玄米酪酸菌・乳酸菌を作って、ぜいたくな豆乳ヨーグルトを飲みましょう。



酪酸菌

酪酸菌は増殖の際に酪酸・酢酸・プロピオン酸などの有機酸を作る腐敗防止細菌です。

酪酸菌は100℃にも耐えうる胞子(芽胞)を形成し増殖が出来ない場所、例えば強酸・強アルカリ、或いは乾燥条件下にて活動を停止(休眠)し、環境が良くなると改めて生育を開始します。そのためヒトの腸内に生きたまま届くことができます。

 

酪酸菌はビフィズス菌、乳酸菌の発育を助ける働きをもっています。酪酸菌はヒトにとって必要な有機酸を作ります。

ストレスを受けたり、腸の中に住む微生物のバランスが崩れるとおなかをこわしてしまいます。このとき非揮発性脂肪酸(コハク酸など)が増えています。しかし酪酸や酢酸、或いはプロピオン酸などは腸の粘膜を修復して健康な状態に戻す働きがあるのです。酪酸は粘膜の傷を修復し、小腸の繊毛運動を活性化する働きが確認されています。

 

がん細胞の発育を抑制したり、クローン病とか潰瘍性大腸炎になるとこの酪酸菌が減少するといわれています。腸内細菌の世界では注目を集めています。腸内細菌の善玉菌には乳酸菌、ビフィズス菌、と並ぶ善玉菌で酪酸菌があり、その働きは悪玉菌を減らす乳酸菌をパワーアップさせる働きがあります。

 

酪酸菌は、一般的におよそ10億個あるといわれています。 酪酸菌は食物繊維を餌に増える性質があるため、普段から食物繊維を多く摂取する食生活をすることで増やす事ができます。

 

<乳酸菌>

乳酸菌は、腸内の環境を良くするために欠かせない善玉菌の一種で、腸の中で糖を分解して乳酸を作り、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしたり、

栄養素の吸収を円滑にする働きがあります。

また、善玉菌が増えることで腸内環境を悪くする悪玉菌を減らすほか、便秘によって起こる肌荒れを改善するので、美肌効果も期待できます。

腸には約6割にあたる免疫細胞が集中しており、腸内環境を整えることは免疫細胞を活性化させて免疫力をアップすることにもつながります。

 

乳酸菌は、動物性乳酸菌植物性乳酸菌に分けられます。

植物性乳酸菌は、野菜や豆、米や麦などの植物素材を発酵させる乳酸菌のこと。 日本では漬物や味噌、米の発酵食品など、さまざまな食品に

生育しています。

植物性乳酸菌は、伝統の発酵食品をつくる大切な乳酸菌です。 

牛乳などに棲む動物性乳酸菌が栄養過多な環境で暮らすのとはちがって、植物の上に生息するので、栄養不足などの過酷な環境にも耐えられ、

他の微生物と共存できる生命力の強さを持っています。

一方、発酵した「乳」に生育するものは動物性乳酸菌と呼び、それぞれ区別しています。

 

動物性乳酸菌は、腸に届くまでの間に、ほとんどが死滅してしまいます。これは、胃酸や腸液などが乳酸菌を殺してしまうことに原因があります。

これに対して、植物性酪酸菌・乳酸菌は胃酸や温度の変化で死滅することなく、腸内にまで届くことができるのです。

 

酪酸菌、乳酸菌について、詳しい情報はこちらで確認してください。

 


植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌のつくり方


< 玄米酪酸菌・乳酸菌のレシピ >

 ・無農薬玄米       1.3合

 ・天然水        2,000cc

 ・天然粗塩       20g

 ・黒砂糖         60g

 

  1.2リットルのペットボトルに、水 500ccと玄米 1.合を入れ、1日常温(ひなた)で放置。 

    *24時間浸した水の中では十分な量の乳酸菌が増殖します。

  2.塩 20gと残りの水 1500ccを入れ、2日間常温(ひなた)で放置。

    *玄米培養液は溶け出したデンプン等のために白く濁っています。

    *ボトルいっぱいになるまで 水をいれてください。玄米を入れたので、水は余ります。

    (黒糖を入れるすきまも残してください。)

    *時々キャップを開けて攪拌し、ガス抜きをします。

  3.黒糖60gを入れ、5~7日間常温(ひなた)で放置。

    *よく攪拌して黒糖を完全に溶かします。酵母は予想していた通り種類が多いようです。

      桿形のものがかなりの割合を占めています。

    *黒糖を入れてから2日後(玄米を浸漬してから4日後)に 、酵母も酪酸菌、乳酸菌も大増殖しています。

    *時々キャップを開けて、ガス抜きをします。

    *5日後から発泡が激しくなってきました。ペットボトルを振って攪拌すると泡が噴出しそうになります。

      ふたをゆるめにして発生する二酸化炭素を外に逃がすようにします。

    *6日後、酪酸菌、乳酸菌の数が驚異的に増えています。

    1週間~10日で玄米酪酸菌・乳酸菌液は完成とみてよいと思います。

    完成した後も玄米乳酸菌液は発泡をし続けるため、蓋をきつく閉めたままだと蓋を開けたときに噴出してしまう恐れがあります。

    冷蔵庫に入れて、発酵のスピードを落とします。

    できあがった酪酸菌・乳酸菌は、新しいペットボトルに入れて、冷蔵庫で保管してください。

      残った玄米は、炒り玄米に、鳥の餌に、玄米ご飯・おかゆ(小豆粥)として炊く、清掃用の乳酸菌をつくるなど有効活用

     してください。

 

    約8日間で、旬(ときめき)亭オリジナルのぜいたくな植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌2リットル、[不老長寿ドリンク]の

    出来上がりです。 

    植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌をストレートで、お茶・お水代わりに飲んでください。 

    (朝一番、昼間、就寝前などに50cc程度を)

    ★植物性の玄米乳酸菌を飲むことで腸が快調になるだけでなく、飲み込む前に口の中でくちゅくちゅすれば、

     口内炎、歯周病への対策として効果を期待できます。  

      さらに、アトピー性皮膚炎でお困りの方は玄米酪酸菌・乳酸菌を肌に塗ってください。

      お風呂に入れても良いです。かかとなどの肌荒れに効果を実感できます。

     加齢臭対策としても有効です。

    


粟国の塩 500g
粟国の塩 500g
波照間黒砂糖ブロック 300g×6袋
波照間黒砂糖ブロック 300g×6袋
岐阜・養老 天然水 (2L×6本) ×2箱
岐阜・養老 天然水 (2L×6本) ×2箱



水キムチ

野菜を切って塩味をつけた酪酸菌・乳酸菌に漬け込むだけ。

1時間で、爽やかな水キムチが出来る。

 

動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌は、

腸まで届く確率が高いと言われているので夏にはピッタリ!

 

 



今、ひそかなブームと成っている「玄米酪酸菌・乳酸菌」、これを飲むことで、自然に体内のSTAP細胞を活性化し、細胞の再生化が活発になります。

岡山大学医学部の研究によれば、腸内微生物から酪酸菌・乳酸菌が消えると、人間(とくに老人)は死亡するというのです。

このことから人間の健康にとって、酪酸菌・乳酸菌は絶対に必要だということがわかります。

人体五臓六腑の掃除は、この酪酸菌・乳酸菌がやってくれるのです。腐敗菌も病原菌も即死させてくれます。

玄米で酪酸菌・乳酸菌をつくることができるのは、玄米の皮(米の籾)に酪酸菌、乳酸菌が含まれているからです。米の籾には、酵母や麹も共生しているので、

これらの相乗効果によって雑菌などの侵入を防いでくれます。

 

何が一番まずいかというと、STAP細胞の初期化に玄米乳酸菌が大きく関わっているという事実。

これこそが、最も知られたくなかったものだと思われます。

STAP細胞は、弱酸性の液につけて刺激を与えると、その細胞は初期化して、どの細胞にも成り得るといった、まさに、世紀の大発見であった訳ですが、

しかし、一番の核心部分は、細胞と乳酸菌の組み合わせにあった可能性があります。

つまり、世界に最も知られてはならない秘密だった可能性。

初期化という言葉で、パソコンのトラブルが頭に浮かびました。

パソコンが、ウィルスに感染して暴走し始めると、大変困るので初期化する為のディスクが用意されています。それで、元の正常な状態に復帰出来る訳です。

これと同じ理屈で、ガン化した細胞を初期化して、元の健康な細胞に戻せるのなら、これは大変なことです。

世界のガン治療は、抗がん剤を含めて何百兆円産業、潰されるのは、火をみるより明らかではないでしょうか。



◇玄米酪酸菌・乳酸菌を使った豆乳ヨーグルトのつくり方


ヨーグルトとはに乳酸菌を混ぜて発酵させた発酵食品なので、

豆乳に植物性の玄米酪酸菌・乳酸菌を加えてつくった玄米酪酸菌・乳酸菌豆乳ヨーグルトは、一般的なヨーグルトではありません。

また、自家製だからこそ玄米酪酸菌・乳酸菌の割合が20%とぜいたくに酪酸菌、乳酸菌を使用します。だから腸の調子が本当に快調(快腸)になるのです。

 

< 玄米酪酸菌・乳酸菌豆乳ヨーグルトのレシピ >

 ・無調整豆乳    1000cc (1パック)

   遺伝子組み換え大豆を使用していないことを確認してください。

 玄米酪酸菌・乳酸菌    250cc  (常温に戻してください)

 

1.2リットルのペットボトルに玄米酪酸菌・乳酸菌250ccと豆乳1000ccを入れて、

  泡ができないようにゆっくり、よく混ぜます。

2.8~18時間、常温で暗くして(袋をかぶせる)放置。  

  *冬場は、15度程度のお湯で湯せん、もしくは湯沸かしポット[保温]近くに置いてください。

   時々味見をしてゆっくり混ぜる、好みの状態になれば、出来上がり。

  *3~5時間おきに、ゆっくり攪拌(ペットボトルを揺らす)し、キャップを開けてガス抜きをすれば、なめらかな仕上がりに

   なります。

  *乳清が分離しているときは、何度も攪拌して都度ガス抜きをしてください。酸っぱさを軽減できます。

   冷蔵庫で保管してください。

 

  

ヨーグルトの出来具合・味がいまひとつの時は、

 お味噌をブレンドしてドレッシングにしてください。 おいしいですよ。野菜を入れてお漬物をつくることもできます。

 

グリーンスムージーにヨーグルトを

 人参、キャベツ、小松菜、しょうが、りんご ・ ・ プラス 玄米酪酸菌・乳酸菌ヨーグルトで、毎朝グリーンスムージーをどうぞ。

 

 

<< ぜいたくな玄米酪酸菌・乳酸菌豆乳ヨーグルトをつくるポイント >>

紙袋をかぶせて、暗くしてやるとうまくできます。

できるだけ作る量に近い容量の密閉できる蓋付き容器を使うのが成功の秘訣です。

蓋のない容器の場合はラップをするなどしてできるだけ密閉状態が保たれるようにする工夫をしましょう。

 

乳清(水と水溶性の成分)があまりに多くなると水分を失った固形部分の方が軽くなるため、乳清部分の上に固形部分が浮いた状態で完全に分離します。

また、発生した二酸化炭素が多いと溶け込んだ二酸化炭素が水分と結びついて炭酸ができるため、食べたときに炭酸飲料のようなピリピリした舌触りを感じることもあります。

 

容器の上部に空気がたくさんある状態で長く置くと、産膜酵母(産膜性酵母)が増えて、表面に白い膜が張ることがあります。この膜は食べると苦いのでヨーグルトの味を損ねる原因になります。そういう意味でも適切な大きさの容器を選ぶ必要があります。

 

できあがったら冷蔵庫に入れること。

冷蔵庫に入れて発酵を止めます。放置するとすが入ったり、あばた状のでこぼこができて風味が落ちてしまいます。

暖かい環境に長く置くと、過発酵によって気泡が大量に発生し固形部分と乳清とが分離してしまい、その上固形部分がボソボソになって食味が落ちます。

また、冷蔵庫に入れることによって、低温が苦手な産膜酵母の増殖を抑え白い膜の発生を防ぐことができます。

 

豆乳を容器に注いだりするときには、できるだけ泡が立たないように静かにします。

できてしまった泡はスプーンなどを使ってできるだけ取り除きます。泡があると表面にすが入ることがあります。

豆乳と乳酸菌液とが均一になるようによくかき混ぜることが大切です。その際は泡が立たないようにゆっくりと静かに。

 

ボトルがパンパンにふくらんで蓋をゆるめたときに泡が激しく発生するような乳酸菌液は、ふたをゆるめにして気を抜いておかないと炭酸飲料状態(二酸化炭素が多量に溶け込んでいる状態)になっています。

このような状態の乳酸菌液を使ってヨーグルトを作ると発生する気泡のためにあばた状になり、炭酸を含んでいるのでピリピリしたシュワシュワのヨーグルトになります。

 

乳酸菌が乳酸を作る過程では、デンプンや糖を分解する酵素の働きが関係しますので、酵素が働きやすい環境、つまり培養温度が重要な条件になります。

まだ乳酸菌や酵母などの数が少ない培養初期の段階ではこの温度がかなり大事な役割を果たします。

培養がうまくいかない方はそのあたりのことも考えて、できるだけよい温度環境に置くことを心がけて下さい。

初夏~初秋は気温が高いのであまり心配する必要はありませんが、晩秋から春先にかけての気温が低いときにはこの温度管理がとても大切です。

 

困った時は、気軽にメールで問い合わせください。

 

*植物性酪酸菌・乳酸菌を20%も使用した、これこそが本物のヨーグルト!! ぜいたくなSTAP豆乳ヨーグルトの出来上がりです。

 


ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳1L紙パック×12(6×2)本入  ふくれんの豆乳は、クセが少なくて豆乳ヨーグルトに最適です。配送してくれてこの値段はありがたいです。
ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳1L紙パック×12(6×2)本入  ふくれんの豆乳は、クセが少なくて豆乳ヨーグルトに最適です。配送してくれてこの値段はありがたいです。
いきいきペール5型(4.3L) いきいきペールの原料のペレットに抗酸化溶液を吹き付け、それをバケツの形に成形しています。この抗酸化溶液の力によって、いきいきペールは、発酵作用・鮮度保持作用を備えたバケツです。 味噌、塩麹、ぬか漬け、酵素ジュース、ヨーグルトなどの発酵食品が簡単に作れます。 発酵食品づくりに必要な“毎日の手入れ”が週に1、2回でOK。
いきいきペール5型(4.3L) いきいきペールの原料のペレットに抗酸化溶液を吹き付け、それをバケツの形に成形しています。この抗酸化溶液の力によって、いきいきペールは、発酵作用・鮮度保持作用を備えたバケツです。 味噌、塩麹、ぬか漬け、酵素ジュース、ヨーグルトなどの発酵食品が簡単に作れます。 発酵食品づくりに必要な“毎日の手入れ”が週に1、2回でOK。


玄米乳酸菌発酵 甘酒豆乳ヨーグルト


夏の季語にも使われており夏バテや疲労回復に効果のある飲み物だったんです。甘酒に含まれる栄養は実に豊富で、別名「飲む点滴」と言われているんですよ!

 

甘酒の麹には、葉酸などのビタミン、ダイエット中に不足とされるブドウ糖が豊富にふくまれていて、脳のエネルギー不足を防ぐための効果があります。

ダイエット中のストレスを甘いお菓子で解消は危険。甘酒にはまったく砂糖は使われていないのに、ほんのり自然な甘みがあるためストレス防止につながります。

 

玄米乳酸菌豆乳ヨーグルトにふくまれている乳酸菌の働きの活発を良くしてくれるオリゴ糖や整腸作用を促す食物繊維で、便秘の予防改善に効果的!

甘酒には、シミのもととなる過剰なメラニン生成をおさえるコウジ酸が豊富!

 

私たちのお腹の中には「乳酸菌」をはじめとするたくさんの腸内細菌が住んでいるのですが、重さにすると1kgにもなるとか。

「乳酸菌」は、体にとって良い働きをする「善玉菌」とよばれます。乳糖などの糖類を栄養源にして酸を作り出し、これらの酸が腸を刺激することで便秘予防などに効果が期待できます。

 

腸の調子が良くなれば腸の運動量が増えることになるので、基礎代謝量アップにもなり、痩せ体質にもつながるというわけです。

 

「玄米乳酸菌発酵甘酒」と「玄米乳酸菌豆乳ヨーグルト」の組み合わせがいいのでしょう。その秘密は、どちらも「発酵食品」であること!

発酵食品を摂ると、腸内に善玉菌と言われる良質な菌を増やしてくれるので、腸内環境が整い、

・代謝アップ

・お通じがよくなる

・余分な脂肪を溜め込みにくくなる

・ぽっこりお腹が解消される

など、さまざまな効果があります。

 

ヨーグルトにも甘酒にも、素晴らしい効果があることがお分かりいただけたと思いますが、じつは発酵食品は複数組み合わせて摂る方が菌どうしの相乗効果により、整腸効果が高まるんだそうです。

 

玄米乳酸菌発酵甘酒豆乳ヨーグルトのつくり方>

 玄米乳酸菌発酵甘酒 50cc と 玄米乳酸菌豆乳ヨーグルト 50cc をブレンドして、飲む。

 最適なオリジナル配合は、飲みながら適宜設定する。  適当に!

 


いきいきペール5型(4.3L) いきいきペールの原料のペレットに抗酸化溶液を吹き付け、それをバケツの形に成形しています。この抗酸化溶液の力によって、いきいきペールは、発酵作用・鮮度保持作用を備えたバケツです。 味噌、塩麹、ぬか漬け、酵素ジュース、ヨーグルトなどの発酵食品が簡単に作れます。 発酵食品づくりに必要な“毎日の手入れ”が週に1〜2回でOK。
いきいきペール5型(4.3L) いきいきペールの原料のペレットに抗酸化溶液を吹き付け、それをバケツの形に成形しています。この抗酸化溶液の力によって、いきいきペールは、発酵作用・鮮度保持作用を備えたバケツです。 味噌、塩麹、ぬか漬け、酵素ジュース、ヨーグルトなどの発酵食品が簡単に作れます。 発酵食品づくりに必要な“毎日の手入れ”が週に1〜2回でOK。
ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳1L紙パック×12(6×2)本入  ふくれんの豆乳は、クセが少なくて豆乳ヨーグルトに最適です。配送してくれてこの値段はありがたいです。
ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳1L紙パック×12(6×2)本入  ふくれんの豆乳は、クセが少なくて豆乳ヨーグルトに最適です。配送してくれてこの値段はありがたいです。




味噌ヨーグルト床漬物


味噌とヨーグルトという東西の発酵食品の王者を使った“糠漬け風”の漬物が人気です。

“ヨーグルト床”を育てる必要がなく、浅漬け感覚で作れるのに、味は本格的。

密閉式の食品用保存袋を使えば、少なめの味噌ヨーグルトで漬け込むことが可能です。手軽に作れるので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

【作り方】

1. きゅうりなどの野菜は水洗いして、水分を拭き取っておく。

2. ヨーグルトと味噌を密閉式の食品用保存袋に入れ、よく混ぜる。

3. 1を2に入れ、袋の中の空気を抜く。冷蔵庫に入れ、1日〜2日漬ける。

4. 3から野菜だけ取り出し、さっと水洗いして食べやすい大きさに切る。

 

 

オススメ食材

きゅうりやなす、かぶなど糠漬けの定番野菜はもちろん、パプリカやタケノコ、

モッツァレラチーズも美味! 

肉や魚を1晩漬け込むと、肉質が柔らかくなり、臭みもなくなります。焼く前に、味噌ヨーグルトは軽く落としましょう。

(注:一度肉や魚を漬けた味噌ヨーグルト床は生食する漬物には使えません)

 

 

ヨーグルト床は捨てない!

ヨーグルト床は1回使い切りではありません。

野菜から出た水分で水っぽくなってしまった場合は、ヨーグルトと味噌を足すなどして、2~3回は使えます。

また、ドレッシングのベースや味噌汁の隠し味としても。

 



米ぬか乳酸菌培養・豆乳ヨーグルト                         京都自然療法研究会


米ぬか乳酸菌の培養

【基本材料】

水(500ml)

米ぬか 大さじ1

米粉  小さじ1(片栗粉でもOK)

塩   小さじ1(荒塩の方が良)

砂糖  大さじ1(黒糖の方が良)

 

【作り方】

上記の材料をペットボトルに全て入れます

材料を全て入れた後は、できるだけ頻繁に(日に最低は2~3度)ボトルを振って攪拌するようにして下さい

育ち盛りの乳酸菌は炭酸ガスの泡を沢山出すので、2日目位から蓋を開けると「プシュ~っ!」と言います

4~5日ほどで使用できる乳酸菌となります

 

【注意点】

2リットルのペットボトルで作る場合は、この4倍の材料で作ればOKです

米ぬかの代わりに「米の一番とぎ汁」を使う場合は米粉は不要となります

(米ぬかには米デンプンがほとんど含まれていないので、それを補う為に米粉=デンプンを少し入れると乳酸菌が活性化しやすくなります)

米粉や片栗粉が無い場合は、米粒を小さじ1杯分、ペットボトルにそのまま入れてもOKです

砂糖は培養開始から2~3日後に入れるのが正式の作り方ですが、面倒ですので最初から入れても問題はありません

 

気温が高いと早く完成します(4~5日)が、気温が低いと一週間以上かかることもあります

寒いときはホットカーペットやこたつ、窓際など比較的温度が高く保てる場所に置いて下さい

もし完成した乳酸菌をそれ以上活性化させたく無い場合には、寒い所=冷蔵庫で保管すると菌の培養がストップします

(ただ、菌の繁殖がストップすると菌自体の効能も少し弱まりますので、その点はご了承ください)

 

一度完成した乳酸菌は「餌=砂糖&塩」を加えて「培養」をしてあげると、倍々に増えていきます

故に、例えば1リットルの乳酸菌が完成した場合、半分を使用分として取り分け、半分(500ml)をペットボトルに残します

そこに「水(500ml)と砂糖(大1)と塩(小1)」を加えると3~4日後には1リットルの乳酸菌が完成します

 

【乳酸菌の使い道】

1・豆乳ヨーグルトの材料(以下に作り方を掲載)

2・霧吹きに入れて噴射し、その霧を吸う

 ※体内の(肺に吸い込んだ)放射能物質を排出する効果があるとしてこの乳酸菌は有名になりました

3・シャンプーの後に髪の毛に塗る

4・風呂に入れる(肌からの浸透&バスタブの湯垢落とし効果)

5・食器洗い(桶に食器と一緒に入れておくと、それだけで汚れが分解され易くなる)

6・そのまま飲む(柑橘類の果汁を少し入れると味と香りがよくなります)

 

 

 

 

<豆乳ヨーグルトの作り方>

 

【材料】

豆乳   500ml

乳酸菌  50ml

オリゴ糖 10グラム(食べる際に入れてもOK)

 

【手順】

器(プラスチックのタッパ)は事前に煮沸消毒をしておくこと(水を少しだけ入れて電磁レンジで1分ほど温めるだけでもOK)

上記の材料を器に入れて良く撹拌する

35~38℃の人肌温度で6~9時間程度温める

(このヨーグルトの味が気に入って毎日食べたいと言う方は、ヨーグルトメーカーが市販されていますよ!)

 

【注意点】

豆乳は無調整の豆乳を選びましょう

ヨーグルトが出来上ったら、できるだけ早く冷蔵庫に入れること

(常温のまま放置すると酸っぱくなり、発生する二酸化炭素の影響でひび割れやあばたができて風味が下がります)

 

豆乳対種菌の比は10:1~9:1で、乳酸菌の「元気度」によって固まり具合が違います

各自で「良い塩梅」を見つけて下さい

また、乳酸菌に元気が無いと、ヨーグルトが固まりづらくなりますので、固まりが悪いような場合は、新しく乳酸菌を一から作り直してみて下さい

オリゴ糖は乳酸菌が腸に入った際の「餌」になりますので、食する際には一緒に必ず摂りましょう!

 

 


北海道てんさいオリゴ 1kg 北海道特産の甜菜大根(ビート)より抽出した天然甘味料です。味はすっきりとクセがないため、お砂糖の代わりに色々な用途で使用できます。コーヒーや紅茶への一般的な使用のほか、日頃のお料理にもご利用する方が多く好評です。本品には甜菜由来のラフィノース等オリゴ糖が含まれています。 

北海道てんさいオリゴ 1kg 北海道特産の甜菜大根(ビート)より抽出した天然甘味料です。味はすっきりとクセがないため、お砂糖の代わりに色々な用途で使用できます。コーヒーや紅茶への一般的な使用のほか、日頃のお料理にもご利用する方が多く好評です。本品には甜菜由来のラフィノース等オリゴ糖が含まれています。 

 

原材料はてんさい糖蜜のみです。つまり無添加のてんさいの糖蜜そのものなのです。

精製されたオリゴ糖に何かを混ぜたものではありませんし、オリゴ糖のみの製品でもありません。

てんさいは元々糖蜜に一定量の自然のオリゴ糖を含んでいます。こちらの製品は100g当たりオリゴ糖7.6~12.0g含有とありますから、糖蜜に含まれる自然の含有量と推測できます。

 

「オリゴ糖がたった10%しか入っていない」のではなく、てんさい糖蜜自体に含まれる自然のオリゴ糖が10%前後であるため、「自然のオリゴ糖約10%を含む、てんさい糖蜜シロップなのです」とご理解ください。糖蜜とは、てんさいから糖分を抽出し、ろ過して煮詰めたあと、結晶と糖蜜に分けます。結晶は上白糖、グラニュー糖になり、その残りが糖蜜です。

 

てんさい糖のオリゴ糖はラフィノースで、難消化性オリゴ糖のひとつで、小腸で消化されないため大腸で有効な乳酸菌のエサとなります。オリゴ糖の中でも比較的整腸に向くと言われています。

 

純粋にオリゴ糖のみの製品を探している方は、ラフィノース98%などの粉末を利用されるのがいいと思います。ただしラフィノース自体は甘みが非常に少ないため、甘味料として使用するには不向きである点に注意が必要です。蛇足ですが、オリゴ糖製品の中にはオリゴ糖含有量は50%だけどその他の甘味成分は精製された砂糖や水飴、ハチミツなど多様ですし明らかになっていないものもあります。目的に合ったものを選ぶ必要はあります。

 

こちらは、あくまで自然のてんさいの糖蜜ですので、甘さの加減や使用感もメープルシロップに近いものとイメージすると分かりやすいかと。でもメープルシロップよりもっとクセは少ないです。

 

てんさい糖はGI値も65と低め、また甘さも砂糖やハチミツよりはサラッとしていますが、砂糖に似たクセのない甘味で粘りも少ないため料理に使いやすく、煮物などの照りも自然に出ます。使用料は、普通の白砂糖と同じで問題ありません。(例えば砂糖大さじ1のところはてんさいオリゴ大さじ1に置き換え可能)

 

シロップ状なので料理にも、お菓子(向かないものもあり。後述します)にもヨーグルトやホットケーキ、トーストに掛けるのもOKでとても使いやすいです。白砂糖があまり良くないと言われてこのかた8年、愛用しています。もちろん自然の糖蜜とは言っても砂糖の仲間です。甘みの大半はショ糖なので摂り過ぎれば太りますし血糖値も上がりますが、白砂糖に比べれば良いということです。

 

またてんさいは寒冷地で採れるため、他の甘味料と違い体を温める作用があるのもポイントが高いところ。そして国産品なので遺伝子組み換えの心配もありません。

 

割と万能なこちらの製品ですが、欠点もあります。

やはりシャープな甘さや白さを求めるホイップクリームや繊細なフルーツゼリーなどには独特のコクと色が災いするので、そういうものは割りきって白砂糖を使うようにしていますが、白砂糖は年に10回も使わなくなりました。尚、はちみつ、メープルシロップの代用にも十分使えますが、それぞれの甘さや粘り、香りの違いを楽しんでください。

 




麻炭豆乳ヨーグルト


材料

コズミックヘンプ  大さじ1

無調整豆乳    1リットル

甜菜糖       大さじ5〜8

 

鍋にコズミックヘンプと甜菜糖を入れて泡立て器でまんべんなく混ぜる

無調整豆乳1リットル入れてから火を付け引続き泡立て器で混ぜる

40度になるまで混ぜながら温める

その後、密閉容器に移し暖かい場所に12〜24時間放置する

 

甘さ控えめにしたのでバナナの甘みがいい感じです

もっと甘みがほしい場合は、蜂蜜やメープルシロップをプラスするといいかも!

 

簡単に作れて、毎日のお通じ快調(バナナ一本分…本当にそうなりました)

頭がスッキリし、身体が軽くなっています。

便秘でお悩みの皆様‼️ ぜひお試し下さいませ。

 

コズミックヘンプとは…

 宮古島で大麻(おおあさ)のおがらを炭にしEM菌酵素を混ぜたもので、身体の循環を助けます。

 

 

※EM菌酵素は80種類のハーブ&有用微生物群で生まれ、EM菌酵素の原料は麻の実、古代米、黒豆、黒焼き玄米、ミント月桃、桑の葉、ウイキョウ、レモングラス、にんにくエキス、乳酸菌、酵母菌、光合成細菌、有機酸…など。

 

 


有機 ヘンプパウダー 麻の実 180g 有機麻の実微粉末 カナダ 大豆(きな粉)より多くのたんぱく質が含まれており、お子様からご高齢者までお召し上がりいただけます。豆乳や野菜、フルーツジュースなどに混ぜてお飲みください。シリアルにふりかけたり、お料理やお菓子作りに加えても、おいしくお召し上がりいただけます。トランス脂肪酸フリーで体に有害なトランス脂肪酸は含まれていません。
有機 ヘンプパウダー 麻の実 180g 有機麻の実微粉末 カナダ 大豆(きな粉)より多くのたんぱく質が含まれており、お子様からご高齢者までお召し上がりいただけます。豆乳や野菜、フルーツジュースなどに混ぜてお飲みください。シリアルにふりかけたり、お料理やお菓子作りに加えても、おいしくお召し上がりいただけます。トランス脂肪酸フリーで体に有害なトランス脂肪酸は含まれていません。
Cosmic Hemp(麻炭パウダー) 100g 日本国内では炭に食用としての認可はなく(食用可麻炭を含む)食品添加物(食品添加物リスト332番 木材を炭化して得られたもの製造剤)として認可されています。 食品として召し上がる場合は自己責任にてお願いいたします。 炭のパワーはとてもすごい。様々なものを浄化する力がある。麻で作られた炭はさらにすごい。 そんな神聖な麻炭を、シャンプーやボディーソープ、歯磨き粉に混ぜたり。 入浴剤として使用して、残り湯はお洗濯に使ったり。  お料理やお菓子、スムージー作りにも活
Cosmic Hemp(麻炭パウダー) 100g 日本国内では炭に食用としての認可はなく(食用可麻炭を含む)食品添加物(食品添加物リスト332番 木材を炭化して得られたもの製造剤)として認可されています。 食品として召し上がる場合は自己責任にてお願いいたします。 炭のパワーはとてもすごい。様々なものを浄化する力がある。麻で作られた炭はさらにすごい。 そんな神聖な麻炭を、シャンプーやボディーソープ、歯磨き粉に混ぜたり。 入浴剤として使用して、残り湯はお洗濯に使ったり。 お料理やお菓子、スムージー作りにも活








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放