高濃度ビタミンC点滴                                     清水 正春


ガン治療として高濃度ビタミンC点滴治療は健康保険が適応されなく治療・検査・処方の全てが自費診療となるのが負担ですが、現状の治療が無効の方や食事療法しても時間が掛かる方に推奨します。

 

先にビタミンC大量投与の歴史ですが、今から48年前にノーべル化学賞・平和賞受賞者のライナス・ポーリング博士(写真)らが、末期がん患者にビタミンCの大量投与が有効であると発表しました。(アメリカ)

しかし、経口投与の高用量ビタミンC内服投与による試験では有効性が立証できませんでした。

彼の死後10年以上を経た2008年、高用量ビタミンCを点滴投与することで、抗ガン作用が出る血中濃度にまで上げることができ、ガン細胞の成長を抑制させる効果が認められました。

 

つまり経口投与では、たとえ高用量でも満足な血中濃度に至らない、ということです。

逆に言えば高濃度ビタミンCの有効性は点滴しかないというものでした。

 

現在世界中の大学での研究で点滴された高濃度のビタミンCは、

作用①として体内で大量の過酸化水素を発生させ、ガン細胞だけを攻撃し、正常な細胞はカタラーゼという酵素により、水と酸素に分解され、無害になる。

 

作用②はHif-1を阻害し、分子標的薬と全く同じ機序で腫瘍栄養血管を細らせてガンを叩くことがわかっています。

 

 

高濃度ビタミンC点滴は抗ガン効果が期待できるだけでなく、従来のガン医療に見られるような免疫力の低下や吐き気、食欲減退などのつらい副作用もありません。

国際人間機能改善センターでは15年間に3万件の治療が実施され、死亡例はなく、副作用は非常に少ないといわれています。

 

注目すべきは、体のだるさ、食欲低下、吐き気、痛み、不眠などが改善し生活の質(QOL)が良くなることです。

 

『実際の治療』

①「高濃度ビタミンC点滴療法」は主にアメリカで研究が進められているガン治療法です。

アメリカ国立衛生研究所が高濃度ビタミンC点滴療法の標準治療法と認可しているリオルダンクリニック(Riordan Clinic)のプロトコル(The Riordan IVC Protocol)を元に日本で実施が始まりました。

 

日本で最初に高濃度ビタミンC点滴療法を導入された、点滴療法の第一人者はFBFの柳澤厚生先生です。

 

②高濃度ビタミンC15gの点滴から開始し、増量して最終的に1回50~75グラム前後を点滴します。

週に2回、3ヶ月間を1クール(単位)とするのが基本です。

 

③「高濃度ビタミンC点滴療法」は代替医療のひとつで、研究段階の治療ですのでガン専門医の全てがこの治療方法を支持しているわけではなく、否定的な意見もあります。

 

④下記の場合に高濃度ビタミンC点滴が推奨になります。

●標準的ガン治療(手術・抗ガン剤・放射線治療など)が無効な場合に

●標準的ガン治療の効果をより高める方法として

●標準的ガン治療の副作用を少なくする方法として

●有効な治療法が確立されていないガン疾患に行う方法として

●副作用でガン治療が継続できない場合に行う方法として

●良好な体調を維持しながらガン治療を継続する方法として

●代替医療を希望される場合に

 

⑤禁忌(きんき)、以下の場合はこの治療ができません。

●末期の心不全、腎機能低下の方は水分やナトリウム過剰によって病状の悪化をきたすことがあります。

●G6PD欠損症の場合は溶血をおこすことがあります。

治療開始まえにG6PD欠損症の検査をお受けになることをお勧めいたします。

 

最後に注意点

①高濃度ビタミンC点滴療法の認定医制度で基礎から学んだ先生を選ぶ事。

②ビタミンCは常温だと酸化します。

日本製は室温保管が普通で、製造から点滴まで冷蔵保管の海外製でないとダメです。

 

 

*ビタミンCのはたらき

 

①抗腫瘍効果(副作用がない)

②免疫力が上がる(リンパ球の活性化)

③コラーゲンが増える(増殖・移転の抑制)

④活性酸素を抑える(抗酸化作用)

⑤毒を体外に出す(キレート作用)

⑥アレルギーを抑える

⑦ウイルスを抑える

⑧炎症を抑える

⑨生活の質が改善

 

 

 

 

 

 

 

http://www.umablo.net/entry/%E9%AB%98%E6%BF%83%E5%BA%A6%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3%EF%BC%A3%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%AB

 

美肌に良いと漠然と知られる、ビタミンC・E。

しかしその効果の多くは、その製造工程で大きな差が生まれる。 

 

高濃度ビタミンCを売りとする、サプリ技術。ビタミンやGSHの効果を倍増させる、リプライセル加工である。  

 

本日はそんなリプライセル加工の、効果と副作用を。イラスト付きで徹底して分かり易く、ご紹介させていただきたい。  

 

この記事をお読みいただくと

一般的な高濃度ビタミンCの効果を、詳しく把握する

リプライセル加工の効果と特徴を、細かく分析する

リプライセルの飲み方や服用条件をしっかり理解する 

 

 

 

 

 

リプライセル(LypriCel)とは

リプライセル(LypriCel)とは、高濃度ビタミンCやリポソームGSH(グルタチオンスルフヒドリル)を販売する、サプリメントの会社名。 

 

その会社が使用するリポソーム化と呼ばれる技術により、従来のビタミンCやリポソームGSHでは達成できなかった、高い体内吸収率が達成されている。

 

そのため、『リプライセル=効果の高いサプリ』のイメージが定着している。 

 

例えば、ビタミンCを例を挙げてみると。

本来このビタミンは、非常に高い美肌・アンチエイジング効果を持つが、その吸収率の低さが、その本来の効果を阻害してる。 

 

そこでリプライセル社は各種ビタミン等をリポソーム化し、その吸収率の低さを克服することを目的とした。

結果として98%という高い吸収力を誇る高濃度ビタミンC等が完成し、それらをリプライセルシリーズとして販売している。 

 

リポソーム化されたビタミンC

そしてリポソーム化された各製品は、吸収率が高いだけでなく各細胞に届く特徴を持っている。

そのため他の同成分の製品より、高い効果が期待できるとされている。 

 

つまりリプライセルとは、サプリ名ではなく会社名。

そのリポソーム化技術が、高い効果を生み出しているのだ。 

 

過去には達成できなかった吸収率を、この会社は可能にする。リポソーム化と呼ばれる技法が、その理由である。

 

 

まずリポゾーム化とは。

これはビタミンCなどを、人体細胞を包む細胞膜と同じ構造の人工カプセル(ナノカプセル)にする技術である。 

 

この技術により、ビタミンCはナノカプセルに包まれたまま細胞膜を通過する。

そして消化管壁から、今までにない高確率で吸収される。

 

 

ビタミンCがナノカプセルというマシーンに乗って、体内に入り込んでいく。

まるで生身で突っ込んで戦死した、過去のビタミンCの仇討ちである。 

 

リポソーム化されたビタミンC

つまり、まずビタミンCを消化管壁を通過しやすい構造(リポゾーム化)にする。

これにより、今までは不十分だった消化管壁での吸収率を高める。 

 

結果として錠剤や粉末のビタミンCでは50%程度の吸収率は、約98%に引き上げられるとされるのだ。(公式発表) 

 

リポソーム化されたビタミンC

 

消化管壁から吸収されたリプライセルは、体内をどんどん進軍していく。

消化管壁→リンパ管→肝臓と辿り着き、最後には体全体に流れる血液に到達する。 

 

そして大切なのは、リプライセルがこの段階でまだリポゾーム化されているということ。

これにより、私たちは一つの恩恵を受けることが出来る。 

 

リポソーム化の隠れたメリット

そしてリポソーム号のお仕事は、細胞膜を通過するだけではない。

彼はここから、優秀な運び屋としての仕事を持つのである。 

 

細胞膜を通過したリボソームは、その中に蓄えた物質(今回はビタミンC)を細胞にしっかりと手渡そうとする。

つまり通過するだけではなく、受け渡しまで行ってくれるのだ。 

 

リポソーム化されたビタミンC

まさに、一流トランスポーター。体に吸収されるだけでは80点、細胞までたどり着いて100点というわけである。 

 

つまりリポソーム化されたビタミンCには、吸収・細胞への受渡しが可能。

そのためリボゾーム化されたビタミンCは、現段階で最強との意見も多い。 

 

しかし、そうは問屋が卸さない。 そこで出てくるのが、高濃度ビタミンC点滴である。

これは医療の現場でも使用されている、効果の高いビタミンCの摂取方法。

ではこの高濃度ビタミンC点滴とは、どの様なものなのだろう。 

 

高濃度ビタミンC点滴とは

高濃度ビタミンC点滴とは。その名の通り、高濃度のビタミンCを血液に直接投与する治療法である。 

 

これは本来、がん治療(がん細胞の消滅)を主目的として始められた治療法。

しかし実際には、がん治療だけではなく倦怠感や不眠症の改善などにも効果があると、韓国医師会の雑誌にも論文が発表されている。 

 

そしてその高いビタミンC作用からニキビ・睡眠質の改善・クスミ・日焼け跡治療などにも大きな成果を挙げている。

美白・アンチエイジング・抗酸化作用に高い効果があるとされ、医師の中でも愛用されている方が非常に多い。 

 

副作用の報告もほとんどなく、ビタミンC特有の摂取量に比例する効果には、多くの期待が持たれている。

今後研究が進むにつれ、浸透する可能性の高い治療法の一つとされている。 

 

素晴らしい。何とお医者様達は、点滴を美肌・健康維持のために使用されているというのだ。 

 

レモンを丸かじりしていたわんぱくな時代とは、訳が違う。ではこの高濃度ビタミンC点滴には、どの様な特徴があるのだろう。 

 

高濃度ビタミンC点滴の特徴

 

血液投与のため、数時間で体感するほどの即効性

メラニンの生成を抑える効果が高く、肌の変化直前でもシミ生成を予防

経口摂取に比べ、血中のビタミンC濃度を20倍~40倍に引き上げる

抗酸化作用による、ガン細胞の発生抑制が研究されている

高濃度の恩恵が大きいため、時に少量からの投与を薦められる

高い免疫力を維持できるため、2週間に一度の投与で良い 

 

素晴らしい。 

 

つまり、高濃度のビタミンCを直接血液に投与することにより。ビタミンC本来の効果を最大化していると考えられる。  

 

口から摂取しても、高確率で排出されてしまうビタミンC。

それを高濃度で血液投与することで、こんな恩恵祭りが開催されるとは。

 

経口摂取でビタミンCを飲み続けていた、うちのお婆ちゃんに申し訳ない。この記事を書き終わったら、速攻電話で教えてあげよう。 

 

高濃度ビタミンC点滴

さらには、美人医師たちもこぞって使用しているとのこと。医師が使用しているなら、高確率で信頼できる。

しかも一人二人の意思ではなく、かなりの規模の様である。この高濃度ビタミンC点滴こそ、彼女たちの麗しい肌の秘訣だったのか。 

 

ビタミンCに関する医学的な見解

実はこのビタミンC。美肌・美容以外にも、様々な効果が臨床的に知られている。

ではここで、ビタミンCへの医学的な見解も見てみよう。医学の世界では、ビタミンCはどう見られているのだろうか。

 

 

ビタミンCの価値を示す文献

 CURING THE INCURABLE” Thomas E. Levy MD JD (ビタミンC臨床家)

 

 

医学文献中のビタミンCの莫大な価値は未確認のままであり、おそらく無視されるかもしれない。

現在の医療におけるビタミンCのほとんどのレビュー文献には、ビタミンCについて行われた独自の研究はほとんど言及されていない。 

 

最適量のビタミンCを定期的に投与することによって、少なくともある程度まで(病気は)低下する。

改善されていない人間の病気や病状は、ほとんどない。患者にすぐに大きなものを与えないという正当な理由は、ほとんどない。

 

(※特定の病気に関するビタミンCの投薬に関する表現)

 

 

この文献でThomas E. Levy MD JD先生は、ビタミンCが数多くの病気を予防・改善すると述べている。

そして同時に、その有用性に多くの方がまだ気が付いていないとも仰っている。 

 

中にはケトジェニックとの組み合わせ効果の話もあり、非常に興味深い。ここでは簡単な説明で留めさせていただくが、是非グーグル翻訳で根性でお読みになっていただきたい。(英語読める方っていいよね) 

 

ビタミンCの豊富な効果は、これから医学においても注目されるだろう。

そしてそれを効率よく摂取する、リプライセル社のリポソーム化技術も一つのスタンダードとなるかもしれない。 

 

もちろんこの文献も、多くのビタミンC臨床の一つに過ぎないだろう。

しかし長年の研究者のご意見は、何かしら大きな本質をとらえているだろう。

 

リポソーム化と高濃度点滴のお話である。

ここではっきりさせよう。 

 

リポソーム化と高濃度点滴ならば、どちらが効果が高いのだろう。

このお悩みを解決しない限り、私は夜しか眠れない。(健康的) 

 

 

 

リプライセルと高濃度点滴の比較 

 

リプライセルと高濃度点滴のそれぞれの売りを、比較してみよう。

一体、どちらがより効果的にビタミンCを吸収できるのだろう。ここからもまた、ビタミンCを例としてお話をさせていただきたい。

 

リプライセル(リポソーム化)の売り

まず、リプライセル社のリポソーム化の場合。

ビタミンCは消化壁をすり抜け、リンパ管→肝臓→血液まで到着する。

そして血液中に流れた後は、リボゾーム化により細胞まで到達する。

つまり血液にもしっかり到着し、そして細胞まで高確率で渡される。ここまでお膳立てされれば、ビタミンCは良いお仕事が出来るだろう。

 

 

高濃度ビタミンC点滴の売り

では次に、高濃度ビタミンC点滴の場合。この場合は血管投与のため、当然ビタミンCは直接血液に届けられる。

そして血中では平均20~40倍のビタミンC濃度に上昇し、ビタミンCの高い抗酸化作用を果たすとされている。 

 

これは、血液に投与されたビタミンCが高濃度のままであるため。

より高い効果を得るために、途中の離脱者を極力少なくする方法なのだ。 

 

 

どちらの方法も、なかなかやりおる。まるで天下一武闘会を観戦する、地元のお爺ちゃんの気分だ。

ただここだけ見ると、高濃度点滴の方が効果がありそうだ。それはやはり、ビタミンCが高濃度処理されているためである。 

 

凝縮されたビタミンCを、血管に直接投与する。主に病院で施行される技術だからこそ、特別な効果を持つのではないだろうか。

しかしこの点にも、リプライセル社の人気の秘密がある。なぜならリプライセル社の各製品も、高濃度を売りにしているからだ。 

 

リプライセル社の各種製品は、一般的なビタミン剤の濃度ではない。

ビタミンCを始めとして、非常に高濃度な製品を取り扱っているのだ。 

 

しかし、どうも腑に落ちない。なんか言葉の響き的に、高濃度点滴の方が凄そうに感じてしまう。

なんだかんだ言って、血液に直接投与する方が凄いに決まっている。絶対点滴の方が、素晴らしいに決まっているのだ。 

 

そんな偏見タップリの私は、カタカタ調べてみた。すると私の頬をぶん殴る、こんな文献を見つけてしまった。

 

リボゾーム化したビタミンCと、高濃度ビタミンC点滴との比較

感染症や様々な疾患の患者にリボソーム化した製剤を経口摂取(口から摂取)した場合の臨床的な効果は、しばしば頸静脈的(点滴)に同じものを投与した場合の効果を凌ぐことがある。 

 

特にビタミンCの場合は劇的である。

リボソーム化したビタミンCの一日5g~10gの経口投与は、点滴で25g~100g投与するよりも明らかに臨床的な効果が高いケースが認められている。

 

参照:http://www.kokorono-clinic.com/wp-content/uploads/20110802_kokorono-clinic_oral_vitamin_c.pdf  

 

 

 

一部の意見では高濃度点滴にも勝る、このリポソーム化技術。

ではこのリポソーム化されたビタミンCを実際に服用すると、一体、どんな効果が期待できるのだろう。

 

 

リポソーム化ビタミンCの効果と評価

 

それはつまり、ビタミンCの体内での働きを最大化すること。ビタミンCが本来持つ、効果そのものと言い換えられるだろう。 

 

ではここで、ビタミンCに期待される一般的な効果を見てみよう。これらの効果こそ、リポソーム化ビタミンCの効果と直結するだろう。

 

 ビタミンCの一般的な効果

吹き出物(大人ニキビ・思春期ニキビ)の予防

小鼻、頬など顔全体の毛穴の減少、縮小

肌色の均一化

肌質の改善、アトピー・アレルギーの改善(皮脂の過剰分泌抑制)

睡眠の質の向上

抗酸化作用によるアンチエイジング

肌のハリ、艶(コラーゲン再合成による)

しみ、そばかすの発生予防(メラニンの生成抑制による)

免疫力の向上による、抵抗力上昇<

疲労回復、慢性疲労の軽減

がん細胞の発生抑制(高濃度ビタミンCの臨床実験による)

 

まぁすごい。これぞ長年、ビタミンCの摂取が促されている理由である。

もしビタミンCがツイッターを始めたら、私は即フォローするだろう。それどころか、ずっとファンでした!などとDMしてしまうかもしれない。 

 

ただこれらは、未だ臨床的に証明された段階である。実際に効果があったかどうか、生の声を聴かなければ意味がない。

 

 

リポソーム化されたビタミンCに対する評価を見てみよう。様々なリポソーム化ビタミンC製品に対する、使用者の生の声である。 

 

リポソーム化ビタミンCに対する評価

 

一般的な高評価

手の甲や肌が白くなったことを実感する

疲れにくくなり、風邪が重症化することが無くなった

週一回の高濃度点滴より、効果を感じた

まずいが効く。シミの色合いが一段階和らいでいる

肌質が改善したため、痒みなどの肌症状が改善した

風邪を引いた時に、いつもより短い時間で改善したと感じる

高価な美肌クリームより、経口接種のこちらの方が体感する

即効性が非常に早く、20分おきに3回飲むと風邪も緩和した

肌の色が一段階明るくなり、内側からの効果を感じる

喫煙をしているが、毛穴が一段階小さくなったのが分かる

仕事のストレスであれていた肌が、きめ細やかに感じる

二日酔いにも効果を感じるため、ウコンなどより期待している

 ※参照元:twitter・各種WEBサイト(一部和訳・要約)  

 

この様に、多くの方が一様にその効果の高さを実感している。これ以上ない技術!と明言する方も、ちらほら拝見する。

そして過剰摂取時にも老廃物として排出されやすい、水溶性のビタミンC。その特性もまた、安心して服用できるメリットに繋がっている。

 

 

では逆に、低評価も拝見してみよう。どんな加工技術にも、何かしらの弱点はあるものだ。 

 

一般的な低評価

一度継続した後に辞めると、元に戻ってしまう

これといった効果を感じず、ただ不味い

毎日2袋、かなり継続しているがほとんど効果は実感できない

想定外のまずさに、飲む以前の問題である

 ※参照元:twitter・各種WEBサイト(一部和訳・要約) 

 

なるほどなるほど。 

 

つまりくそ不味いのだ。 尋常ではないほど不味いとの評価が、軒を連ねているのだ。

しかしそこまで苦痛なほど不味くない、との意見も散見される。そもそも、不味いから効くということもあるだろう。

そして同時に、効果を実感しないという方も散見される。それはビタミンCの効果を体感しづらい、個人の体質も影響しづらいのだ。

 

ただこれは、既にかなりの健康体であるケースもあるかもしれない。

ビタミンCの効果を十分に実感するには、ある程度不健康(表現は悪いが)であることも左右してしまうだろう。

 

これほどまでに効果の高い、リポソーム化ビタミンC。しかし私たちは、何の躊躇もなく服用して良いのだろうか。 

 

ではここからは、その副作用と注意点を見てみよう。

私たちは、良い部分ばかり見てはいけない。それは恋人を顔で判断して、結婚までこぎつけるようなものだろう。

 

 

リポソーム化ビタミンCの副作用と注意点

 これにはビタミンC自体の副作用と加工技術の特徴を加味するべきだろう。 

 

毎日飲んで大丈夫なのか、過剰摂取には問題ないのか。 これらは自然のビタミンCを摂取する際にも、注意すべき点である。 

 

ビタミンCの副作用と危険性

1000mgを超える過剰摂取における、下痢・腹痛

過剰摂取による腎臓への負担(ビタミンの分解作用による負担)

空腹時の過剰摂取による、稀な吐き気

過剰摂取時の腎臓におけるビタミン分解に伴う、尿路結石 

 

なるほど。やはりビタミンCの過剰摂取に関しては、一定の危険を伴う。

まずビタミンCは水溶性のため 、ある程度の過剰摂取は尿として排出される。

しかし腎臓を使用して分解する、という点は考慮しなければならない。 

 

そのため、腎臓系の負担に伴う副作用が、ごく稀に報告されている。

これはリポソーム化された高濃度ビタミンCにも、同じことが言えるだろう。 

 

そして腎臓の持つ機能は、人によって個体差がある。前述の1000mgを過剰摂取値と確定せず、健康診断は必須と言える。 

 

ただ実際には、通常量ではほぼ副作用はないと考えられている。しかし、他のサプリや食品との併用時には十分ご注意が必要だ。 

 

ビタミンを飲んで体を壊すなど、あってはならないお話だろう。

健康のためなら死ねると言った、筋肉芸人の名言がフラッシュバックした瞬間だ。 

 

では次に、リボソーム化された製品の使用上の注意を見てみよう。

これらはとても重要であり、各ビタミンの効果を大きく作用する。是非ともお守りいただきたい、リポソームと私たちとのお約束なのだ。 

 

リポソーム化された製品の注意点

リボゾーム化を分解しないよう、かき混ぜたりお湯で飲まない

消化壁に到達するために、必ず空腹時に服用する(食後3時間以上開ける)

他の食品を追随させないため、服用後15分は何も食べない

ビタミンの分解を防ぐため、冷所・もしくは冷蔵保温をする

高温に弱いため、夏場に注文しない

極めて不味いので、水に入れてつるっと飲むと良い(コツ)

 

これらの多くは、リプライセル製品等の特徴であるリボゾーム化を守るため。高熱と破壊を避け、確実に吸収されるためのテクニックなのだ。 

 

特に管理温度の徹底は、極めて重要。

高温輸送の可能性がある夏場の注文は控えるべきだと、SNS仲間も教えてくれた。海外から輸送が多いリポソーム化製品では、最高重