鬱病には栄養と腸と首の治療                    石川善光


皆さんは頭痛になれば頭痛薬を飲みますよね。ひどい場合は病院に行くでしょう。

先日も耳鳴り、頭痛、めまい、首の痛みで、相談に来られました。

耳鼻科にいっても異常なし、脳神経科も整形外科もいろいろ検査したけど、原因が分からないということでした。

 

このケース実は凄く多いのです。

何故かというと自律神経が原因なので,検査ではわからないし、該当する科が日本の病院には無いからです。

欧州の病院では自律神経の治療は自然療法科が担当します。

そして、治療法は薬ではありません。

手技療法で行います。その方が治癒率が圧倒的に高いからです。

 

日本ですと残念ながら手技療法の基準が高いレベルとは限らないので気休め程度にしかイメージ出来ないのではないでしょうか。

整体、マッサージ屋さんは多数存在しますが、日本も医療の資格にしてしまえばどんなに薬で治らず苦しんでいる人が助かることかと考えてしまいます。

胃痛や胃腸の不具合に悩む人も多いですよね。

この場合も病院で見てもらっても潰瘍ができているとか、はっきりと原因がわかるケースは10%から20%です。ほとんどは自律神経です。

 

近年鬱病が増えていますが、薬ではまず根治しないです。

周りで鬱病になった人で病院にかかって元通りに社会復帰出来た人っていますか。

元通りに戻ることはかなり難しいことだと思います。

 

何故かというと、簡単に説明します。

鬱病は脳のセロトニンやドーパミンというホルモンが少なくなることによって起こる病気です。

根本的に治すには、薬で症状を抑えていても元には戻りません。

元に戻すためには少なくなってしまったものを増やさなくてはいけません。

 

セロトニンは心の安定ホルモンですが、どこで作られているかというと脳もそうですが大半は腸で作られているのです。

腸で作って脳に運ぶ訳ですから腸の状態が悪ければダメですよね。

また、腸で作る時の原料は特別なアミノ酸です。

食事が悪くてもダメですよね。

仮に食事のアミノ酸、腸の状態も良好だとして、腸で作られたセロトニンが脳まで運ばれるのに首がこっているとどうでしょう。

せっかく腸で作られたセロトニンは首でブロックされてしまい脳に届きにくい訳です。

これは脳神経科も認めています。

 

ということは、食事栄養のこと、腸の状態、首の状態、と精神的なストレス以外にこんな問題が解決されないと解決しない訳です。

これって精神科や診療内科だけでは難しくないでしょうか。

 

それが自然療法科ですと、特殊なアミノ酸は食事指導もそうですが時間がかかってしまうので一気に増やすにはサプリメントをとってもらいます。

それから腸の状態が悪ければ腸の自律神経を改善して、善玉菌を増やす対策と摂ることで改善させます。

さらに,首のブロックを特殊な手技技術で解放してしまいます。

 

自然医学はこうした慢性的な疾患や生活習慣が起因する症状、自律神経のような全身の症状にむいていて,現代医学は救急疾患や重篤な感染症にむいています。

 

先進国では圧倒的に生活習慣病やストレスなどで起こる自律神経の乱れで起こる症状が多いわけですから、当然自然医学の担当です。

 

知人を通じて厚生労働省の方ともお話しさせて頂きました。

自然療法科を日本に作らないと病人は減りませんので、欧米のように作りましょうよと提案しましたが、個人的にはそう思うよ。

でも国は動けないので民間で広めてほしいと言われました。

 

なので、薬漬け病人は増え続けるでしょう。

医療費が上がって働く世代がだんだん少なくなっていく訳ですから年金では当然生活は出来なくなります。

寝たきりが増えれば、介護する人も施設も足りなくなります。

 

年金で生活が出来ない時代になるので,ずっと元気で働く必要があります。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放