運がいい人の習慣と法則                      石川善光


才能や学歴が有る人ない人に関わらず、運のいい悪いで人生はずいぶん変わってしまうという事実。

受験の失敗や勤めていた会社の倒産、失恋といった、どうしても望んでいないことが起きるのが人生。

そういったときに「ここから、何をやればいいんだろう」と考えると、運が開けて来るんです。

たとえどんな逆境であっても、あることでそれをひっくり返すことはいくらでも出来るんです。

 

いつも運のいい人、いつも運の悪い人って周りにもいませんか。

仕事もプライベートもトントン拍子に進む幸せな人と、何をしてもトラブルに見舞われる不運続きの人がいるのはなぜだかわかりますか。

最近の科学によって、あるちょっとしたことで運の悪さをひっくり返し、運のいい人になれる方法がわかってきたのです。

 

運の良い人は脳の使い方に特徴があるのです。

なので、自分の脳の特徴を自覚できれば、ある程度行動をコントロールし、脳の使い方を変えることで、運のいい脳に変えることが出来るのです。

 

運のいい人は、単に恵まれているというわけではなく、運をキャッチするのがうまいんです。

それと同時に、不運を防ぐような行動や考え方をしているわけです。

 

ちょっとした日常の行動によって長期的に幸運を生み出す人になれてしまうのです。

 

最初の効果は本当にゆっくりとやってきますが、効果が出始めるとそれは、雪だるま式に増えていきます。

 

運がいい人たちは、幸せ度や経済的自由度が高く、人間関係も上手にこなしていますよね。

逆に、運の悪い人は、ストレスの多い生活を送っています。

金銭的なトラブルの場合や人間関係に問題が起きている場合もあるでしょう。

 

人間の運というものは、とても面白いものです。

わたしも、小さい頃から運に興味を持ち、違いが何なのか、いろんな人を観察するようになりました。

 

ふだん何となく運といっているものに、本人が生まれたときにある程度決まっている宿命と、本人が変えられる運命の2つがあると思います。

もともとの才能や、生まれた家の経済状態などは変えられませが、それをどう生かすかによってどうにでも変わることができます。

 

人生を幸せに生きるために必要なこと。

 

1、自分で変えられないものを受け入れる強さ。

 

2、変えられるものを変えていく勇気。

 

3、その違いを見分ける賢さ。

 

人生では、どうしても望んでいないことが起きるものです。

そうなったときに「どうして自分はこんなに運が悪いんだろう」と思うのはしかたのないことですが、いつまでも何故こうなってしまったのか、という原因にばかり目を向けるのではなく、ここから何をやればいいんだろうと考えると、運が開けてきます。

これは、一生を通じて人生を分けるものすごく役に立つ質問ですので覚えておいてください。

 

どんな逆境であっても、それをひっくり返すことは可能だと何度でも言います。

力強く生きていく人は、運の悪さを跳ね返せます。

だから目の前の出来事に、一喜一憂しないでください。

なぜなら、それ自体があなたの人生を決めるわけではないんですよ。

 

あなたの人生を決めるのは、その状況に対してあなたがどうとらえて、行動するかで決まります。

けっして、出来事自体がその決定要因になっているわけではないのです。

『自分が運命の主人公』だと自覚出来る人が最高の運を呼び込めるといってもいいかもしれません。

 

人生を幸せに生きるために必要なこと

 

4、 上から引っぱってもらう運

 

5、 横から支えてもらう運

 

6、 下から持ち上げてもらう運

 

自分に自信がある人は、どうしても自分の力を頼りにします。

だから、ひとりよがりになりがち。

誰かに何かしてもらわなくても、1人でやり遂げられるし、その方が早いし、正しく出来ると思っています。

 

それはけっして悪いことではないけれども安定的に成功しようと思ったら、1人ではダメなのです。

限界がありますよ。

人に助けてもらうことで、あなたが本来持っている運が何倍にも大きく育っていくんです。

それがおおきな力を生むんです。

 

それには、上記の3つの運を上げることです。

年上に可愛がられる、仲間に応援される、下の人たちがあなたのためだったらと力をかしてくれる、っとまぁこんな人は必ず強運ですね。

決まってます。

 

運のいい人にもいろいろいますが、たいていは、この3つのうちのどれか1つしか恵まれていません。

でも、他の2つとのバランスも大事なのです。

 

例えば、目上から可愛がられる人は、仲間からは浮いてしまい、妬まれたりすることはありがちですよね。

それでは寂しすぎます。

だから、3つの運をいつも意識しておくことが大事なんです。

目上だけ見ていてもダメだし、仲間や下の人たちだけもダメなんですよね。

3つの運のバランスが大事ということになります。

 

他力本願では永続する幸運はつめない『運がよくなりたい』『幸運な人生を送りたい』と思っても、ただ棚ぼたを待っているだけでは何もつまむことはできません。

運がよくなればうまくいくのにと考える人には、人生の転機はやってこないですよね。

 

他力本願では、運もチャンスもやってきません。

幸運は、やるべきことをふだんからしっかりやっている人に贈られる、ご褒美だからです。

 

運は、人生の行動することの中にしか起きてきません。

 

人生は、冒険です。

船は港を離れ、大海を航海するために作られています。

港にいれば難破することもなく安全なのかもしれませんが、それでは、何も変わりません。

 

チャレンジすることを恐れないでやってみる。

ワクワクすることをやってみる。

本当に楽しいと思えることをやってみる。

 

人生を幸せに生きるために必要なこと

 

7、現状を受け入れる

 

もしかしたら、私たちはせっかちすぎるのかもしれません。

人生は長い。

途中思い通りにいかないことが起こったり、投げだしたくなるような状況に直面しても、それは気の遠くなるほどの長い時間の積み重ねから見たら、ほんの一瞬にすぎません。

『現在』は、『過去』の積み重ねでもあるけど、未来への道しるべでもあります。

未来に向けて現状を受け入れることで、そこから前を向いて、これからどうするかが具体的に見えてくるんです。

 

8、60歳まではリハーサル、人生のピークは後半に持ってくる

 

20代前半で大学のミスコンで優勝するのと、60歳の同窓会で、50年来の友人たちに、感嘆と羨望の「きれいねえ」の言葉をもらうのとあなたならどちらを選びますか。 

80年くらいは続くであろう人生の、ごくごく前半にピークをもってこないでもらいたいものです。

明るく楽しげなゴールは、できるだけ先に。60歳でも70歳でも、先に目標があれば、その間、コツコツとトレーニングを重ねられるんです。

おしゃれも、美しさも、仕事の成功も。本番は60歳からくらいに設定しておいてください。

親からもらってきた『生まれつき』や、いわゆる実家のバックボーンからも卒業し、私たちは自分の力で、そこに到達する意識で人生を考えればいいんじゃないですかね。

 

9、ありがとう、感謝の気持ちを持つ

 

ありがとうって、素晴らしい言葉だと思うんです。

相手だけでなく自分をもふんわり包み込み、幸せな気持ちにしてくれますよね。

何かをいただいたこと、思いをシェアしてくれたこと、許してくれたこと、気づかせてくれたこと、叱ってくれたこと、なにかしてくれたこと。

ありがたいと思ったのであれば、感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

「ありがとう」と。

そして、「~~してくれてありがとう」より、「~~させてくれてありがとう」と言えるような人になれたらいいな、と思うのです。感謝の気持ちがあれば幸福感をいつも感じることが出来るんですよ。

 

10、 自分を大切に行動出来る

 

人間の脳内には、快感を感じる報酬系という回路があり、人助けなど社会的な行動も含め、自分が気持ちよい行動をとると活動しています。

 

 常に「快」の状態を作り出せる人は、理想の自分と実際の自分が一致している人で、理想の自分に近づくために行動しているひとなんです。

結果、自分が好きになり、こういう人は余裕があるため、人を惹きつけ、人から好かれるというわけです。

 

11、人の悪口をいわない

 

脳内では主語を理解しない原脳があるため悪い言葉を言っていると自分が傷つくメカニズムが人間にあるんです。自分で不幸せを招いてしまうことになりますよね。

また、悪口を言われている人より、言っている人に対して見る人が見たらどう思いますかね。

わかりますよね。

自分で言わないことは大事ですが、悪口を言っている人の周りにいることも確実に不幸なことですよね。

 

12、出来ないことは素直に認める

 

自分はできる!と思えればいいのですが、そうでない場合は、できる!と思い込もうとしないほうがいいですね。

 

 不安を書き出したり、信頼できる人に相談することが重要なんです。

これも、現状を性格に知り、認めて、そこから始めた方が、本当にやるべきことが見えて、本来の実力がはっきできるようになるんですよ。

 

13、運がいい人のモデリングをする

 

成功している人や、この人みたいになりたいと思う人の真似をしてみましょう。

 

 話し方や考え方、習慣まで、ありとあらゆることを真似してみると、そのうちに脳の回路も不思議と似てくるもんです。

 

ただし、脳の使い方はそんなに直ぐには変わるものではありません。

新しい回路ができるのには少なくとも3週間はかかるとされていますから、意識して3週間続けてみてください。

 

習慣は運命を変えるといいます。生活習慣は健康や仕事に影響しますので運命まで変えてしまうんですね。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放