食事は投資                                                      吉冨 信長


食や健康の発信をしていると、必ず会って言われるのが「そんなこと言ってたら食べるものがない」、「家族が多いからお金が続かない」というような内容です。

確かに、我が家も食費は家計を圧迫してきました。

 

しかし、私がいつも疑問に思うのは、そういう人に限って少しでも体調が悪いときには病院代や薬代にはいともたやすくお金をかけることです。

ちょっと熱が出た、頭痛がする、ここが痛い、調子が悪いなどで、原因は何かを追及する前に、すぐに病院に出かけ、薬をもらい、それなりのお金を払います。

そして、運が悪ければ、晩年は現代病を患い、多額の費用を病院に貢ぐことになるかもしれません。

 

私は、日々の生活スタイルはすべて未来への投資だと考えています。

本を買って読む、服を選んで買う、質にこだわった食事をする、自然に近い育て方をした食材を買う(=農家さんへの投資)、寝る、笑う、排泄をする、人に会うなど、これらすべて投資だと思えば、多少の足が出ても自分に納得ができます。

 

近代社会・文明は、便利さ・技術・効率の良さなどにより、私たちに豊かな生活を与えてくれました。

その十分すぎるほどの恩恵の中で、時に私たちは考えることや本質的なことを忘れてしまいがちです。

私たちの身体(體)は今まで食べてきたものから出来ています。

文明は人間を物質主義に偏らせてしまうことがあり、中身よりも見た目を重視し、食費を削って物欲の方を満たそうとします。

極端な話、食費を削るために、昼ご飯は上手にやれば1個100円のパンで済ませることができるのです。

しかし、おそらくこれではいつの間にか体に異変が起きることでしょう。

 

毎回物欲を抑えて食費にお金をかけろと言っているのではありません。

食事を投資と考えることで、余計な食品を避け、必要なものや良質なものを選ぶようになり、最終的に体の燃費が良くなれば将来食費も浮くかもしれません。

かりに足が出たとしても、ある程度将来の健康が保障されるのなら、安い買い物かもしれません。

 

私たちの身体は遠い先祖から引き継いだ賜物であり、将来の子孫への良き見本になる必要があるのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放