酵素療法                            工藤清敏


動物実験で、生の餌だと寿命は30パーセントほど長くなる。

 

酵素研究者のハウエル先生は、食事の75%は生で食べよ!と言う。

 

かつては、生牛乳療法、生バター療法を医師や治療家が採用していた時代もあった。

 

生肉療法もある!

 

病気治療で生食が最も普及していたのはドイツだった。

 

今は世界一の製薬会社が君臨して、モンサントさえ買収したが。笑笑

 

それでも、ドイツやオーストリアなどは、酵素療法が盛んだ。

 

熱で酵素を破壊して食べるようになったのが、多くの人間を病気にしている!というのがハウエル先生の指摘だが、現在はそこにさまざまな化学物質、増量剤や保存剤が加わって、自然とかけ離れた、仕事攻撃

 

そこに助け船で病院行って、爆弾や殺菌剤、酸化剤

 

なんとしてでも、リピーターにしたい医療ビジネス

 

自然治癒力が劣化した人々に健康業界! 

 

そこに参入し、塩を配布するおじさん。

 

今は塩も生食もそこに含まれる酵素も、あっちとしては広がって欲しくない。

 

薬事法や医師法で利権を守る考え方だ。

 

多くの人はそういう法律を破る人はひどい人だと思うだろうが、実際は、いい結果が出るので、どうしても広めたくなった人が逮捕されたりする。

 

もちろん、大して効かないものを売りまくって短期でドロンしようとする欲望の事業家もいないではない。

 

医師の資格もないのに、つい、治療してしまう。

それは、結果があまりに出過ぎて、利権者から国家にクレームがきたら捕まえろ!となるだけだ。

 

ある日突然、新聞やテレビで報道される!

 

その治療家にこれ以上、行かないようにさせるためだ。笑笑

 

塩は、自然界にある当たり前の食品。

明らか食品である。

そのために薬事法には、引っかからない。

 

しかし、あれが治る、これが治ると僕がまるで医師のごとき処方したら、注意を受けるかも。

 

僕は健康回復には必須の食品ですよ!

昔から最高の薬が食品と言われていますよ!

人間の身体は薄い海水ですよ。

塩分がないと免疫力が働きませんよ。

 

心臓も内臓も毛細血管もお塩が必要ですよ!

 

お医者さんの減塩指導はスルーしてね。笑笑

 

そう言っています。

 

でも、塩だけじゃなくて、生食もいっぱい増やしてね。

 

発酵食品はいいですよ

 

でもさらに、生き方や働き方や人とのコミュニケーションも変えてねって言っています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放