QOD (quality of death)                川嶋朗


統合医療で患者さん自身に考えておいてほしいこと、それはQOD(quality of death)です。

 

QODとは死の質です。

 

人間誰しも、自分の人生に満足して死んでいきたい、

まわりの人に

「ありがとう、 先に行って待っているからまた会おうね」と言って死んでいけたら最高だ、と思うでしょう。

 

そういう幸せな死を迎えるためには、どういう生き方をしていけばいいのか、

病気になる前に考えておいてほしいのです。

 

60歳の人がQODを考えるとしましょう。

まずは「何歳まで生きていたいか」を考えます。

「80歳まで生きられればいい」と思うなら、

次に「それじゃあ、残りの20年間は どうやって生きていこうか」と考えます。

 

60代になると、子育てという大仕事もひと段落し、子どものために元気でいる必要がなくなります。

 

多くの人は定年退職を迎え、社会の第一線で活躍する必要もなくなるでしょう。

 

そうなったとき、残りの人生は、何を目的にどうやって過ごすのか、自分なりに考えてみるべきではないでしょうか。

 

ただ漠然と「長生きしたい」というのではなく、

「自分は社会に対して何ができるのか。

 地球に対して何ができるのか。

 自分がこの先生きている意味はいったい何なのか」ということを真剣に考えてほしいのです。

 

自分が生きる意味を考え、自分の役割を十分に果たすことができたら、きっと自分の人生に満足できるでしょう。

 

その人は幸せな最期を迎えられるはずです。

 

子育てに奮闘中のお父さん、定年退職を迎えて第二の人生を歩み始めた熟年世代、

パートナーに先立たれた天涯孤独のお年寄り、

QODは人によっても、年代によっても違ってきます。

 

QODは時と環境によって変わるのが当然であり、自分の状況や条件が変わったら、それに応じて考え直します。

 

たとえば「○○歳まで生きられればいい」と考えていた人がその年齢に達したら、

「この年まで生きられたな。 あと5年くらい生きていようかな」と考え、5年間生きる新たな目標を決めればいいのです。

 

○○歳まで生きる、と人生のエンドポイントを決めておけば、その日までに自分の目標を達成するべく、一生懸命に生きられます。

 

結果として、QOL(quality of life)が上がり、人生の満足度も上がるのです。

 

ですから、QODを考えるのに若すぎるということはありません。

 

むしろ若くて元気なうちに、一度考えておくべきではないでしょうか。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放