食事の量と質が運勢と人生を変える              新発見。BLOG


「食」は生きるため生命源であることは誰もが知っていることです。

しかし、食べたい時に食べたいものがある時代です。

真剣に食べる量や中身と日々向き合っている人は少ないでしょう。

 

あなたは食事によって自分の運勢や人生が大きく変わると知ったらどうしますか。

いつの時代でも先人の知恵から学ぶ事ほど為になることはありません。

江戸時代中期に観相学の祖とも言われ、「節食開運説」という現代でも通じる大変重要な説を唱えた水野南北という人物がいました。

 

彼の教えは今の時代だからこそ耳を傾けねばならないことだらけです。

水野南北が唱えた「節食開運説」は実にシンプルかつ的を射ています。

水野南北は、自身の体験と他の多くの人を観てきた経験から少量の食事を心がける人は運が開け、健康になり、吉相な人相となることを悟りました。

 

彼は、大人になるまで不運と度重なる悪事により牢屋に入れられた後、「悪運の相で一年以内に剣難に会い死ぬだろう」と著名な易者に言われ、人生最悪の終わりが来ることを悟ります。

 

易者は彼に「ただし、出家し、1年麦と大豆だけで質素に過ごせば難から逃げられる」と告げます。

彼はそれを忠実に実行し、1年後再びその易者に会うと、すっかり悪運の相が消えていると驚かれます。

 

以後、水野南北は、自身の人生を観相家として多くの人の為に費やし、食の量や質で人生が好転することを広め偉大な観相家へとなっていきました。

 

確かに現代でも成功者に小食な人は多いのです。

1日1食か1日2食で、食べる物も旬の野菜やフルーツを取り入れながらオーガニックな食材をバランス良く量を調節しながら食べています。 

 

成功者ほど常に自分にストイックで、どうしたら最高のパフォーマンスが発揮できるか、病気にならず強い健康体を維持できるかを考えると小食に行き着くんでしょうね。

面白いのは、元々人相が良い(吉相)の人も適量以上の食事や暴飲暴食をしている人は、生涯良い運勢といかなくなると言われており、一方であまり人相が良くない人(まさに若い頃の水野南北のような人)でも、小食であれば運勢は吉へと転じ、晩年になる程運が良くなっていくそうです。

 

つまり、とにかく食の質と小食を心がければ、良い運勢の人生歯車がドンドン加速していくという事です。

健康面において江戸時代では科学的な研究はなかったので、まさに水野南北による研究や経験などから出た結論だったのですが、現代ではその食べない健康法の効果が立証されています。

 

また、小食で空腹を感じる時間を持っている人ほど、集中力アップや質の良い睡眠が取れることも分かってきています。

結果として、心身が健康だと人生を前向きに考え、人相も良くなり運気が上がるのでしょう。

 

 

ヨガに「腹六分目で老いを忘れる」という有名な教えもあります。

どの時代、どの世界でも人類の生命の真理とは、食の量と質が全てということが分かっているのです。

とは言え、早く死んでもいいから美味しいものを毎日いっぱい食べて死にたい!と思っている人もいますし、健康な人生を送りたい、あるいは心身を磨くために小食な生活を送っている人もいます。

 

自分の人生の選択は自分でしかできませんから、どんな食の生き方をしたいかは個人の自由です。

しかし、大事なことは食が自分の運気と限りなく隣り合わせであること。

それを知っているのと知らないのとでは人生が大きく変わるということです。

 

いまの飽食の世の中ではその考えは皆無なんでしょうか、、、

人生は一度きり。

どうせなら良い運勢・幸せな人生を過ごすため、食との関係を注目してみてはいかがでしょうか。

 

食べない健康法   

この「食べない健康法」は一過性の健康ブームやダイエットブームで終えるべくものではなく、人間が追い求めている ”病気にならない健康な体で幸せな一生を終える” ことのできる人類史上で最高の健康法、治療法なんです。

でも絶対に国の推奨医療にはならないわけですね。

 

実はこの食べない健康法というのは古くから行われており、諸外国でも多数取り入れられ、次々と難病患者を救い、現代医療では未だに治せない数々の病気の治療に成功し、効果のある医療として実証されているスーパー治療だったんです。

 

アメリカでも100年以上前から多くの医学博士が研究、医師自身の実践効能証明、多くの臨床効果事例などから、この断食療法を否定できる理由が見つけたくても見つけられないほどの成果が次々とあがったため、医学会も断食療法を自然療法として公式に認めざるを得なくなったという過去がありました。

 

 

また、ドイツ、旧ソ連でも断食療法を提唱する博士が多くの患者を救っており、ドイツのビュヒンゲル博士が残した「断食は、どんな病気をも治す最高の手段である」という名言は有名になりました。

日本でも江戸時代に観相家として知られることとなった水野南北が「食は命なり」と粗食による開運、健康を世に広め、その後明治・大正・昭和と甲田光雄医学博士など著名な医師等が多くの成果と効果を世に知らしめることとなりました。

 

どの国もこれだけの効果が実証されているにもかかわらず世の中では絶対に大衆向けの医療として日の目を見ないんです。

それは世の中の仕組みがそうさせるんですね。

だからこうした事実を知らない人は一生間違った偏った思い込みで医療や健康に対して向き合うことになってしまうんです。

知ってよかった~ と心から感謝です!

 

さて、この石原先生の話に戻りますが、スイスの自然療法病院で有名なベンナー病院で勉強され、現代医学との決別をし、日本で人参ジュースを取り入れた独自の断食療法を推し進めて行かれた「本物の先生」です。

その先生が影響を受けたベンナー病院というのは、肉、牛乳などを断ち、人参ジュースと自然な食物(野菜、果物等)等の生きた食物だけを用いた食事療法と鍼灸などの自然療法を組み合わせた独自療法でがん患者や数々の難病患者を治しているんだそうす。    

 

西洋の現代医学は全て取り入れずに大きな成果を上げているらしい。

でも「なんで断食と人参ジュースでそれほどまで劇的な変化を遂げるのか」という素朴な疑問が湧いたのですが、調べたら全て納得のいくものでした。

断食による体内変化サイクルはこんな感じみたいです。

 

ー断食をするといつも飽食で胃腸の活動が活発だった体が排泄活動だけに集中する

 

ーすると排泄物、要はうんち、おしっこをはじめ体の解毒がはじまる

 

ー解毒が行われるので血液がきれいになり、体液の流れが良くなる

 

ーそうすると栄養が全身に行き渡り、同時に負担が減っているすべての体の重要器官である臓器にも栄養がいき届くので、

 どんどん元気を取り戻し若返ってくる

 

ー必然的に体全体の老化現象や不調も元気さを取り戻し、シワ、シミの消失、体重減少、視力の回復、血圧コレステロールの減少、

 性欲回復と体の若返り現象が起きる

 

そうなると自然界の動物のように本来の動物的本能を取り戻すので、自然治癒力が増し、白血球の増加による免疫力アップで病気にならない強い体になるという訳でです。

また、体内にある悪い細胞組織なども飢餓状態だと体が悪いタンパク質から奪い取って臓器維持をしようとするので細胞がやっつけられてしまい病気が治癒してしまうというわけなようです。

 

また、人参リンゴジュースというのは、人間が健康維持のために必要なビタミン、ミネラル、酵素が見事なまでに入っているため、本当に何も食べない修行僧のような断食ではなく、これを飲むことで最大限の健康効果を発揮するんだそうです。

 

すごくないですか!

これらの事実を知った時、正直、感動すら覚えました。

 

この超単純な「食べない健康法」で、体にも家計にも負担がかからず健康で丈夫な体を持つことができるなんて…。

西洋医学がはびこる現代にこれは絶対広げたくないという力が働くこと間違いなしですね。

広がったらどの業界も商売上がったり!

 

食べ過ぎに警告!

食べ過ぎの結果を単なる ”太った” だけで捉えている人は危険信号です。

肥満だけでなく、多くの慢性疾患過程を引き起こす生活習慣病の原因に “食べ過ぎ” という事実があるからです。

近頃、食べ過ぎと感じている方へ。

誰でも簡単に出来て即効性のある健康とダイエット方法を紹介します!

 

 

シンプル イズ ベスト~誰でも出来るシンプル健康・ダイエット法

答えは簡単です。

そう、食べないことなんです。

恐らく太りすぎに悩む多くの人が「食べることを一旦止める」という行為をしている人は少ないでしょう。

私たちの祖先は24時間365日食べ物を手にし続けることができませんでした。

つまり、生物学的には、人間の体は休みなく食べ物が摂取されて最適に動くように設計されていないのです。

 

空腹時に身体の修復および若返りが起こることが多くの研究で確認されており、逆に1日中何か食べ物を摂取し続けている食べ過ぎの状態が病気を引き起こす理由でもあるのです。

空腹時に人間の体内で凄いパワーが発動することを殆どの人は知りません。

 

しばらくの間、食べ物を摂取しないと人間は体内に生じる代謝変化『自食作用(オートファジー)』が活性化を始め、細胞内浄化作用、神経変性抑制作用、腫瘍発生抑制作用、細胞内のメンテンス機能など身体をどんどん良くしていく働きが始まります。

しかし、食べ過ぎの体は、体内のゴミをきれいにしてメンテナンスする時間がないのです。

 

 

むしろ、常にお腹が “宴会モード” でいると、体はこれらの利点を忘れてしまいメンテナンスの仕事をすっかり忘れてしまいます。

それが病気の始まりに繋がるのです。 

 

そうした問題はまさに「一時食べないこと(プチ断食)」ですべて解決してしまうのです。

米国ではタイム・マガジン誌が取り上げ、プチ断食は人気が高まっています。 

断続的なプチ断食は、体重を正常化するだけでなく、身体の掃除と修復作業が行われ、心疾患や癌などの健康問題のリスクを軽減し慢性疾患予防に繋がることが分かっています。

 

食べないことは、痩せるためにするのか単に健康維持のためにするのかにかかわらず、結果として両方が効果的に機能してしまう一石二鳥の素晴らしい方法です。

また、断食は脳機能にも非常に有益な影響を与えると言われており、実際食べないほうが頭が冴えるという声は多数報告されています。

 

食べない方法:プチ断食方法を一挙公開!

食べないことは、健康につながり、若返り、頭も活性化し、痩せて、食費もかからない最強の方法です。

そこで、人気になっているプチ断食法をご紹介します!

 

5日間断食

断食と言っても日中に食べ物を完全に控えることはありません。

最初の日には約1,000~1,100カロリー、残りの4日では725カロリーを食べます。 

これらの日のあなたの食事は、炭水化物とタンパク質が少ない主に野菜中心で、ヘルシーメニューが多くなるはずです。

最近の実験で、3ヶ月間連続して絶食した3人に細胞再生の数値の改善が見られ、 糖尿病、癌、心臓血管疾患、老化のリスク要因が減少した例がありました。

 

 

5:2断食

米国ではセレブが実践していることで有名になった5:2プチ断食は、1週間のうち2日断食日を決めて、通常の毎日のカロリーの4分の1(男性は約600カロリー、女性は約500カロリーの目安)まで落とした食事にします。

その代わり断食日は水分を十分に摂ります。

週の残りの5日間は、いつも通りに食べることができます。

 

隔日断食

この断食法は、1日プチ断食⇔1日普通の食事を交互にする方法です。

断食日には、食事を約500カロリーの1食に制限します。

断食のない日には、普通に食べることができます。

実は睡眠時間を含めると、断食期間は32~36時間にもなります。

"Every-Other-Day Diet"の著者、Krista Varady博士によると、この断食法は1週間に約1キロ痩せることができるそうです。 

隔日断食のもう1つの利点は、体が1日交互の規則性に適応できるようになることです。

5:2断食はランダムな断食日になるので体の適応が難しいことがあげられます。

隔日断食の実験では、参加者の約90%が実践でき、残りの10%が最初の2週間以内に脱落という結果となりました。

 

ピーク断食

これは、日本で『食べない健康法』を提唱する石原結實先生の方法で、1日のうち13~18時間食事を取らない空腹時間を作ります。

この方法は長い時間に渡って空腹のつらさを経験せずに済み、エネルギーを落とさずに何時間も活動できます。

これを実践するには、朝食または夕食のいずれかをスキップする必要があります。

もし夕食を摂る場合は、就寝前に少なくとも3時間食事を避けることが重要です。

 

 

食べ過ぎと感じている人はどれか実践できそうですか。

食べない日を作ると食事のありがたみや、今まで食べている食事が濃く感じる(塩分とか糖分が濃く感じる)ようにもなり、心身の好転がみられメリット享受は間違いなしですよ。

 

なぜ人は腹が減ってない時でも昼になるとランチをとるのか

1日3食しっかり食べないとだめ。

今日は朝ごはん抜いちゃった。

お昼になった。何か食べなくては。

 

人は知らぬ間に1日3食が当たり前という大前提で食事について考えるようになっています。

昼の時間になるとお腹が空いていなくても「お昼に何か食べなくてはならない」という脅迫観念にかられて食べている人多くないですか。

 

実は、当たり前に思っているこの行為こそ、自分の体の本音に反して体にムチを打って弱らせているのです。

しかし、なぜこんな習慣になったんでしょう。

 

 

昔の人間はお昼の概念がない1日2食。

いつから3食文化に!

そもそも人間も動物以外の何者でもなく、特別な体、内臓を持っているわけではありません。

ライオンなど狩りをする野生の動物は、毎日規則正しく3食とることなどあり得なく、常に飢餓と戦いながら生きています。

 

上手く狩りができてご馳走にありつけ満腹になっている時は、目の前に獲物がいても見向きもしません。

また、1日中食べているように見える草食動物の牛や馬でも摂取量こそ多いですが、お腹が満たされている時は食べずにウトウトし、空腹になったら再び食べ始めます。

 

自分の体が求めていない(腹が減っていない)のに、1日3食とる事ばかり気にしているのは人間くらいです。

 

でも、実は江戸時代初期くらいまでは、朝起きて一仕事終えてお腹が空いたらごはん。

また、夕刻どきにお腹が空いたらごはん、と1日2食でした。

しかし、外食店などが盛んになり外食文化が発展した元禄文化から1日3食になっていったと言われています。 

 

では、他の国はどうだったのかというと、コロンブスがアメリカ大陸を発見し、ヨーロッパ人の入植が始まるまでのネイティヴアメリカ人の食事は腹が減ったと感じた時に食べていたそうです。

やはり昔の人らは食事に時間の概念などは無かった訳です。

 

その食事の取り方をヨーロッパ人は 「原住民は無知である」 と見下して、1日3食の習慣を作っていきました。

文明の進んでいたヨーロッパは夜になっても電灯が家につくため、夜に寝付く時間が遅くなり、夜もごはんを食べることが習慣化されて1日3食になったと言われています。

 

空腹時に免疫力UP!体の構造を知れば無理して食べなくなる

たくさん良いものを食べると栄養補給され、強い体になると思いがちですが、満腹の常態化は、病気の道一直線です。

逆に空腹を感じる時間がある人は免疫力の強い体を作ります。

 

病気にならない状態とは、体の免疫力が強い時です。

この状態は満腹時が1番弱く、消化活動している胃の方に血液やエネルギーが使われ、免疫活動がストップします。

 

一方で空腹の時は飢餓状態モードになり、生命維持のために体全体の免疫活動が活発になり、ウィルスを寄せ付けず、体の悪いところが修復(メンテナンス)され、若返るのです。

昔から “腹八分目で医者いらず” “腹六分目で老いを忘れる” と言われてますが、これはまさにその通りなんですね。 

 

現代の飽食は本当に最悪です。

食物も最悪で、ただでさえ満腹状態なのに、お昼時間だからと何かお腹に入れようとしている大半のものは、添加物、砂糖、農薬漬けと毒素入りだらけの食事です。

満腹状態で免疫システムが機能していない中にこうした毒素入り食べ物が入ることで、体はどんどん悪くなることは容易に想像できますよね。

 

現代人は特に “お腹が空くことがあってはならない” という思いが強く、必ず3食プラスαとることが当たり前になって食生活を送っています。

すり込みって怖いですね~。

また、体調が悪い時に限って“栄養を取るため”と食欲も無いのに何か口にしようとします。

子供なんかは、まだそうした思い込みが無い分「食べたくない」と言うのに、しっかりとすり込まれている親が「何か食べないと元気にならないよ」と言って無理やり食べさせたりしますね。

 

この行為がいかに体の免疫活動の妨げ、健康体作りとは真逆の事をしていることか。

誰が決めたか1日3食制度。もうこの呪縛から解放されて、自分の体の声に従ってみてはどうでしょうか。

無知だったのは、ネイティヴアメリカンたち原住民ではく、1日3食を馬鹿の一つ覚えでルーティンに食べ続けるヨーロッパ人、そして我々日本人を含む多くの現代人だったわけです。

 

「昼を食べなくてはならない」という頭の中のすり込み構造を変え、自分の体の声を聞くだけで随分と気持ちも体も楽になりますよ。

 

 

からだの声を聞こう  心とからだを切り離した生活が不幸を呼ぶ

「現代の生活は、とにかく何か物事に追われて、ゆっくりと自分と向き合う時間がない」と言われています。

確かに、人は暇な時間を作ることに慣れていないというか、そういうのは “自堕落である” というような潜在意識が働き、常に何かをしようと動き回ってますよね。

 

しかし、自分とゆっくり向き合う時間がないということは、自分自身の健康、体と向き合う時間もないともいえるのです。

 

“ 自分のからだの声を聞く ” ことが、どれだけ自分の健康を保つことができ、自分らしさを持つことができる秘訣か、同時にこれほどまでに大事なことを現代に生きる殆どの人が忘れてしまっているかを気づかせてくれるのです。

 

 

多くの人は気持ちと体を切り離して行動している

一度からだを理解しはじめたら、苦悩の99%はあっさり消えてしまうからだに耳を傾けなさい。

からだはあなたの敵ではない。

からだが何か言っているときは、そのとおりにしてごらん。

なぜなら、からだには独自の英知があるからだ。そ

れを妨げてはいけない。

マインドのトリップを続けてはいけない。

 

 

インドの思想家バグワン・シュリ・ラジニーシ(通称:OSHO)が、ここでからだの声を聞くことを説いた言葉の一部抜粋です。

 

彼は、インドのサンデー・ミッドデイ誌でガンジー、ネルーおよびブッダと共に『インドの運命を変えた10人のうちの一人』として取り上げられ、ロンドンのサンデー・タイムズ誌においては『20世紀の1000 人のうちの一人』として取り上げられたほどの人物です。

この言葉だけ聞くと宗教的な話になってしまいがちなのですが、東洋医学的な側面も持ち合わせた考えで、心身とも健康な人生を過ごす秘訣を語っているといえます。

 

肉体と心は同居しており、心(マインド)だけが先行した行動は慎み、もっとボディ・マインド・バランスを保たないと人間の体はおかしくなっていくという教えですが、なるほど頷けます。

現代人がいかに身体のことを忘れて、マインドだけで行動しているか、それによって身体の悲鳴やメッセージが送られていても気が付かない、無視しているか。

結果、うつ病や病気などの精神的・肉体的な異常が多発しているのが現代社会です。

 

人間には からだ・マインド(心)・意識 の3つが一つになってはじめて心身ともに健康な自分、幸せな自分になることができるとOSHOは説きます。

確かに、この3つを常にバランス良く保って生活している人って少ないですよね。

よくイライラしたり、将来への漠然とした不安、病気・死への不安など精神的に安定しない人が多いのは、この3つの調和が完全に崩れているからなのです。

 

まず自分が生きていける自分自身の体と大切な友となり、感謝し、労り、友達の声を聞いてあげることからはじめみてはいかがでしょうか。

自分がこの世で生きていくことに新たな発見があるかもしれないですよ。

 

最後にOSHOの言葉で締めくくりたいと思います。

 人々はからだと友だちになる方法を教えられる必要がある。

 

 からだは愛されなければならない。

 

 あなたは素晴らしい友だちにならなければならない。

 

 それはあなたの家だ。ガラクタで一杯の家を掃除すべきだ。

 

 そして、からだは来る日も来る日も継続してあなたに仕えている。

 

 あなたが一度もからだに感謝したことすらなく、ありがとうを言ったことがなくても、あなたが生き延びるため、

 生きるためにあらゆることをしている 

 

あなたにとって健康とは

人間の最大の関心事は何と言っても「健康」ですよね。

しかし「健康」と一言で言っても人によって捉え方はいろいろです。

 

健康に気遣っても病気になる人もいたり、健康のことにあまり関心がないくせに病気になることばかりを恐れている人もいます。

 

本当の「健康」とは “病気にならないこと” であって、

大事なことは健康になることを追い求めるのではなく病気にならないことを実行するべきなんです。

 

多くの人は、がんなどの大病になることにとても怯えています。

そのため、健康になることばかりを追っかけている人は、間違った健康法に従事している人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

でも、現代病(多くの人が引き起こすような病気)を防ぐこと=健康体を手に入れることは、実はそんな難しいことではないのかもしれません。

人間も単なる動物なのに野生動物にはかからない現代特有の病気に平気でかかってしまいます。

それには様々な要因があると思いますが、主に3つの原因が病を引き起こすと考えられます。

 

典型的なサラリーマンの一日からどのような原因が生まれるかを探る

個人差はありますが、例えば(一般的と思われる)サラリーマンの1日の生活からどれだけ体に害を及ぼしているのかを考えてみました。

起床 

   携帯電話(スマホ)のアラームで目を覚ます

   一晩中電磁波を浴び続けている状態。

   また慢性的な睡眠不足で起きるので心体に活力がない状態。

 

朝食 

   昨晩の酒や遅い晩ごはんであまりお腹が空いていないのに習慣で朝食をとる。

   食べるものも大抵は化学物質、添加物入りのもの。

 

出勤  

   満員電車に乗って会社へ ←電車の電磁波浴。

   ラッシュで毎朝時間的余裕もなく常にストレスの中で移動

 

勤務中 

   PCに囲まれた環境のオフィスで仕事。

   携帯電話(スマホ)でも通話 オフィス内では強力な電磁波を浴び続け、電話は脳へ電磁波をダイレクトに受ける。

   相手にもよるが会話でも何かしらのストレスを常に感じている。

 

昼食 

   忙しい時はコンビニかファーストフード これらの食事には大量の添加物か粗悪な原材料中心。

   ゆっくり食べる時間はないので、あまり噛まない早飯。

 

退社・帰宅 

   お酒を飲みに行く。そのあとはラーメンなども。 

   お酒とともに遺伝的組換え植物油をたくさん使った油物や大量の添加物で加工された粗悪な食材が中心の食事をとる。

   家で食べる場合も食事が冷えているので電子レンジで温めた食事 電磁波を100%浴びた食事。加えて栄養素も一気に無くなる。

 

就寝 

   携帯電話(スマホ)で目覚ましセット 電磁波あるいはWiFiの電波を受け続けて寝る

 

これを月曜~金曜まで週5日繰り返す。

 

病気の3大原因は「食事(添加物等の毒素入り食材)」「継続的で過度なストレス」「電磁波」であり、これが人間の体をかなりの割合で酸性化させる原因となっており、結果、免疫力が弱まり、病気になるのです。

この3大要素は野生動物にはないですが、動物ではペットがそれにあたり、人間同様に現代病を起こします。

 

サラリーマンの生活はこの3要素が週5日びっしりつまっていて、年間労働日数にすると約240日はこのような病気になる体へと向いた活動をしているんです。

それを40年近く繰り返すのです。

 

よく添加物は国の検査で定められた量のみ使われているので安全ということを言いますが、それは一つの添加物が体内に入った場合を言っているだけです。

 <