体の中の悪いものを外に出してくれる炒り玄米


普通の玄米よりも食べやすくて効果もアップ♪美肌づくりやダイエット、デトックスに病気予防。体に嬉しいことだらけの炒り玄米。

玄米にはビタミンやミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。けれども、そのままだと調理に時間がかったり、消化しにくい食べ物なので敬遠される方もいます。

そんな玄米も、炒り玄米にしておけば、お粥や雑炊が短時間で作れるんです。また、調理せずにそのまま食べることもできるので、非常食としても優れています。カリカリと香ばしくって美味しいです!

 

また、玄米は陰性の食べ物のため冷え性の方はあまり食べないほうがよいとも言われています。でも、炒り玄米にすることで陽性になり、体調不良の方でも食べやすい食品になっちゃうんです。さらに、炒り玄米には体の中の不要物質を吸収し外に出す役割もあるので、腸内を綺麗にしてくれます。

そのため便秘改善などに効果があり、体内デトックスやダイエットにもよいと言われています。

 

(1)驚くほどの抗酸化作用があります。

  活性酸素が原因とされる各種の病気、がん・アトピー性皮膚炎・生活習慣病ほか、多々の病理現象の予防・改善にはじまり、

  シミ・ソバカス・シワなど美容上の弊害の除去にも有効なのです。

 

(2)白血球が増えるなど、免疫強化・抗腫瘍作用

 

(3)毒素吸着排泄作用

 

(4)抗菌作用

 

(5)腸内正常化作用。便秘解消にも有効

 

(6)ミネラル効果

 

玄米には抗酸化作用を持つビタミンEがたくさん含まれています。そのため、病気や老化の原因となる「活性酸素」の攻撃から体を守ってくれます。

食物繊維も豊富に含まれているので、便秘解消にもなります。

さらに玄米に含まれるフィチンという物質は、体の中のあらゆる毒とくっついて、体外に排出するはたらきがあります。

シミやソバカス、シワの原因にもなる「活性酸素」とたたかってくれて、便秘解消とデトックスもしてくれる炒り玄米。美容と健康・ダイエットにとってもよさそうですね。

保存食、常備食として置いておきたい炒り玄米。実際に作ってみましょう。

基本の炒り玄米の作り方です。

洗った玄米を炒めるだけでできちゃいます。調理時間も15分程度で簡単ですね。

 

 1 玄米を洗い、水を切る。塩を加えて混ぜる。

 2 玄米を中華鍋にうつし、木べらなどで混ぜながら、中火で10分程度炒る。

 3 3分くらい経つと、パチパチという音がして、玄米がはじけ始める。茶色く色づき始め、香ばしい匂いがしてくる。

 4 パチパチという音がしなくなり、玄米が膨らんで全体が茶色く色づいたら火から下ろす。

 5 粗熱がとれたら、密閉できる容器にうつし、保存する。

 

長期保存が可能なので、保存瓶などに入れておけば気軽に使えます。ちょっと小腹がすいたなぁって時にも、すぐつまめて良いですね。

 

炒り玄米は、そのまま食べても美味しいですが、もちろん普通の玄米と同じようにおかゆやご飯として炊いて食べることもできます。

 

 

<作り方>

◇ご飯としての炊き方

炒り玄米の量に対して、1.5倍の水を入れてください。あとは、普段お米をたくように炊飯器にセットするだけです。

これで、おいしい炒り玄米ご飯が炊けます。

お米の硬さは好みがありますので、2回目以降にご自身で水量を調整すれば、あなただけの炒り玄米ご飯の出来上がりです。

また、最初から炒り玄米だけのご飯に抵抗がある人は、白米と炒り玄米を半分ずつにしてもいいかもしれません。

 

 

◇おかゆにするのもオススメ

食欲がないときや朝ごはんにはおかゆもおすすめです。

作り方は、炒り玄米1合に対して2カップのお水を入れ、蓋をして約20分火にかけてください。

炒り玄米が膨らんできたら、水1/2カップを入れて10分ほど火にかければ完成です。

味が薄いと感じる人は、お好みでトッピングなどで工夫してみてください!

 

 

◇野菜とコトコトスープに

いつものスープに炒り玄米を加えるだけのお手軽スープです。

お好みの野菜を適当な大きさに切り、お鍋に水を加え火にかけてください。

野菜に火が通りはじめたら、炒り玄米をお好みの量だけ加えてください。

 

あとは、コンソメなどお好きな味にするだけです。

モチモチとした炒り玄米の食感がお好きな人は、野菜と一緒に炒り玄米をいれてみてください。

冷蔵庫に余った食材でできるので、もう1品足りないときに大助かりです。

 


玄米の精・ブラックジンガー
玄米の精・ブラックジンガー

「ブラックジンガー 玄米の精 徳用」は、玄米が原料。じっくりと時間をかけたロースト製法で生まれた黒炒り玄米を、15ミクロン・超微粉末の健康嗜好食品にしました。栄養満点の玄米を、コーヒー感覚のライトな味わいと香りでお召しあがりください。ビタミンEやミネラルも豊富。健康や美容を求められる方に、ノンカフェインなので1日何杯でも召し上がっていただけます。ホットでもアイスでもOK!アイスクリームのトッピングにもぴったりです。120gファミリータイプ。玄米とは米の外側のモミ殻を取り除いたものです。「完全食」といわれるようにビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含み特にビタミンB1,B2,B6,B12,パントテン酸,葉酸などB群の豊富なのが特長です。

リブレフラワー(ブラウン) 500g
     リブレフラワー(ブラウン) 500g

リブレフラワーは、シガリオが独自に開発したホロニックステクノロジー(特殊製法)によって、玄米を高熱焙煎し、25ミクロンという微粒末化していますので、そのまま飲食することが出来ます。

消化がよく、少量(10g~30g)で簡単に、玄米食が出来ます。

お湯、豆乳、牛乳に混ぜて、ヨーグルト、スープやシチューに、パンやクッキー等お菓子つくりに、その他料理の素材として、離乳食から、高齢者の介護食まで幅広く多目的にご利用ください。

小豆全粒粉 あずきーの
 小豆全粒粉 あずきーの

国内産100%の小豆ローストパウダー 「あずきーの」は国内産の小豆を100%使用。弊社の特殊製法「ホロニックス・テクノロジー」により、小豆の微量成分を破壊することなく高熱焙煎し、25ミクロンの微粉末化に成功した健康食品です。小豆のラジカルな有用成分を活性化させ、ほのかな甘みと香ばしさを加えました。お料理にもそのまま使えるローストパウダーです。あずきは、タンパク質、鉄分、亜鉛、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、B2、B6、葉酸、プロビタミンC、イソフラボン、サポニン、ポリフェノール、必須アミノ酸、食物繊維など、女性に嬉しい栄養たっぷり、それらを手軽にとれて便利ですね。毎日小さじ一杯を飲んでますが痛いほどのムクミが無くなってきました。玄米粉に混ぜてお湯で溶いて食べたり羅漢果糖と一緒にお湯で溶いて飲んだりしています。炊きたてのご飯に混ぜて赤飯にもなります。赤飯は とても美味しかった。米麹の甘酒(ザルでお米を濾したもの)にこのあずき―のを入れて、お汁粉風にして飲む事です!



玄米スープ                            IN YOU


あらゆる不調時に飲みたい万能スープ!手作り常備薬&飲む点滴「玄米スープ」

 

暑い時についつい口にしてしまう冷たいビールやアイスクリーム。とっても美味しいですよね。ですが、そろそろ胃腸もお疲れ気味ではありませんか。

食欲がない、なんとなくお腹がおかしい、頭痛がする   これは身体からのSOS。

「ちょっとお休みしたい」という身体からのメッセージではないでしょうか。

 

玄米スープはあらゆる不調を解消してくれる、生命のエキス

玄米スープとは、炒った玄米を煮出して漉しただけの簡単なもの。これが弱った身体にスーッと染み込み、あらゆる不調を改善してくれる優れものです。

どんなに玄米が優れていても、噛めなかったり胃腸が弱っていると上手く吸収できません。

吸収できないものはいくら摂っても身体の負担でしかないのです。

 

母乳さえ受け付けない身体が吸収した魔法のスープ

知人の子供が口にしたものを全て吐いてしまい、病院でも原因不明と言われて点滴しかしてもらえず途方に暮れて相談にやってきました。

母乳を飲んでも吐いてしまうので、いつもは丸々として元気いっぱいだった子が痩せてげっそりしています。

子供は味がないと飲んでくれないので、苦肉の策として味付けのためにほんの少しの粉ミルクを玄米スープで溶き冷まして哺乳瓶で与えてみました。

すると、母乳さえ受け付けなかったのにこの玄米スープだけは吐かずに収まったのです。

これには皆びっくり。

改めて玄米の威力を知った出来事です。

 

玄米スープこそ飲む点滴、万能ドリンクとしておすすめ。

健康な時には消化良く炊いた玄米を食べれば問題ありません。ですが、身体が弱った時には玄米を噛んでも吸収できないのです。

噛むことさえ出来ないほど弱ってしまうとどうしても点滴に頼るしかないと思ってしまうものですね。

そんな時、玄米スープにすれば無理なく吸収でき、身体がみるみる生きる力を蘇らせます。

玄米スープこそ飲む点滴にふさわしい万能ドリンクなのです。

 

作り方はとても簡単。炒り玄米さえ用意しておけば、すぐに煮出して飲むことが出来ます。

 

玄米スープの作り方   約1カップ分

<材料>

・無農薬の玄米   大さじ1

・水     1カップ

・塩      少々

 

<作り方>

1.玄米を弱火で香ばしくきつね色になるまでゆっくり炒る。

2.鍋に炒り玄米と水を入れ中火にかける。

3.沸騰したら弱火にし、10分煮出して塩を加えすぐに濾す。

 

炒り玄米はある程度の量をまとめて作って保存しておくと便利です。

煮出した後はすぐに濾さないと玄米が水分を吸ってお粥になってしまうので気をつけましょう。

体調不良の時ばかりではなく、母乳が足りない時の補いとして、また子猫や子犬のミルクも玄米スープで溶いてあげると元気に育ちます。

また炒り玄米は保存が効き、そのまま食べることが出来るのでおやつや非常食としても役立ちます。

 

白米と一緒に炊き込めば、香ばしい炒り玄米ご飯の出来上がり。

玄米ご飯が苦手な方にも抵抗なく召し上がっていただけます。

スープを取った後の玄米は、捨てずに利用しましょう。

 

<玄米スープの効用>

・食欲不振

・栄養補給

・利尿

・解熱

・吐き気

・胃腸虚弱

・母乳の補いに

・疲労回復

・病中病後の保健飲料として

 

その他、身体のあらゆる症状におすすめします。

子供は玄米スープそのままだと飲みにくいので、りんごジュースと混ぜてもいいですね。

 

吐き気を止める時には

・常温または冷やす

・塩気を強くしない

これがとても大事です。

 

温かいものや塩気は吐き気を誘発しますので、気をつけましょう。これは飲んでもらう方に聞いて冷たいのがいいか常温がいいか判断してくださいね。

ご本人が身体に必要なものをちゃんとわかっているので聞くのが一番です。

くれぐれも嫌がるものを無理に飲ませることのないようにしましょう。

利尿にも塩気を強くしないことがポイントです。

 

これから秋口になると夏場の疲れが一気に出て体調を崩すこともあるかと思います。

そんな時にはお薬や病院に頼る前にぜひ玄米スープをお試しくださいね。

 


宮城県産 有機JAS(無農薬)玄米 たきたて 3kg 天日乾燥米  EM自然農法米 
宮城県産 有機JAS(無農薬)玄米 たきたて 3kg 天日乾燥米 EM自然農法米 


災害時の食事                            江崎 正孝


避難所に避難してもカップ麺や即席食メインになるので、体力気力とも低下する。

 

炒り玄米作っておく事を推奨。 (なるべく無農薬な)

保存が効いて忍者飯とも言われた最強保存食。 実際、アラレ感覚でめっちゃ美味い♡

 

玄米の中にはイノシトールという成分があり、これは肝臓を強めて老廃物を体外に排泄する大切な役目をしてくれる。

フイチン酸はストロンチウムと結合して体内に吸収することなく外に出してしまう性質がある。

 

ストロンチウムは福島第一原発からも”今も放出”されています。

ストロンチウムだけでなく公害物質なども流す働きが強く、梅干と共に食べると、梅干のクエン酸やアミグリンという特殊成分の働きも加わって、公害物質を体の中に残さないで排泄する働きがある。

 

また、ガンマーオリザノールという成分は、神経の働きを強め、自律神経の調節には非常に大切な成分です。自律神経が良く働けば内蔵の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

 

炒り玄米の作り方。  普通に食べるより栄養があるんです!

https://iemo.jp/61009

 

メッチャ良く噛んで食べましょう。災害時は特に。

お腹壊しちゃ行動不能になります。噛んで噛んで消化酵素しっかり出して食べましょう。

 



黒炒り玄米


玄米には栄養源として体に滋養を与えるという働きと、体内の不要なものを排泄するという正反対の働きがあります。

特に玄米をよく炒ってスープにすると、排泄と解毒の働きを格段に高めて免疫力を上げることができます。



陰陽五行で肺・大腸系に良い穀物はイネ=玄米となっていますが、肺と大腸にはリンパ管がたくさん集まっています。

血管が全身に酸素や栄養素を運ぶ上水道とすると、リンパ管は細胞が吐き出した老廃物を処理する下水管に例えることができます。

この下水管にヘドロが沈殿して目詰まりを起こし、リンパ液の循環が悪くなると、水はけが悪くなり水毒がたまっていきます。


肺に水毒がたまった場合は、セキやタン、鼻詰まり、気管支炎、花粉症、喘息などの呼吸器系の症状が出ます。

また大腸に水毒がたまると、しっしんや大腸炎、肌荒れなどが現れます。

さらに全身の水はけが悪くなった場合にはむくみや高血圧、頭痛などの症状が出てきます。


こうした時に玄米を丹念に炒って黒炒りした玄米スープを用いると、リンパ管の大掃除ができます。

がんやリュウマチ、膠原病などの難病といわれる病気もリンパ管の目詰まりにより血液中の老廃物が排泄できないために起こる排泄障害と思われます。

黒炒り玄米スープでこれらの病気が奇跡的に良くなる場合が多いことからも、炒った玄米に抜群の解毒力=還元力があることがわかります。


自然栽培無農薬の玄米を、洗わないで、ゆっくりと、とろ火で一時間半位かけて黒く炒ります。このとき割れたら、外側だけ黒くなって絶対中までは黒くなりません。

少し煙が出たら火を弱め、火加減を調節しながら炒ります。決明子のようにこげ茶色になったら中まで焼けています。

これを米1に水10の割合で30%位に煎じ煮つめると、コーヒーみたいな、苦い、濃いスープになります。

これを熱いところを飲むのですが、熱や風邪、リウマチ、膠原病、ガン、その他の難病などにも、大きな手助けをしてくれます。


細胞に活力をつけますから、難病の方などには大きな助けをすることでしょう。酸素も廻しますから、神経も楽になり、活発に働き出します。

・心臓病、肝臓病、腎臓病、糖尿病、リウマチ、神経痛

・膠原病、冷え性、内臓下垂、ガン

など、治りにくい病気にも大きな助けをしてくれます。


黒炒り玄米



炒り玄米                            江崎 正孝


【災害時の食事】

避難所に避難してもカップ麺や即席食メインになるので、体力気力とも低下する(むしろそう仕向けている)。

炒り玄米作っておく事を推奨(なるべく無農薬な)。

保存が効いて忍者飯とも言われた最強保存食。

 

実際、アラレ感覚でめっちゃ美味い

 

玄米の中にはイノシトールという成分があり、これは肝臓を強めて老廃物を体外に排泄する大切な役目をしてくれる。

フイチン酸はストロンチウムと結合して体内に吸収することなく外に出してしまう性質がある。

ストロンチウムは福島第一原発からも”今も放出”されています。

 

ストロンチウムだけでなく公害物質なども流す働きが強く、梅干と共に食べると、梅干のクエン酸やアミグリンという特殊成分の働きも加わって、公害物質を体の中に残さないで排泄する働きがある。

 

また、ガンマーオリザノールという成分は、神経の働きを強め、自律神経の調節には非常に大切な成分です。

自律神経が良く働けば内蔵の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

 

 

メッチャ良く噛んで食べましょう。災害時は特に。

お腹壊しちゃ行動不能になります。噛んで噛んで消化酵素しっかり出して食べましょう。

 

<深煎り焙煎玄米粉リブレフラワー(ブラウン) >

リブレフラワーは、シガリオが独自に開発したホロニックステクノロジー(特殊製法)によって、玄米を高熱焙煎し、25ミクロンという微粒末化していますので、そのまま飲食することが出来ます。

消化がよく、少量(10g~30g)で簡単に、玄米食が出来ます。

お湯、豆乳、牛乳に混ぜて、ヨーグルト、スープやシチューに、パンやクッキー等お菓子つくりに、その他料理の素材として、離乳食から、高齢者の介護食まで幅広く多目的にご利用ください。  

http://amzn.to/2kmqbiI