ざるに上げて6時間ほどおく。

2厚手で油けのない平鍋を用意する。火力全開を10とすると7の火にかけ、鍋を温めてから、玄米を入れる。

  ! ポイント   最初は割合と強い火にかけ、玄米を炒りましょう。

3玄米全体を木べらで動かしながら5~10分間ほど炒ると、玄米が小麦色になり、はぜる音が聞こえてくる。

 火力全開を10とすると3~4の火に弱め、玄米を炒る。

  ! ポイント はぜさせるのは玄米の中のでんぷん質を表に出すため。

         でんぷん質を表に出し、栄養分をよりスープに煮出すのです。玄米がはぜ始め、ピチピチとした音を聞くのはよいものですよ。

4たえず木べらを動かしながら炒り、色づかせる。

  ! ポイント 香りと音に集中しながら、へらをあきれるほど絶え間なく動かす。何度もつくって、この感覚をわがものとしてください。

520分間ほど炒ったら紙の上にあけて粗熱を取る。

  ! ポイント 瓶などに入れて常温で1週間ほど保存可能。それ以上は油臭さが出てくる。

 

【玄米を炊く】

6ホウロウのポットなどに、炒った玄米、昆布、梅干し、水カップ5を入れ、ふたをして中火にかける。

  ! ポイント 対流すると栄養分が抽出しやすいので、鍋ではなくポットを使う。

7煮立ったらふたをずらし、弱火にする。フツフツと30分間ほど炊き、味をみてこす。

 



玄米のおじや


スープを煮出したあとの玄米にも栄養素が含まれています。最後まで食べきりましょう。

 

材料

・うす口しょうゆ

・塩

・煮出した玄米

・だし (あるいは水)

・くず粉

・細ねぎ (小口切り)

 *刻んだみつばでも可。

・温泉卵

 

つくり方

1鍋にだしを入れて火にかけ、うす口しょうゆ・塩を加えて、吸い物よりやや濃いめの加減に味つけする。

2だし1に対し、煮出した玄米1の割合で加え、味がなじむ程度に炊く。

3だし、あるいは水にくず粉を溶いて回し入れ、3~4分間ほどゆっくり混ぜながら炊く。

4小口切りにした細ねぎや刻んだみつばを散らし、温泉卵をのせる。

 



ねぎのスープ


風邪の予防にもぴったりな、寒さを迎え撃つスープです。

「ねぎのヴルーテ」を丁寧につくることがポイント。これさえあれば、毎日のスープが時間的にも合理化されますよ。

 

材料 (つくりやすい分量)

 

【ねぎのヴルーテ】

・ねぎ 10~15本(正味600g)

・オリーブ油 カップ1/4

・しょうが汁 大さじ1

・鶏のブイヨン カップ2+1/2

・塩 小さじ1

 

【鶏のブイヨン】*材料は5人分

・鶏手羽先 5本

・鶏の首骨 5本

 *なければ鶏手羽先を2~5本増やす。

・レモン (国産/輪切り) 2枚

 

【A】

・たまねぎ (皮をむいて丸ごと) 1コ分(150g)

・にんじん (皮をむいて丸ごと) たまねぎの半量(75g)

・セロリ (縦半分に切る) たまねぎの半量(75g)

・パセリの軸 1本

・ローリエ 1枚

・白こしょう (粒) 10粒

・昆布 (5cm四方) 5枚

・干ししいたけ (大) 3枚

・水 カップ13

・塩

・みそ

 

下ごしらえ・準備

1 〈A〉の昆布としいたけは、ヒタヒタの水に1時間浸す。

2 鍋に湯を沸かし、レモン、鶏手羽先と首骨を入れる。

 再び煮立ったら鶏を引き上げ、首骨の脂と汚れをしごき取り、手羽先とともに冷水でよく洗う。出刃などの重い包丁でたたき、味を出しやすくする。

3 深めの鍋に手羽先と首骨、〈A〉の材料を1の水ごと入れ、分量の水を注ぎ、中火の強の火にかける。

4 煮立ったら弱火にし、アクを取る。30分間たったら昆布、しいたけ、野菜類を除き、さらに30分間コトコトと煮出す。

5 火を止め、すぐに紙タオル(不織布タイプ)を敷いたこし器でこす。

6 「ねぎのスープ」に使用する場合は、やや煮詰めて濃いめにすること。また、液体状の濃縮チキンスープを使うなら、濃いめに希釈すること。

  ! ポイント 冷凍保存用ポリ袋に入れ、冷凍庫で1か月間保存可能。

 

つくり方

1ねぎは3~5mm厚さの小口切りにする。厚手の鍋にねぎを入れ、まず加熱せずにオリーブ油を全体に木べらでからめる。

  ! ポイント 野菜に油をからめてから火をつける。こうすると全体にまんべんなく油が行き渡る。

2火力全開を10とすると、4の火にかけてふたをし、木べらで時々混ぜて蒸らし炒めにする。しんなりするまでしっかり炒める。

3しょうが汁を入れて蒸らし炒めにし、【鶏のブイヨン】を注いで塩を加え、煮詰める。

4ぽってりとした、ペースト状になれば、ねぎのヴルーテの完成。

 1人分はヴルーテ約大さじ1をティーカップに入れ、熱湯カップ3/4~1を注ぐ。塩少々で味を調える。

5【ねぎのヴルーテ】は、煮沸消毒した瓶に入れ、冷蔵庫で約5日間保存可能。

 または、小分けにして冷凍用保存容器に入れ、冷凍庫で約3か月間保存可能。

 

*ねぎのスープ みそ風味 2人分

  鍋に【ねぎのヴルーテ】 約大さじ2、水カップ1+1/2~2、みそ適量を入れて火にかけ、みそが溶けたら器に盛る。

 



スペアリブスープ


骨付きだからこそ、スープにする意味があります。単なるゆでたスペアリブでは味わえないうまみが魅力です。

 

材料

・スペアリブ (豚骨付き肉) 800g

 *精肉店で食べやすい幅に切ってもらうとよい

・塩 28~32g

 *スペアリブの重さの3.5~4%

・レモン (国産/輪切り) 2~3枚

 

【香味野菜】

・たまねぎ (縦半分に切る) 130g

・セロリ (ブツ切りにする) 130g

・にんじん (皮をむく) 80g

・ローリエ 2枚

 

つくり方

1紙タオルを敷いたバットに高さのある網を置き、スペアリブを並べて塩をまぶす。密封して冷蔵庫に入れ、1~2日間ねかせる。

2レモンを入れた熱湯に、スペアリブをくぐらせて湯引きし、流水で汚れや脂を洗い落とす。

 鍋にスペアリブと【香味野菜】を入れ、かぶる程度の水を注いで火にかける。

 煮立ったら弱火にし、アクを取りながら肉が骨から離れるくらいまで約1時間30分ゆでる。

3【香味野菜】を除き、粗熱が取れたら鍋ごと冷蔵庫、または涼しい場所に置く。脂が固まったら取り除く。

4スペアリブを取り出す。ゆで汁は、こして煮立てない程度に火を通す。

粗熱を取り、ゆで汁に浸して密封容器に入れ、冷蔵庫で2~3日間、冷凍庫なら3~4か月間保存できる。

 

スープは洋風のみならず、かす汁、みそ汁のだしとして利用しても申し分ない。

 


ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717BR 陶器なべの大きさ(約):内径185×深さ135mm、陶器なべ容量:3.0L、陶器なべ調理容量:0.6~2.4L (目視・陶器なべの3~8分目まで)、電源コード:1.4m 材料を入れたら出来上がりまで手間いらず、電気のとろ火でことこと煮込んで美味しく出来上がるスチームクッカーです。電気のとろ火で煮込むので、長時間の調理も安心。ガスコンロをふさぎません。電気のとろ火でゆっくり加熱し、温度を上げていくので、煮崩れも少ないです。さらに、鍋は加熱温度が安定
ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717BR 陶器なべの大きさ(約):内径185×深さ135mm、陶器なべ容量:3.0L、陶器なべ調理容量:0.6~2.4L (目視・陶器なべの3~8分目まで)、電源コード:1.4m 材料を入れたら出来上がりまで手間いらず、電気のとろ火でことこと煮込んで美味しく出来上がるスチームクッカーです。電気のとろ火で煮込むので、長時間の調理も安心。ガスコンロをふさぎません。電気のとろ火でゆっくり加熱し、温度を上げていくので、煮崩れも少ないです。さらに、鍋は加熱温度が安定
国産 鳥取県産 銘柄鶏 大山しゃも 胴ガラ 1羽分 冷凍品 しっかりとした肉質と軍鶏の美味しさ【大山しゃも】 鳥取県で軍鶏をベースに開発された鳥取県の地鶏で、自然に恵まれた山陰の霊峰大山の麓で、原種鶏、種鶏から飼育し、孵化・生産・処理と一貫した体制の中で生産しております。 飼育には「鳥取地どりピヨ(大山シャモ)」専用の特殊飼料を使用し、飼育期間も約120日間と長期飼育しており、うま味・コクとほどよい歯ごたえが自慢の地鶏であり、農林規格に合致した絶品の地鶏です。
国産 鳥取県産 銘柄鶏 大山しゃも 胴ガラ 1羽分 冷凍品 しっかりとした肉質と軍鶏の美味しさ【大山しゃも】 鳥取県で軍鶏をベースに開発された鳥取県の地鶏で、自然に恵まれた山陰の霊峰大山の麓で、原種鶏、種鶏から飼育し、孵化・生産・処理と一貫した体制の中で生産しております。 飼育には「鳥取地どりピヨ(大山シャモ)」専用の特殊飼料を使用し、飼育期間も約120日間と長期飼育しており、うま味・コクとほどよい歯ごたえが自慢の地鶏であり、農林規格に合致した絶品の地鶏です。



干ししいたけのスープ


疲れた時などにぴったりな、滋養をひきだしだスープです。是非蒸したてを味わってください!

 

材料 (5人分)

・干ししいたけ (日本産原木しいたけ) 30~40g

・昆布 (5cm角) 3~4枚

・梅干しの種 2~3コ分

 *梅干しなら1コ

 

つくり方

1干ししいたけと昆布を水カップ6に浸して1時間戻す。

  ! ポイント しいたけの軸のつけ根を指で押し、芯がなければ戻っている。

2しいたけ、昆布、梅干しの種を蒸し器に入れる容器に並べる。戻し汁は別の鍋に移して火にかける。

3蒸気の上がった蒸し器に2の容器を入れ、熱くなった戻し汁を注いで(蒸すコツ1参照)容器にふたをし、さらに蒸し器のふたをして約40分間蒸す。

4蒸し上がったら、すぐに昆布、しいたけ、梅干しの種を取り出し(蒸すコツ2参照)、器に注ぐ。

 

《蒸すコツ》

このスープは蒸すだけだが、ささやかなコツがある。

まず容器。蒸し器に入れる容器は梅干しの酸に強いホウロウ、耐熱ガラス、ステンレス製が望ましい。

また、蒸し器に入れる容器と蒸し器の両方にふたをするので、中に入れる容器はふた付きか、なければ皿などで代用するとよい。

 

《蒸すコツ1》

蒸すときに、戻し汁は別の鍋で火にかけておく。熱くなった時点で蒸し器に入れる容器に注いで蒸しはじめる。

〈★メモ〉熱くなっていない戻し汁を注いで蒸すと、適温になるまでに時間がかかり、40分間では蒸し上がらない。

      なお、蒸す火力は最強でなくても、蒸気が上かっている状態を保てればよい。

 

《蒸すコツ2》

蒸し上がったらすぐ、しいたけ、昆布、梅干しの種を引き上げること。せっかく蒸して抽出した滋養とうまみが、そのまま放置しておくと、しいだけや昆布に戻ってしまうため。

 



野菜のコンソメ


野菜のうまみを堪能できるスープです。肉や魚介を使わない、野菜で作るコンソメをお教えします!

 

材料 (カップ5+1/2分)

・じゃがいも (メイクイン) 500g

・たまねぎ 150g

・にんじん 130g

・セロリ (茎のみ) 100~130g

 

【A】

・昆布 (5cm角) 4枚

・干ししいたけ (小) 4枚

・梅干しの種 2コ分

・白こしょう (粒) 5~10粒

・ローリエ 2枚

・水 カップ6~7

・塩 小さじ1

 

つくり方

1じゃがいもは皮をむき、1cm厚さの小口切りにする。たまねぎはじゃがいもの半分の厚さ(5mm)に縦に切る。

 にんじんは皮をむき、たまねぎより薄め(4mm)の半月形か、いちょう形に切る。セロリはたまねぎと同じ厚さ(5mm)の小口切りにする。

 じゃがいも、にんじんは水に10分以内でさらす。セロリとたまねぎはサッと洗って水けをきる。

2ホウロウ鍋に1の野菜を入れ、野菜の2cm上くらいまで水を注ぐ。塩小さじ1/2、【A】を加えて中火の強の火にかける。

3煮立ったら、10の火力を3~4に落として20分間煮る。昆布を引き上げ(炊き出しのコツ1参照)、さらに20分間煮る。

4火を止め、すぐに紙タオル(不織布タイプ)を敷いたこし器で静かにこす。

 別の鍋に移し、煮立たないように弱火にかけ、塩小さじ1/2で味を調えて器に盛る。

 

《炊き出しのコツ》

容器は酸に強く、直接火にかけられるホウロウかステンレス製が望ましい。また直火の場合、火加減が重要である。

通常は「強火・中火・弱火」の3段階だが、辰巳さんは10段階で考える。ガスの全開を10とし、◆1~3が弱火◆4が弱火の強◆5が中火◆6~8が中火の強◆9が強火◆10が最強。

ちなみにこのスープの『煮えをつける』火加減は、7か8の中火の強にする。

 

《炊き出しのコツ1》

10の火力を3~4に落として20分間煮、昆布を除いてからが、酸味の出すぎで味がくずれやすくなる。味をみてよければ、時間どおりでなくても火から下ろすこと。

〈★メモ〉残った野菜は、熱いうちにドレッシングであえてサラダに、またはカレーやシチューに加えたりすれば無駄がない。

 



野菜スープ                           強健ラボ


野菜スープを飲み続けると、驚くのは、快便になることで、理想の便が出ます。黄色くバナナ状で、水に浮きます。

これは、腸内が最良の状態にある証です。黒っぽく、硬かったり、水に沈む便は、危険な便です。

便の状態は、毎日行なえる的確な健康診断です。医療の健康診断は、非常に有害です。

 

便が理想になるということは体の全てが理想的に働きますので、お肌がツルツル綺麗になるのが明らかに分かります。内面からのつまり細胞そのものが活性化しますので、頭から足の先までお肌が滑らかにツルッとしてきます。

腸内細菌を最良にする理想の健康法は、一つにとどまらずあらゆることが良くなります。

 

さて、この野菜スープと玄米茶で、さらに飛躍的に効力を発揮するという「玄米茶」のレシピも付け加えておきます。

特に健康に問題ない方は、野菜スープのみで十分だと思いますが、重病を抱えておられる方は、是非この玄米茶と併用されてください。

単体でも素晴らしいですが、このコンビは凄いです!ただし、野菜スープと玄米茶は、同時に飲まないで下さい。

 

野菜が教えてくれた神秘

手のひらにのる程、少量の土壌の中に、日本の総人口と同じ位の微生物が生きている…ということを皆さんはご存知ですか。

抗生物質ペニシリンなどは、ほとんどこの土の中から造られています。

こんなすばらしい自然の土壌の中から、新しい芽を出し、大きく成長する野菜は、こうした多くの微生物によって、数限りない栄養素の恵みを受け、太陽の光のもとですべてを吸収して私達人間の身体の健康管理にかくことの出来ない葉緑素、鉄分、リン、ミネラル等あらゆるビタミンを豊富に提供してくれています。

 

にもかかわらず、自然をなおざりにして、自然を忘れてしまった多くの人々が自然から見放され、症病という患者になる。

億ともいう微生物によって生き成長した野菜には、こうした抗生物質にも勝る本物で精製された薬物が含まれているのです。

だから、野菜を食べなさい!食べるのが嫌ならスープにして飲むといいということをおすすめするのです。 

 

ところで、近年の農業はこの野菜すら化学合成物質の肥料を入れた水で、水耕栽培という農作物を造ることに成功したが、これは土の中に含まれている微生物の抗体はなく、ただ野菜というほかない。

それよりも恐ろしいことは、この野菜が吸収している合成物質は化学肥料であることも判明している。いずれは、人体の機能に大きな影響を与えるものとして要注意。

 

さてここまで説明すれば、もっと知りたいというのが人間の心理でもあり感情かも知れない。

当然そうなってほしい、そこで、多くの人々が最も恐れ、関心をもっているガンという症病、このガンにかかると絶対に助からない…と思っている人々がほとんどだといいます。 

 

ところがこのガンにだけ好んでくっついていく物質がある。

それがチロシンから変化したアザチロシンと、人体の三分の一をしめている硬蛋白質のコラーゲンです。この物質はガン細胞をみつけると、その周囲に集中していつのまにかガン細胞を包み込んでしまう不思議な力をもっていることが分かった。

但し、コラーゲンやアザチロシンなど多くの物質が人間の体内でくりひろげるメカニズムについては、未だ分かっていないが、身体の栄養のバランスをとることと野菜のスープによって、薬物中毒からガンの治療法、機能障害などには驚異的な効果を表わしてくれます。

 

どんな薬物よりも、自然の恵みに私達は感謝しなくてはなりません。(スープには、癌を予防する葉酸が大量に含まれている。)

 

野菜スープの作り方

●材料

 大根   … 1本の4分の1

 大根葉  … 1本の4分の1

 人参   … 1本の2分の1

 ごぼう  … 大4分の一 (小なら2分の1)

 天日干ししいたけ … 一枚自然乾燥したものを使う 

 

天日干し椎茸が手に入らない時は、生椎茸を自分で乾燥してください。市販の電気乾燥したものはビタミンDがないから不可です。

 

追記 電気乾燥の椎茸の場合は、天気の良い日に半日ほど干してください。

 

<作り方>

1.野菜はあまり細かく切らないで、大きめに皮ごと切っていれてください。

2.野菜の量の三倍の水を入れます。

3.沸騰してから一時間煮込みます。(弱火)

4.スープをお茶代わりに飲みます。

5.残ったスープは、味噌汁、吸い物、ラーメン、うどんの汁の中にいれてご利用ください。

6.鉢植えの草木が枯れかけたときは鉢の周りにスープをかけてください。元気になります。

7.庭木の場合は根本から少し離れてスープをかけてください。元気になります。

※注意

①野菜は、ボイル、あくだしをしないでください。

②野菜を多く入れれば、それだけ早くよくなるというものではありません。どこまでも基本を守ってください。

③なべはアルミ製か、耐熱ガラス製をしようしてください。

  スープの保存はガラスポットまたはガラスビンを使用してください。 

 

<効果的な飲み方>

朝、夕の空腹時に1回300ccほど飲んでください。そのあと20分ほどは、何も食べない、飲まないでください。

 

下記の玄米茶は、違う時間帯に飲んでください。

玄米茶の作り方

●材料

玄米…一合 

水…8合 

 

<作り方>

1.玄米を濃いきつね色になるまで、油のついていないフライパンで混ぜながらはぜないように炒る。

2.同時に鍋に8合の水を沸騰させ、その玄米を入れすぐ火をとめる。

3.5分間そのままおいておく。

4.玄米をこして、そのお茶を飲む。

  注:病状によって飲む量を変える。玄米茶はプロティン等を絶対に混ぜて飲まないようにする。 

 

二番茶の出し方

上記の一番茶をとった出しがらを、同じように水8合を沸騰させて、その中に出し殻をいれて、すぐ火を小さくして、約5分間せんじてください。

5分したら、前回と同じように、すぐアミか、ざるでこしてください。

1,2番茶を混ぜ合わせて飲むのもよい。 

 

注意事項

1.野菜のスープと軽く考えないこと。ホーロ、テフロン加工した鍋は決して使用しないこと。ホーロ、テフロンが溶けてしまいます。

2.他の薬草、その他の植物等混合しないことです。場合によっては、青酸よりも強い毒性に変化することもあります。

3.作り方の基本以外のものを絶対に入れないでください。

4.野菜スープは、人体の中に入ると化学変化をおこし、30種以上の抗生物質を作ります。

5.どのような傷病にかかkっても、体温は一般の方と異なり、一度は低くなります。風邪をひくことも少なくなり熱の心配がない。

6.腎臓病、痛風の方は絶対使用(飲まないで)ください。

7.野菜スープと玄米茶は同時に飲まないでください。効果が半減します。必ず守ってください。(15分以上の間隔をおいてください。)

8.野菜スープの目的は、体細胞の増殖強化を促すと共に、白血球血小板の増強とT細胞の働きを3倍の勢いで増やし、強力な人体をつくることにある。

 

蘇生と効果

その効き目には、コラーゲン(人体では一番硬い蛋白質)の増強を促進させ、年齢に関係なく成長時の子供と同じ様な身体をつくる原動力になると共に、体内に入った野菜スープが化学変化を起こし、30種以上の抗生物質になり、その中でもアミチロシンやアザチロシンのようながん細胞にだけ飛びつく特殊な物質が増えることで、癌は3日間で征圧し、人体を構成している体細胞に変えることができる。 

 

と同時にこの体細胞が癌の免疫をもっているがために二度と癌にかかることがない。上記の条件を揃えることで、末期癌の患者さんでも、100%生態がよみがえってくる。

酸素吸入をしている患者さんでも、45分間隔で野菜スープ200ccと玄米茶200ccを交互にカテーテルを使用し、胃、または腸に注入してやると、体細胞が一期に増加してっくるため、生体そのものが蘇生し、元気を取り戻すことができる。

この場合、患者さんに投与する野菜スープと玄米茶は一日量一リットル程度でよい。

翌日からは患者さん一人で飲むことができるようになる。ただし、注意しておきますが、抗がん剤、その他の薬物の投与はしないでください。

 

末期癌の患者さん一万人以上、すべての人々が生存し、働いている。 

 

玄米茶の効能は、利尿作用の促進剤とあわせ糖尿病患者さんの糖の分解と、インシュリンの働きを助長させてくれる最高の飲み物です。

また、それと同時に、腹膜にたまった水を抜くのにもどんな利尿剤よりも即効してくれる特効薬にもなり、血液並びに血管内の浄化作用は驚異的威力をもっています。

それが事実心臓病患者さんに、野菜スープと玄米茶を一日量0.8リットル以上を20日間投与すると、すべて正常になります。

 

野菜スープを第三者の長屋氏が検証

「『野菜スープ』の疑問に答える」(マキノ出版)という本を、五反田西口クリニック院長 長屋 憲という医師が書いています。

この中でも健康雑誌「安心」で特集を行った結果、効果があった症状や病気として、

アトピー性皮膚炎、荒れ肌、アレルギー性鼻炎、胃炎、胃のポリープ、高脂血症、

生理痛、生理不順、ひざ痛、便秘、腰痛、かすみ目、肩こり、肝炎、肝硬変の予後、

狭心症、くも膜下出血の予後、血糖値の改善、下痢、高血圧、口臭、口内炎、子宮筋腫、

子宮頸ガン、歯周炎、歯槽膿漏、湿疹、十二指腸ポリープ、しみ、白髪、しわ、痔、じんましん

、頭痛、ぜんそく、前立腺がん、大腸がん術後の予後、蓄膿症、通風、疲れ目、てんかん、

にきび、乳腺繊維腺腫、抜け毛、脳梗塞の後遺症、脳腫瘍、肺炎の後遺症、白内障、鼻茸、

冷え性、鼻炎、肥満、疲労感、吹き出物、不整脈、不妊症、耳鳴り、目の腫瘍、老眼

に効果が認められたそうです。 

 

 

これは、健康の基本中の基本、腸内細菌の餌が、この野菜スープに、たっぷり含まれているのではないでしょうか。

私達は、毎日お食事します、何だかんだとスーパーで食材を買いますが、じつは、不要な毒を買って食べているのかもしれませんね。

なお、この野菜スープには、塩分や酵素が若干弱いと察しますので、「卵醤」も並行して実践されると鬼に金棒かと思います。 

 

どんな体調不良でも超お勧め!

ちなみに我が家の実験では、立石野菜スープだけより卵醤と併用したとき驚きの効果がありました。

立石野菜スープと卵醤の併用で、何十年も諦めていた持病など奇跡的な驚きの効果が得られると思います↓

 

卵醤という驚きの理想的速攻体質改善法

病気は、体内PHが6~5の酸性の人、塩分、ミネラルなどの不足している人に発症していることが分かりました。

酸化状態が限界まで来ると敗血症で死んでしまうため、体を救う為にガンが出来るのです。ガンが出来なければ既に死んでいるので、本当はガンに感謝しないといけないのです。 

 

スーパーやコンビ二の現代の食べ物は、添加物や加工工程が酸化工程であり、毒化(酸化)しています。

何も考えずに食べていれば当然、酸性体質になるのは明らかで、現代は、病気になる社会構造がしっかり出来上がっていると言っても過言ではありません。

人間は、アルカリ性体質(PH7,3)を保持することが健康の重要なポイントなのです。

ちなみに、製薬類は酸性ですので、一時的表面効果はあるかもしれませんが、当然体全体では酸性に傾き、次第に病んでいくことになります。 

 

最も私達の体を知らない間に酸化させてしまう最悪の物質は、添加物だらけの食品もそうですが、ワクチンや予防接種に組み込まれた強烈な毒物(過酸化物質)でしょう。

病気にならないためには、こうした体を酸化させてしまうものを極力体に入れないことが最も大切です。

酸化されるとどうなるかといいますと、細胞内にある私達の体を動かしているミトコンドリアが瀕死しているのです。

 

健康とは、ズバリ!「ミトコンドリア」、ミトコンドリアの活性、それだけです。

弱アルカリ状態はミトコンドリアが大好きですから正常に働きますので、病気が治るという単純な仕掛けなのです。

つまり、ミトコンドリアの大好きなことをして、大嫌いなことをしなければいいのです。