ねぎ味噌


免疫力を高める!自然の風邪ぐすり。

 

体がなんとなく不調・・。そんな時ありますよね。

 疲労感がひどい

 風邪気味

 寝れない

 お酒や甘いものを食べすぎた

 体の冷えが気になる

 やる気が出ない

 精神不安定

 運動不足

 疲れがとれない

 

もしかするといま体は「陰性より」になっているかもしれません。中でも体が冷えている、というのは陰性である、わかりやすい兆候。

特に添加物や砂糖、農薬などに囲まれる現代人は、何もしていなくても「陰性」に偏りやすいといえます。

 

陰性の病気としては代表的なもので下記があります。

 乳がん

 虫歯

 貧血

 胃がん

 胃潰瘍

 風邪

 アレルギー全般

 リウマチ

 つ

 

このほかにもいろいろありますが、まずはこうした病気になる前から、なるべく病院にお世話にならないためにも私たち自身で行える「食養生」を実践することが大事。

食養生とは、食事によって命を養うという意味を示しています。

 

私たちの体は日々食べるもので構成されており、基本の食生活が乱れていては、健康になるまでの道は遠いのです。

中でも、免疫力が落ちている陰性よりの人におすすめしたいのが「ねぎ味噌」です。

 腸内環境を整える

 陰性に偏った体のバランスをととのえる

 消化を助ける

 身体を温める

 解毒する

 血流をよくする

 免疫力UP・風邪予防

 

ねぎ味噌は食養生の世界では基本中の基本ともいわれるくらいメジャーな存在ですが改めて、食べると本当においしいんです。

1.おいしい

 とにかくおいしいです。まずはやってみて!

 

2.簡単すぎる

 あまりにも簡単なので、思い立った瞬間にできます。

 

3.身近な材料のみで作れる

 ごく基本的な調味料と野菜のみでできるので、誰でも簡単に今すぐできます。

 

4.日持ちもする

  冷蔵庫で保存可能、20日程度は日持ちしますよ。

 

5.ヘルシー

 何より、日本の伝統食である「発酵食品=味噌」をフル活用するので、多くの日本人の体質に合う可能性が高いですし、健康のみならず美肌にもおすすめだといえます。

 

 

<旬(ときめき)亭のねぎ味噌>

 

材料、調理法

 長ネギ たくさん3,4本

 じゃこ 一袋

 かつおぶし 大きい袋で一袋

 黒ごま 一袋 

 

 ごま油 大さじ4

 

◇以上を、中強火で炒める

 

 みりん 本物でたっぷり

 甜菜糖 味を調える

 味噌  二年熟成の本物 500g

 

◇以上を加えて、水気がなくなるまで、弱火で炒める。

 

このねぎ味噌があれば、お酒の肴に困ることはありません。

 



たっぷりの白ネギの『ねぎ味噌』の紹介です♡(私は青い葉部分を使用)白ご飯がすすみます!!

甘辛い味噌は、おにぎりに入れると本当に美味しい!! 焼き野菜、お豆腐、ふろふき大根、蒟蒻などにも合います! お酒にも合います♪ 冷凍保存も出来ますから、多めに作ってみてね!!

ところで、白ネギ(長ネギ)の青い部分が手に入り、しかも無農薬栽培のものだったら、皆さまはどうしていますか? わが家は、私が捨てることを許しませんので、すき焼き、焼きうどん、スジコン煮、焼鳥、チャーハンなどに使います。 絶対に絶対に捨てないで使ってくださいね!

白い部分以上に栄養価が高い緑黄色野菜で美味しいしですから、絶対に捨ててほしくはありませんので、今回のレシピでは、私は青い部分のみで調理していますが、普通に白い部分で作る場合も調理方法は変わりません♡

 

材料

白ネギ(青い部分がおススメ) 1-2本(約70~200g)

ちりめん雑魚 30g~(お好み量)

ごま油 大さじ1杯

☆合わせ味噌 50g(約大3杯)

☆砂糖 大さじ1杯

☆みりん 大さじ2杯

☆酒 大さじ2杯

☆醤油 小さじ1/2杯

*白ネギは、青い部分も使って下さいね♪

通常市販されている白ネギは、1本が約70~100gです。

 

作り方

白ネギは、きれいに洗って汚れを落とし、小口切りに刻む。

フライパンやお鍋に【ゴマ油と雑魚】を入れて中火で熱し、雑魚がカリッとし始めたら、ネギを加えて強火にし、全体に油を絡めながらしんなりするまで炒める。

ネギがしんなりしてきたら、☆印調味料【味噌、砂糖、みりん、酒、醤油】を加え、水分がなくなるまで炒め煮る。

*後半は味噌が焦げやすくなるので火加減を落とし、混ぜ続けるようにね。

↑味見をして、必要があれば適宜調整してね。

 

水分がほぼ無くなったら完成。

 白ご飯がすすみます!! 焼き野菜、お豆腐、ふろふき大根、蒟蒻などにも合います!お酒にも合います♪



味噌玉  [携帯用味噌汁]                                                    小泉武夫


忙しい朝や、お弁当の時に一杯の味噌汁が欲しいなと思うことはありませんか?カップ入りや、パック入りのインスタント味噌汁はあるけれど、なんだか物足りないんですよね。自分の好きな具を入れて味噌汁を食べてみたい。そんな時には、携帯用味噌汁、味噌玉を作ればいいんです。味噌玉は、一食分の味噌汁を好みの具で作って携帯できる味噌汁のことです。好きな具でいろいろ作っておけば、お湯を注いですぐ食べられて、食事が楽しくなります。

 

【材料】(1食分)

・味噌(白味噌、赤味噌、合わせ味噌などお好みで):15g前後

・鰹節粉またはお好み焼き用削り節粉(鰯、鯖などが原料):適宜

※具材として、ひき割り納豆、切り干し大根、乾燥わかめ、麩、乾燥ねぎ、とろろ昆布などはお好みで。

※その他、食品用ラップ(基本の味噌玉を包む)、アルミカップ(焼き味噌玉にする場合に使用)を用意しておく。

 

作り方】

1./食品用ラップを10cm角ぐらいに切って広げておく。

2./ラップの中心部に味噌15g前後をスプーンですくってのせる(味噌大さじ1は約18gなので、大さじ1弱ぐらいが1食分)。その上に鰹節粉または削り節粉を適宜(多めの方がおいしい)のせる。

3./2の上に具材をのせてラップで包み、巾着状(きんちゃくじょう)にして先をねじり、テープなどで止める。

 

具材はお好みのものを好きな量でアレンジしてください。

具材は乾燥しているものの方が扱いやすく、日持ちもします。また、味噌玉をアルミカップに入れ、トースターで焼き目を付けると、香ばしい味噌汁ができます。その際には、具材の上に味噌をのせるようにしましょう。

食べる際には、味噌玉の冷たさでお湯がぬるくなるので、必ず熱い湯を注いでください。

 

●切り干し大根×揚げ玉

切り干し大根は乾燥したままちぎり、味噌と混ぜ合わせて丸めてからラップにのせる。こうすると味噌の水分で切り干し大根がある程度戻るので、食べる時には柔らかく、切り干しの甘みも加わる。コクを出すために揚げ玉を加える。

切り干しと味噌を混ぜるため、一度に10食分ぐらいをまとめてボウルで混ぜ合わせて作るとよい。

 

●納豆×とろろ昆布

味噌、鰹節粉の上にひき割り納豆と乾燥ねぎをのせ、その上にとろろ昆布をのせる。とろろ昆布で納豆のネバネバと飛び出しを防ぐ。

 

●乾燥わかめ×麩(ふ)

味噌汁の定番。乾燥わかめは、海藻サラダ(乾燥)でも代用できる。ここに揚げ玉を加えてもおいしい。味噌の上には鯖の削り節粉。

 

 

 

お味噌汁の素

えのき、葱、鰹節を野菜の水分だけで炒め、みりん,味噌を加えて、水分がある程度飛ぶまで炒めたら完成。

お味噌汁にする時は、お茶碗にこの素を入れ、お湯を注ぐだけ。

お好みで具を足す。

 

ご飯にのせて、お湯または番茶を注げば、お茶漬けにもなります。

 



味噌玉


味噌:120g

鰹節:小袋1パック

乾燥ワカメ:小さじ山盛り1杯

高野豆腐:10g   ※小さくカットする

あげ:1/3枚    ※フライパン or トースターで焼いて小さくカットする

にんじん:5g    ※ピーラーでスライスする

すりごま:小さじ2杯

 

材料を全て混ぜ合わせ、大さじ山盛り1杯の量をラップで包み、リボンなどで口を閉めれば完成です。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放