『重曹』で野菜や果物の農薬除去                   西尾仁


野菜や果物は毎日摂りたい食材ですよね。特に果物なんかは、栄養素もたくさん摂れるので、できれば皮ごと食べたいですよね。

  

<<重曹で野菜・果物の農薬除去がカンタンに>>

 

有機野菜や無農薬野菜などがメジャーになってきましたが、

いつもそれらを手に入れることは難しいです。

 

今、普通にスーパーで売られている野菜や果物には基本的に農薬がついています。

 

販売されているものは、国の基準値を満たしているので、直接命にかかわる害がないとされていますが、

  

体に蓄積すると、アトピーなどのアレルギーを誘発することもあるので、

できることなら無農薬の野菜を中心に選んでいってほしいです。

 

体に悪いものは少しでも取り除きたい!

安心して野菜や果物の栄養素を体に摂り入れるために、

自宅で簡単に『重曹』を使った野菜・果物の農薬除去についてご紹介します。

 

  

<<『重曹』とは?>> 

 

重曹とは天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」といいます。

 

調理、洗浄、脱臭など、幅広い用途を持っているもので、

昔は薬としても使われた天然素材なので、体への影響も心配ありません。

 

 

<<重曹で洗うとは?>>

 

環境や健康のために食器を洗う際に重曹を使用している人は多いようですが、野菜の農薬除去にも重曹は効果があります。

 

農薬の塩素化合物が重曹(炭酸水素ナトリウム)のナトリウムにくっついて、塩(塩化ナトリウム)に変化することで農薬を除去できるそうです。

 

 

<<重曹を使って野菜 果物の農薬除去をする方法>>

 

①大きめのボウルに小さじ1杯の重曹を溶かして、重曹水を作ります。

 

②野菜・果物を30秒~1分程、この重曹水に浸してください。

 

③重曹水から野菜・果物を取り出して、流水で洗い流してください。

 

<<最後に重曹を使うときの注意点>>

 

①あまり長い時間漬けているとビタミンが溶け出すので、

 

浸す時間は1分以内で

例:ブロッコリー、カリフラワー、トマト、キュウリ、ナス、

  りんご、レモン、ブドウ等

 

②柔らかい葉物野菜ほど浸す時間を短くしてください。

 

野菜や果物は皮ごと食べた方が栄養素もたくさん摂れるので、

農薬除去をして、なるべく皮ごとお料理に取り入れてみて下さい。 

 

例:ホウレン草、小松菜等

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放