食文化・食物連鎖                        斉藤 一治


太陽系のあらゆる生物のエネルギー源は、太陽エネルギーです。

しかし、動物は、この太陽エネルギーは直接、摂り込むことはできません。

そこで登場するのが「生産者」としての植物です。

つまり、葉緑素を持つ植物は、太陽エネルギーと二酸化炭素、そして水とで「光合成」を行い、有機物(複合炭水化物)と酸素とを生産いたします。

 

人間も生物ですから、太陽エネルギーを摂りこむためには、生産者である「植物」を摂取しなければなりません。

故に、人間を始めとする動物は「消費者」に過ぎません。

この「消費者」も二つに分かれます。 

「植物」をいただく草食動物。 

もう一つは、この草食動物を食べる肉食動物です。

 

これらの生物が出す排出物や死体を土壌中の「微生物」が「分解者」として分解作業をして、二酸化炭素や水、無機栄養塩を作り出します。

これが「植物」の土壌となります。

これらの「生産者」「消費者」「分解者」から、「大自然界における生産と消費、そして分解の循環」が成立いたします。 

これが基本となり「食物連鎖」と呼ばれています。

 

つまり、葉緑素を持つ「植物」は、その「体内」に、太陽エネルギーを「転換」させた「複合炭水化物」を蓄積させています。

人間は、この「植物」「複合炭水化物」である「穀物や野菜」を食べることでしか、太陽エネルギーを摂りこむことはできません。

一般的には「炭水化物」と呼ばれていますが、正確に言いますと「複合炭水化物」です。 

 

この「複合炭水化物」には、

 ・炭水化物 

 ・粗たん白 

 ・類脂肪 

 ・各種ビタミン 

 ・各種ミネラル などが含有されています。

 

「粗たん白」は、腸内で「腸内細菌」や「酵素」の作用を経て「たん白質」に転換され、

「類脂肪」は、同じような作用を経て「脂肪」に転換されます。

これで、人間に必要な栄養素が腸内で全部、揃います。

 

草食動物である「牛」が牧草だけから、あの大きな体躯を創り上げている「秘密」がここにあります。

牛は大型動物ですが、走る速度は遅く、足の爪も平爪ですから、動く動物を捕獲できません。 

たとえ捕獲しても、あの平らな歯では捕食ができません。

獲物は、スルリと身をかわして逃げ去ります。

ですから、動かない草(植物)を食べます。 

草だけで、あの大きな体(体たんぱく)を作ります。

 

さて、人間はどうでしょう。

走る速度、手の爪、咀嚼する歯、 すべて牛と同じです。

捕獲し捕食できるのは、昆虫くらいです。 

人間も動かない「植物・草」を食べるしかありません。

牛と同じで、人間の「食性」は草食です。

更に、人間の歯の6割は臼歯で穀物を磨り潰すための歯です。 

穀物を主食にするようにできています。

 

さて、脳が大きくなり過ぎた人間は、狩用道具を作り、罠を作り、動物を捕獲することができるようななりました。

これは文化(食文化)。

火を発見利用し、料理道具を作り、料理したものを食べるようになりました。

これは文化(食文化)。

 

植物が成らない寒帯に移動した人間は、代用食として、動物の肉を食べ、動物の乳を飲用するようになりました。

これも文化(食文化)。

 

自然 ( 食性 ) に回帰します。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放