骨粗しょう症                          吉冨 信長


ビタミンKにはK1、K2、K3があります。私たちが食事から摂取するビタミンKの多くは植物性由来のビタミンK1です。なぜなら、動物性に含まれるのはK2の方ですが、含有量はそんなに多くないからです。

人の体の中ではK1・K2・K3の、どのビタミンKも重要ですが、最近特に注目されるようになったのはK2です。しかしそんなビタミンK2が現代人では慢性的に不足しているという指摘があります。

 

食事からビタミンK1を摂取すると、小腸で吸収される際にK3に変化し、各組織に移行します。各組織にある変換酵素によって最終的にK2にまで代謝されます。※ただし、K1すべてがK2まで変換されるわけではありません。

ビタミンK2はメナキノンと呼ばれます。メナキノン(MK)は実は種類がたくさんあります。たとえば、MK-1、MK-2、MK-3、MK-4、(中略)、MK-14などです。発酵食品に存在する発酵菌はMK-6~MK-14といった長鎖のものを産生します。ちなみに納豆菌が生成するのはMK-7です。

 

このようにビタミンK2(メナキノン)は種類がたくさんありますが、私たちの人体組織の中で多く存在するのはMK-4です。その理由は、たとえMK-1であろうとMK-7であろうとMK-12であろうと、摂取後は最終的にはMK-4にまで変換されるからです。さらに、ビタミンK1でも、先述のようにK3を経てビタミンK2(MK-4)にまで代謝されるからです。

 

ビタミンK2の主な作用は、出血時の血液凝固作用、そして骨の形成の、二つがあります。

骨の形成についてですが、ビタミンK2は、骨の石灰化(=新しい骨を作る)や骨にカルシウムをためる際に必要なタンパク質であるオステオカルシンに作用して骨形成の促進に働きます。しかし、ビタミンK2不足になると、骨粗しょう症になる可能性が高いことが指摘されています。それ以外でも、糖尿病の発症、腎障害、脳卒中促進、環境ホルモン作用が起きることが指摘されています。

 

つまり、ビタミンK2不足がこれらの疾患の隠れた原因となっているわけです。ではなぜビタミンK2が不足してしまうのでしょうか。

摂取不足も考えられますが、最近では、数種の薬(スタチンなど)や、水素添加された油、パーム油、コーン油などの数種の植物油がビタミンKを欠乏にさせている原因ではないかと指摘されているのです(Okuyama,2016)。これらがビタミンK2の作用を阻害し、組織内で不足させ、このような疾患を起こしているということです。外食や加工食品をよく食べる人は注意です。

 

現代人は特に上記の油の摂取量が多いため、当然考えられる話です。まずは、これらを普段の食事から回避していくことが肝心でしょう。そうしてはじめて、ビタミンK食品を意識して摂ることが必要になってきます。ビタミンK食品といえば、まず納豆、紫蘇、パセリ、海藻類、鶏皮などが挙げられます。これらはK1の場合が多いですが、体内でK2に変換されます。

 

まずはビタミンK2を阻害する薬や油を避け、上手に食事から摂取していくことが大切なのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放