飽和脂肪酸                                                         池澤 孝夫


「飽和脂肪酸」は「悪者扱い」されている。

「糖質過多」で「高インスリン状態」になっているために「脂肪酸」が代謝されにくくなっているだけなのに「糖質を控える」どころか、逆に「飽和脂肪酸を控える」ことを推奨している。

「脂っこいものを控え、野菜中心のおかず」というやつだ。

 

また、日本の「栄養指導」は依然として「カロリー神話」をひたすら信じ、専門家だけでなく多くの国民もそれに「盲従」している。

「病院食」は「殺人食」になっていることを猛省すべきなのだが、医師自ら「糖質中毒」に陥ていることに気づいていない。

原点に立ち返り「生化学」「生理学」の基礎を思い出せば、これらの「誤謬」に、すぐにでも気づくはずなのだが・・・。

 

1960年代そして現在でも続くAHAの誤謬

心臓病は慢性炎症が主な原因です。慢性炎症は食事に含まれる過度のオメガ6 (オメガ6対オメガ3のアンバランス)、危険なトランス脂肪酸、加工サラダオイル、過剰な糖分が原因で発生します。

その反対に、飽和脂肪は、心臓病に寄与せず、実際には身体のために極めて重要な燃料源であることが研究によって証明されたので、従来繰り返し免罪されてきました。

 

65年以上の誤謬を認めるのは確かにつらいことであるのは確かです。

認めてしまうと組織の定評に傷が付くからです。

しかし1960年まで時計を戻してみて、バターやココナッツオイルではなくマーガリンやサラダオイルを推奨するAHAは時代遅れであることを自ら証明しています。

 

こうした推奨は私の見解ではプロとして無責任です。

現代栄養科学を前にこれは全く不合理極まりありません。

こうした誤謬によってAHAは組織全体を転覆させずには自己改革できないほど自らを隅に追いやりました。

 

Bulletproof.com創業者のデイブ・アスプレーさんが言う通りです。

「AHAのキャンペーンは、損傷していない飽和脂肪を食事に追加すると気分がよくなることをすでに知っている何百万の人々を前に、裏目に出るだけになっています。

飽和脂肪を取る人は体力の違いを実感でき、それを鏡で見ることができ、さらに、血液検査のデータで確認できるのですから …」

 

実際にはインスリン抵抗性とはいわば体の防衛反応です。

もし抵抗性をもたなければ、取り込まれ続ける脂肪によって細胞はパンクしてしまいます。

抵抗性をもつまでに脂肪が押し込まれた結果、細胞膜には障害や様々な炎症も見られます。

 

細胞膜の炎症がインスリン抵抗性の結果であるのか原因であるのかという問題は、悪いのはインスリン分泌を過剰に刺激する糖質のとりすぎなのか、膜の炎症の原因にされた脂肪の取りすぎなのかという、現在の糖質制限が是か否かをめぐる意見の違いのもっとも重要な点であると個人的には考えていますが、Dr Fungの見解が正しいと信じています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放