野菜                               吉野 一道


野菜は木にはなれない水分を多く含んだ草です。

カロリーゼロに近い食品ですが、草食動物はそんな草や木を食べて巨大な身体を作りあげています。

 

何故でしょうか。

草や木を構成している食物繊維が草食動物の腸内フローラの栄養源になり、腸内フローラが作り出す糖質や脂質やタンパク質を活用しているからだと言われます。

 

人は、ビタミンAの61%、ビタミンCの34%、カリウムの23%、カルシウムの16%、食物繊維の38%を野菜から摂取します。

野菜の種類によって、含まれている栄養素の種類は異なりますから、様々な種類の野菜をバランス良く摂ることが大切になります。

旬の野菜は野菜の生育に適した地域で、野菜の生育に適した時期に生産されるからでしょうか。

 

栄養素が豊富です。

例えば、夏期のホウレンソウのビタミンCは100g中20mgに対し、旬の冬期のホウレンソウは100g中60mgです。

更に、夏期が旬の野菜には体を冷やす効果があり、冬期が旬の野菜には体を温める効果があります。

 

日本の野菜の生産額は国内農業全体の約4分の1です。

高齢化により作付面積や生産量は減りましたが、ここ数年の生産量は横ばいです。

海外からの野菜の輸入先としては、中国が最も多く、アメリカとタイが続きます。

野菜は食べる部位によって種類がわけられます。

・根菜類は根や地下茎を食べる野菜で、ダイコン・ニンジン・ゴボウ・サツマイモ・タマネギ等

・葉菜類は葉の部分を食べる野菜で、ホウレンソウ・キャベツ・モロヘイヤ・アシタバ等

・果菜類は果実の部分を食べる野菜で、トマト・ナス・カボチャ等

 

野菜は色によってわけられることもあります。

①赤色野菜

 ・トマトやニンジンの赤色はリコピン。

 ・赤ピーマンや赤トウガラシの赤色はカプサンチン。

どちらも優れた抗酸化力を持ち、アンチエイジングに効果的と言われています。

トマト・赤トウガラシ・ニンジン・赤ピーマン等があげられます。

 

②緑色野菜

緑色野菜はビタミンAとビタミンCが豊富に含まれます。

緑色の色素である葉緑素(クロロフィル)には血液をサラサラにする効果があります。

ホウレンソウ・コマツナ・モロヘイヤ・アシタバ・アオシソ等があげられます。

 

③白色野菜

白色の野菜には便秘の解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。

カリウムも豊富に含まれているため、むくみの改善や高血圧の予防にも効果的です。

カブ・ダイコン・ヤマイモ・レンコン・ショウガ・タマネギ等があげられます。

 

④紫色野菜

紫キャベツやナスなどの紫色はアントシアニン。

アントシアニンには強力な抗酸化力があり、アンチエイジングに効果的といわれます。カリウムも豊富に含まれています。

赤シソ・紫イモ・ナス・紫キャベツ・紫タマネギ等があげられます。

 

⑤黄色野菜:ビタミンCやβ-カロテンを豊富に含み、美しい肌を保つ効果や免疫力を向上させる効果があります。

カボチャ・トウモロコシ・ニンジン・黄パプリカ等があげられます。

 

野菜や果物の色のパワーが注目され始めたのは、今から15年程前でしょうか。

以前はビタミンやミネラルや食物繊維等の栄養素が主役でした。

 

しかし、近年、野菜の持つ色や香りにも健康を維持する働きがあることがわかりました。

 ・ナスに含まれるアントシアニンの目の健康を維持する効果。

 ・トマトに含まれるリコピンの美肌効果。

 

ただし、ひとつの色やひとつの野菜を食べ続けても、パワーは十分に発揮されないと言われています。

野菜の持つ色のパワーは様々な食材と組み合わせることで、更に強力な効果を発揮するということでしょうか。

 

そこで、どの野菜を食べれば良いか解らない人には、「食卓の野菜の色を見なさい」と教えます。

食卓の野菜の色が様々であればあるほど、バランスの良い食事に近づくということでしょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放