食養生への取り組み                      内海 聡


私は糖質制限や先住民食については評価していますが、その一方で和食や食養といわれるものも評価しています。

逆説的にいえば双方に弱点があり、どれもこれも利点と欠点があるととも思っています。

最近は糖質制限が流行りつつあるのですが、日本の古い味付けなども少し見直してみるのはよいかと思います。

 

東洋医学の薬膳でもそうですが、古くから何千年も、さらにいえば世界中で何千年も、体質に応じて食を変えるということをやってきました。

むしろ先住民や孤立系の民族はその逆をやってきて、先住民は健康だったという話になりますが、残念ながらそれをそのまま私たちは真似ることができません。

先住民の食べる肉と私たちの食べる肉は質が違い過ぎるのです。

 

よって双方のいいとこどりをするのが現代的にはベターでしょう。

主義主張や正義じみた観念さえなければ、両方混ぜるのに苦労はしません。

身土不二、一物全体、旬を食べる、などは先住民にも農耕民にも通じる重要なことですが、現代ではそうはいきません。この世界で石塚佐玄の食養を中心にやっていても、アトピーは治らず母乳を飲ませると悪化し、食養理論では正しいはずだがちっとも結果が出ないというのを経験するのはざらです。

 

商品開発者は試行錯誤し料理教室をはじめ、自分たちのアトピーも改善し、料理教室にはアトピーに悩む親子連れの方が多かったそうです。

そこで気付いたことは、家庭料理とは祖母から母、娘へと台所で実践的に継承されるものですが、もはやそれが途絶えようとしていることに強い危機感を感じ、「食」は生命と直結し、生きるうえで最も大切なものなのを忘れてしまっている、という感覚でした。

 

「いただきます」「ごちそうさま」の意味、箸の使い方、日本食とは一体何なのか、和食の利点と欠点とは、体調が悪いから病院に行くのではなく台所のもので手当てする精神、発酵食品の重要性、葛や梅干しや生姜などの不思議な治癒力、などなど私たちはもう一度見直してもよいでしょう。

 

陰と陽が真の意味でバランスが取れるとは、穀類ばかり食べることではなく、動物食と植物食の比率、和食と洋食の比率、狩猟民色と農耕民職の比率が、摂れていくことではないかと私は思っています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放