重く考える、軽く考える、シンプルに考える           ‎保木井 利幸


ガンを告知されてから、いやその前から、行動は熟慮してからと思っていました。

行動は、考えれば考えるほど、動けなくなります。

なぜならば、悪いことを想定して、それの対処策を考えるからです。

究極の悪いことの対処は、行動しないことだからです。

悪いことは、どんなに想定しても、起こるものではありません。また、想定しなくても起こります。

あなたは、癌になることを、想定していましたか。

ほとんどの方は、想定していなかったと思います。

癌の対処法を、抗がん剤をやめて、運動、食事、睡眠、考え方に変更してから、悪いことの、想定が少なくなりました。考え方が軽くなりました。

 

抗がん剤を、誤解しないで欲しいのですが、癌が治らない抗がん剤に、依存しているときは、治らないのに抗がん剤を飲んでいる自分に、ダメ出ししていました。

これは、精神的に重いですよね。

今、この反省から、良くなることを想定して、行動しています。

運動のランニングやスイミングも、ガンを含めた病気で起きる弱気の、デトックスとして、考えています。

食事は、お腹が減ったら食べる。食べ過ぎは、癌によくないことは、わかっていますが、その分デトックスすればいい!

睡眠は、眠れないときは眠らなくていい、睡眠不足になれば、自然と眠くなりますから。

 

この考え方にしてから、寝つきは非常に良いです。

考え方は、落ち込んだときは、落ち込んでもいい、無理によくしようとは思わない。

落ち込みにも意味がある。

落ち込んだ思いの裏を考える、結構、自分を進歩させるメッセージがあるものですよ!

 

最後にシンプル、これが難しい。

難しいからこそ、メッセージがある。

批判を恐れず、自分の伝えたいメッセージを送る。

そこで気をつけるのは、愛ある気持ちか、言葉か。

 

悪く考えても、よく考えても、起きることは一つ。

悪く考えてもそのようになるとは、限らない。

 

良く考えて、そのようになれば、儲けもの。

悪く、重く考えると、損ですよね。

シンプルに良い方向の考え方にします。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放