鉄欠乏とタンパク質欠乏                    長尾 周格


アメリカでは現在、間欠的ファスティングやボーンブロススープが流行しています。

 

この背景には、アメリカで肥満が著しく増加し、社会問題となっていることがあります。

現在最も肥満の多い国はメキシコですが、アメリカもかなりひどい状況です。

 

間欠的ファスティングはダイエットの切り札として、インスリン抵抗性を改善するために提唱されるようになりました。

確かにインスリン抵抗性を改善させるのに、間欠的ファスティングは効果があります。

しかしながら、普段の食生活の方が100倍重要であり、糖質制限と間食の禁止、甘い物を一切排除することは、全てのダイエット成功にとって不可欠であると言えます。

 

日本ではアメリカほど肥満が社会問題にはなっていませんが、それでも肥満や糖尿病は年々増え続けています。

現在肥満や2型糖尿病に悩んでいる人にとっては、間欠的ファスティングは助けになるかもしれません。

でも多くの場合、日本人、特に日本の若い女性が間欠的ファスティングを行うと、体調を崩したり様々な問題を引き起こす恐れがありますので、推奨できません。

 

というのも、日本とアメリカ(およびヨーロッパ)では、栄養状態が違うからです。

まずアメリカやヨーロッパでは、鉄欠乏の人はほとんどいません。

というのも、アメリカやヨーロッパでは、小麦粉に鉄やビタミンB1、ナイアシンなどが添加されているから。

かつてはアメリカやヨーロッパでも鉄欠乏は多かったのですが、栄養強化小麦を用いるようになって、鉄欠乏は激減しました。

 

また、アメリカ人はお肉をよく食べます。

日本人の3倍も食べると言われているくらいですから、タンパク質欠乏もあまり見られません。

なのでアメリカでは栄養欠乏はあまり問題にはならず、糖代謝の問題だけを考えれば良いというわけです。

ところが日本では栄養欠乏(質的栄養欠乏)が非常に多く、特に女性で鉄欠乏とタンパク質欠乏が顕著です。

 

ファスティングは何も食べないわけですから、当然栄養欠乏の人は栄養欠乏が悪化します。

また鉄はミトコンドリアでの電子伝達系でエネルギー産生に不可欠なミネラルです。

赤血球の酸素運搬能と相まって、鉄欠乏はエネルギー代謝を著しく滞らせます。

その状態でファスティングを行うと、問題が起こるばかりか、大変危険でもあるのです。

 

栄養欠乏がある人は、何より栄養状態の改善が不可欠であり、また優先されるべきです。

僕は普段から十分な栄養摂取を心がけていますから、ファスティングを試してみることもできます。

 

でも、栄養欠乏の人は安易なファスティングはダメ、栄養欠乏の改善を優先させてくださいね。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放