食事法                              内海 聡


世の中に食事法といってもいろいろあるわけですが、実はどの名前のものがどういう方法なのか、まだまだ知らない人がほとんどです。

私にとってどれが正しいとかいうことは言えませんが、基本的なところだけ説明しておきましょう。

私はそれぞれの提唱者ではありませんし、分類したりあっちの食事がいいとかこっちの食事が悪いとか、言っている人の方が小さくて頭悪いと思っていますので。

 

まず糖質制限食というと江部康二氏とか溝口徹氏とかが有名でしょうか。

血糖値を上昇させる糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐのが糖質制限食の考え方とあり、簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージです。

つまり米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものを極力減らすわけです。

その分動物性食品を多くとる必要があります。

ケトジェニックは名前は違いますが基本は同系列ですね。糖質制限することによってケトン体を作りだし、脂肪をエネルギーに変える方法論です。

 

先住民食とはFBFでもある長尾鹿医が命名した方法論ですね。

虫歯にならない方針的方法として編み出されたわけですが、内容的には糖質制限と似ているものの、近代食(砂糖、精製穀物、保存食品、植物性油)を摂らないようにすること、文明的毒物にも留意していること、先住民族の食生活だけをでなく生き方や人生観を模倣しようとする概念があります。

 

原始人食はパレオダイエットとも呼ばれますが、こちらで有名なのは崎谷博征氏でしょうか。

FBFのヨーコアレクサンダーさんも崎谷さんとは古い友人らしいですね。

これも基本は似ているのですが、ほんの少量の芋類を除いて全粒小麦や玄米もとらず、グルテンの毒性を重視し、豆類、砂糖や塩を含む調味料、乳製品、添加物や加工品はとらないことになっています。

アルコールやコーヒーはダメ、調理は火を使ってもOKです。

最近発言内容が変わってきていると聞きますが、さてどうでしょうか。

 

MEC食というのもあります。

これは究極的にいうならミート、エッグ、チーズの三種しか食べないという食事法で、糖質制限というより制限の上の食事療法だと言えるかもしれません。

渡辺信幸氏などが有名なようですね。

糖質制限だと糖類を避ければよいというイメージがあるので、それを変えるための命名法とも言われています。

(糖質制限も動物性食品を多くとることが重要です)

私はこれはあまり推奨しておりませんが、一番の理由は魚が入っていないからです。

 

まごわやさしいは食事療法とは言えないかもしれませんが、日本にあっていると昔から言われてきた食養生法です。

まめ、ごま(種)、わかめ(海藻、やさい、さかな、しいたけ(キノコ類)、いも、を主にして食べる方法です。農耕の食べ方にも合致しており、糖質制限食者は当然ながら評価していない方法だともいえます。

私自身は何でも食べるので、まごわやさしいを否定することはありません。

 

玄米菜食はマクロビオティックに正食として扱われた方法で、一時日本ではすたれましたが逆輸入され根強い人気をもっています。

マクロビといえば石塚佐玄や桜沢如一や東城百合子が有名ですが、マクロビ自体は食事法というより考え方や宗教的な部分が強いと言えるでしょう。

昔はマクロビは動物食を禁じていたわけではないのですが、いつのまにかそうなってしまいました。

私は玄米菜食は日常の食事としてはおススメしていません。

病気の時の一時的な治療食であり、厳格なマクロビで体調を崩している人が多くのいるのは、現場を見れば明らかです。

 

ナチュラルハイジーンと呼ばれる方法論もあります。

フィットフォーライフという本が有名ですが、新鮮な空気と水、食事、十分な睡眠や休養、適度な運動、日光、ストレスマネージメントを六原則とし、人間の特性は果実食であり、午前中は果物のみを食べ生野菜を中心にし、動物性蛋白質は控え精製加工食品は食べない、という方針になっています。

ただし人間の特性が果実食というのは、まったく納得できる場所がないと私は思っています。

 

ローフードと呼ばれるものもあります。

これは簡単にいうと生で食べることを重視した方法論で、酵素が熱で失活することに着目しています。

本質的にいうと肉であれ魚であれ適応できるものですが、現代においては野菜の酵素を重視し農耕草食的なイメージをもっているのは、ナチュラルハイジーンなどの近いと言えるでしょう。

流通技術が進んだ現代だからこそ、着目されるようになった食事法かもしれません。

 

その他にも多くの食事法はあるでしょうが、みなさんがどれを選ぶかは自由だと思います。

ちなみに内海は○○食事法的なものは提唱していないし、基礎は先住民発想と東洋医学発想の融合です。

私のクリニックではすべての患者に対して、オーダーメイドで食事法を指導するので、単一の食事法を用いることなどないからです。

ドクターショッピングやセラピストショッピングをしている人も多いので、単一の食事法で対処できるわけありませんので。

 

とりあえず、あなたがもし病気になっているとしたら、その食事法はすでに間違っていると気付くことはとても重要なことだと思います。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放