頭痛予防                         Dr. Mercola


英国では、例えば、毎年片頭痛のみで概算2500万日の仕事あるいは学校の欠勤や欠席があります。

米国でも、片頭痛に苦しむ人のほとんどは軽減のための店頭薬物に依存しています。

 

しかしながら、治療だけでなくまず第1に頭痛予防支援するために、他のオプションがあります。

 

最も一般的なタイプの頭痛はどれですか。

緊張型頭痛(TTH)は、一部の人口の70パーセント程度に影響する最も一般的な頭痛です。

成人の概算3パーセントが慢性緊張性頭痛に苦しんでいます。

それは十代の年に主に始まり、男性より女性に多く影響します。

 

緊張性頭痛は、多くの場合、ストレスか筋骨格の問題(姿勢が悪いこと)の結果で、頭のまわりにきついバンドがあるのように感じる圧迫を引き起こします。

ほとんどの場合は数時間で解決しますが、慢性の場合については、疼痛はさまざまな行動の妨げになります。

 

他のタイプの頭痛は次を含んでいます。

 ・片頭痛(脳の中で起き、頭の中の神経および血管のまわりに疼痛を引き起こす炎症性物質の放出による)

 ・クラスタは典型的に目のまわりに生じる短く、非常に重症の頻発頭痛です

 ・薬物使い過ぎによる頭痛(頭痛薬物の連用によって皮肉に引き起こされる)

 

頭痛を和らげる薬ではないアプローチ

頭痛を和らげる薬ではない方法を探していますか。

非ステロイドの抗炎症薬(NSAID)からオピオイドまでほぼすべての鎮痛剤が持つような、副作用の危険をもたらさないものは? 次を試みてください。

 ・運動

軽い運動は疼痛を緩和する神経伝達物質の分泌を引き起こし、頭痛の進行するのを止めることができるかもしれません。

それ以上ストレスを頭に加えないようにするためにルームサイクルなど軽い活動を選んでください。定期的運動も推奨されます。

 

 ・マッサージ

こめかみ、頚部および頭皮を優しくマッサージすることで、緊張性頭痛を和らげられるかもしれません。

伝統的なタイの宮廷マッサージ(額面と頭上の5つのマッサージ・ポイントを含みます)は、アミトリプチリン薬より慢性緊張型頭痛疼痛を和らげることが分かりました。

 

 ・ハーブ療法

世界中で、頭痛を治療するために多くの薬草が伝統的に使用されてきました。

例えば、ナツシロギクとショウガの組み合わせはHeadache誌で公開された研究によって片頭痛疼痛を和らげるとわかりました。

自然な頭痛「薬」として紅茶を作るために新鮮なショウガを切って水に浸してください。

(あるいは、皮をむいたショウガを1個の直接入れる)

 

カモミール・ティーは特に緊張性頭痛に効果的です。

純粋なカモミール・ティーバッグを捜すか、あるいはドライ・カモミールを湯に浸すことにより(フィルタで葉をこしてください)作ってください。

新鮮なキンマがあれば、グラインディングしペーストを作り、前頭および頭(30分程度の間置く)に貼ります。

キンマは、抗炎症作用、疼痛を取り除く作用および刺激性の作用を特に持っていあす。

したがって、古代以来ずっと多くの健康治療として評価されています。

コエンドロも痛みを除く効果があると知られています。

Prevent Disease はコエンドロの実を使用して頭痛を取り除く、単純な断食治療を共有しましたた。

「水を沸騰させてください。スプーン1杯のコエンドロの実を追加してください。

コエンドロの臭いが強くなるまで、しばらくの間沸騰させてください。

スイッチを切って、スプーンの半分の茶葉を追加してください。

火を止め、それを数分間置いてください。

甘味料を追加せずに、ろ過して飲んでください。

眠るか座って10分間リラックスしてください。頭痛がこの時までになくなっている可能性があります。」

 

 ・香油

芳香油は高度に濃縮した花および植物の生物学上アクティブな揮発性の化合物です。

植物から少量採れるもので多くの方法で治療効果が期待されています。

専門家と相談するか、次の方法によって家で芳香油を使用することができます

 ・ルームフレグランスとして使用するか、芳香油滴間接の吸入

 ・湯(副鼻洞頭痛の治療にはポピュラーです)に1滴芳香油を落とし、吸入器を使用する直接の吸入

 ・アロマセラピー・マッサージ(揮発性油をキャリアオイルで薄め、皮膚にマッサージします)

 ・ローション剤、バスソルトあるいは包帯と組み合わせることにより、皮膚に芳香油を浸透させる

 

どの芳香油が頭痛に最も効果があるでしょうか。

それはタイプに依存します。

緊張性頭痛(痛むエリアに特に1滴すり込んで)にはペパーミントを試して、片頭痛にはペパーミントおよびバジル、一般的な頭痛にはローズマリーを試みてください。

 

 ・1杯のブラックコーヒー

1杯のコーヒーはひとつまみで、頭(痛みを和らげる助けになる)に結びつく血管を収縮させるカフェインを摂取できます。

前頭にまたは側頭に氷嚢をあててもよいでしょう。

片頭痛患者でさらに強い1杯のコーヒーが痛みを止めるという報告がありますが、悪化する患者さんもいます。

エキセドリンのようないくつかの頭痛薬は有効成分としてカフェインを含んでいます。

鎮痛でのカフェインの使用は、時々の頭痛のみなら効果的です。

この「治療」を用いすぎれば、習慣性に結びつき、あなたの頭痛をさらにより悪くすることがあります。

毎日か、ほぼ毎日の使用でカフェインに依存するようになれば、、コーヒーのない一日をすごそうとすると頭痛を含む離脱症状を引き起こします。

 

食材が片頭痛を引き起こします

 ・アルコール、(特に)赤ワイン

 ・カフェイン入りの飲料(言及されるように、時折使えますが、両刃の剣です)

 ・古いチーズ、ゴルゴンゾーラ、カマンベール、チェダーチーズ、また他のもの

 ・ホットドッグ、ソーセージ、またランチョンミートのような加工肉

 ・グルタミン酸ナトリウム塩(MSG)、加工食品において多い

 ・アスパルテーム、人工甘味料

 ・柑橘類、(これはそれほど一般的でないトリガーです)

 ・豆、エンドウおよびヒラマメのような豆科植物(これはそれほど一般的でないトリガーです)

 ・チョコレート

 

片頭痛治療で根本的な原因をなくすためには、細胞のミトコンドリア「細胞のバッテリーを再生する」ために必要とする、補酵素Q10(CoQ10)をとることが一つの方法でます。

誘導形(ユビキノール)は、ほとんどの人で効果的に作用する傾向があります。

 

喘息とアレルギーは頭痛を引き起こすでしょうか

片頭痛と喘息の両方が、炎症(片頭痛の血管、および喘息の気道の)によって引き起こされます。

片頭痛と喘息の人々は新しい研究によれば、慢性片頭痛になる危険が倍です。

喘息と片頭痛の間の根本的なつながりはアレルギーかもしれません。

アレルギーは喘息および頭痛の人により多く、研究者は、アレルギーをより積極的に治療することよいことを示唆しました。

喘息および(または)アレルギーを持っていれば、ビタミンDレベルの最適化が絶対に重要です。

 

実際、研究では、ビタミンD欠乏が 喘息の原因かもしれないことを示唆します。

タミンD欠乏が、さらに片頭痛の原因としてもある役割を果たします。

米頭痛学会の第50回年次会議で示された研究によれば、慢性片頭痛の患者のほぼ42パーセントはビタミンDが不足していました。

研究はさらにビタミンDが不十分であるほど)慢性片頭痛に長く苦しむと示しました。

 

頭痛につなgる他のビタミン欠乏はビタミンB2(リボフラビン)、B6、B12および葉酸を含んでいます。

健康的な食事とビタミンDのような健康の基本に加えて、挑発中和(PN)アレルギー検査および治療は、多くのアレルギー患者に副作用のない恒久緩和を提供します。

このアプローチの成功率は約80~90パーセントです。また、在宅医療を受けることもできます。

 

休日の頭痛を回避する7つのヒント

睡眠スケジュールを維持してください。

休日のパーティーでの寝不足は慢性頭痛および片頭痛を悪化させるかもしれません。

眠りにつき、毎日同じ時刻に起きてください。

規則的に食事をしてください。

食事をスキップしている間(つまり間欠性の絶食)、多くには有益ですが、一部の人には頭痛を引き起こすことがあります。

頭痛を抑えるため、規則的な食事スケジュールに従ってください。

 

二日酔い頭痛を回避

休暇シーズンにアルコールを飲む場合は、必ず適度に節制してください。

また、片頭痛の場合は、赤ワインが多くのトリガーであることに気をつけてください。

 

食べる内容に気をつけてください

休日パーティーで多くの頭痛の原因を食材関連で見つけることができます。

これはチョコレート、加工肉、古いチーズ、グルタミン酸ナトリウム、アスパルテーム、その他を含んでいます。

 

芳香トリガーを回避してください

香水、キャンドルおよび他の芳香は、敏感な人に頭痛を引き起こすことがあります。

買い物、友達と親類を訪ねることなどの際は香水を避けましょう。

 

明るい光に注意してください

明るいクリスマスの灯かり(特に点滅するもの)は片頭痛を引き起こすかもしれません。

そのような装飾物のまわりにいる場合は、サングラスをかけることを考慮してください。

 

私の時間を確保してください

ストレスが最高値にある場合、典型的に自分のために時間をとることは休日に不可欠です。

EFTは、緊張性頭痛の頻度を62パーセント縮小します

 

 

 

数多くの代替治療を試すことができます。

刺鍼術、熱および冷パック、脊柱指圧療法および適切な姿勢などはすべて、頭痛の頻度および強さを和らげることができます。

 

上に議論された自然なオプションのうちのいくつかを試みた後でも、慢性頭痛が持続する場合は、根本的な問題を決定し解決するため、自然医療に詳しい医師を捜してみてください。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放