全身が若返る!効果的な食べ物


私たちは誰でも、暦の生年月日を基準とする「暦年齢」と、

メンタルの機能も含めた健康状態を示す「生物学的年齢(リアルエイジ)」の2種類の「年齢」を持っています。

 

「リアルエイジ」の年齢の若さを保ち、健やかな日々を過ごしませんか。

 

なぜ私たちのカラダは老化してしまうのでしょうか。原因を一つに絞ることはできませんが、「酸化」と「糖化」です。

体内で起こる「酸化」と「糖化」を少しでも抑えることができれば、体の老化の進みを遅らせることが可能なんです。

 

体の酸化

体の中では日々、「活性酸素」という物質が生み出されています。

呼吸から取り込まれた酸素のうち、約2%が活性酸素になるといわれていますが、なにやら人体にとって有害な物質というイメージが先行しています。

 

でも、適量であれば、じつはウイルスなどから細胞を守る役割を担ってくれる有益な物質でもあるんです。   

問題なのは、年齢とともに抗酸化能力(酸化を抑える能力)が減ってきてしまうと、活性酸素が暴走を始めてしまうこと。

活性酸素は目、肌、髪、血管、内臓など、全身の老化を促すので、健康面から見ても美容面から見ても、活性酸素の働きを抑えることが大切なんです。

 

 

体の糖化

酸化が「体をサビつかせる」のに対して、「体をコゲつかせる」として最近、注目されているキーワードが「糖化」です。   

糖化とは、タンパク質や脂質が糖と結びつく現象のこと。

この現象が体内で起こると、「AGE(糖化最終生成物)」という老化物質を作り出します。   

たとえば、ホットケーキを作ったときに、こんがりと焼けて褐色になりますよね。

あの現象も糖化の一例です。ホットケーキに含まれる糖質が、卵や牛乳などのたんぱく質と結びついて、別の物質に性質を変えているんです。   

食物の場合であれば、「こんがりといい香りだなぁ」という感想で済みますが、それが体内で起きるとAGEを作り出して、体の糖化が進行します。

 

AGEは全身の至るところを「コゲつかせる」ので、活性酸素とは別の観点から体を老化させてしまうんです。  

ちなみにAGEが最もできやすいのは、食後1時間。食後30分?1時間で血糖値が上がるのですが、その時に糖化が起こるからです。

糖化を防ぐには、食後血糖値を意識する必要があります。

 

酸化と糖化を防ぐ成分には、どのようなものがあるのでしょうか。酸化の場合は「抗酸化作用の強い成分」です。

ビタミンE、リコピン、ルテイン、メラノイジン、セレンが挙げられます。

糖化の場合は「AGEを下げる成分・脂質や糖質の吸収を抑える成分」で、カテキン、ビタミンB6、食物繊維が効果的といえます。

また、「GI値の低い食べ物」も全般的にAGEを増やさないように働きます。

 

1.ナッツ類

アーモンドやピーナッツ、ヘーゼルナッツなどに多く含まれる「ビタミンE」は、強い抗酸化作用を持つことで知られています。

また、アーモンド、ピーナッツ、くるみ、ピスタチオなどの外皮には、抗酸化作用にすぐれたポリフェノールが含まれていることも注目。

複数の抗酸化成分を含有している点が、ナッツ類のすぐれているところです。

 

2.トマト

トマトに含まれるリコピンも、代表的な抗酸化成分です。

たとえば、同じ抗酸化成分として知られるβカロテンの2倍の抗酸化力があるといわれています。

リコピンは脂質に溶けやすい性質があるので、ドレッシングをかけたり、油を使って調理すると、より吸収率が上がります。

 

3.レモン

抗酸化作用の強いビタミンCを突出して多く含んでいます。じつをいうとビタミンCは、「酸化しやすい」という特徴があります。

そう聞くと体の酸化を促しそうですが、むしろ逆。

体内の活性酸素と積極的にくっついて、自ら酸化し、活性酸素から酸化力を奪ってくれるんです。

 

4.ケール

緑黄色野菜に含まれるルテインは、特に目の抗酸化を促す貴重な成分です。ケールに多く含まれており、目の老化を抑えてくれます。

ケールの味が苦手という人は、同じくルテインを豊富に含有するほうれん草もすすめられますが、ケールの含有量はほうれん草の2倍。

スムージーなどに活用して、ケールを日頃から摂ることがすすめられます。

 

5.黒酢

お酢自体に抗酸化作用を持つクエン酸が含まれていますが、特に黒酢の場合、メラノイジンという強力な抗酸化成分が入っているので、黒酢がおすすめです。

ちなみにクエン酸は、AGEの産出を抑えるという研究結果も報告されているので、黒酢は酸化と糖化の両方に効果的な食べ物といえます。

 

6.魚類

過酸化脂質という有害な物質の生成を抑える体内の働きには、「グルタチオンペルオキシダーゼ」と呼ばれる抗酸化酵素を必要とします。

この酵素を構成する成分のひとつが、ミネラルの一種・セレンです。

セレンはカツオやマグロ、カレイなど魚類に豊富。しかも魚類の脂質はDHAという必須脂肪酸で、血液をきれいにしてくれます。

 

<体の糖化予防に役立つ食べ物>

7.緑茶

緑茶カテキンはAGEを下げてくれるので、食事中、緑茶を一緒に摂ると糖化を防いでくれます。

緑茶カテキンを含有するドリンクでもいいですね。

 

8.ニンニク

糖化は、タンパク質や脂質が糖と結びついて起こります。ビタミンB6(ピリドキサミンリン酸)は、タンパク質と糖の結合を阻止する作用があります。

この成分を多く含むのが、ニンニク。

ニンニクの臭いが気になる人は、同じくビタミンB6が豊富な唐辛子を代用してもよいでしょう。

 

9.きのこ類

食物繊維といえばお通じにいい成分というイメージがありますが、脂質や糖質の吸収を抑える作用にも注目です。

「食べる順番を変える」という食事法がありますが、あれは最初に食物繊維の多い食品を摂ることで、その後のおかず(脂質)や炭水化物(糖質)の吸収を抑えるメリットがあるから。糖化を防ぐためにも、食物繊維たっぷりのきのこ類はおすすめです。

 

10.低GI食品

GI値とは血糖値の上昇の割合を数値化したもので、GI値が低い食べ物ほど食後血糖値を上げづらい性質があります。

糖化と食後血糖値は深く関係しているため、血糖値が上がりにくい低GI食品がすすめられるんです。  

体の糖化を防ぐには、じつは糖質を摂らない方法が最も簡単。

とはいえ、糖質も私たちが生きていくうえで大切な栄養素ですから、GI値を意識した食事を心がけてみましょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-5-19 

 YDM百合ヶ丘ビル 5階


 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放