転移性乳がんとビタミンD欠乏                  吉冨 信長


多くの疫学調査で、がんリスクとビタミンD欠乏の相関関係が報告されています。

中でも転移性の乳がんとビタミンD欠乏の親和性は注目するのに値し、これらは深くかかわっていると言っていいでしょう。

 

そもそも、がん死亡者の約90%は転移性によるものが原因です。

血中のビタミンD濃度が上がると、乳腺などの組織においてカルシトリオールというホルモンが生合成されます。

このカルシトリオールがビタミンD受容体に結合してはじめて遺伝子の発現が促進され、その効果を発揮します。

 

ところが、血中のビタミンD濃度が低かったり、ビタミンD受容体の発現が低レベルであると、非転移性のがん細胞が転移性のものへと変化することがわかっています。

 

通常、私たちの体がビタミンDを蓄えるのに、食事性によるものが10%で、残りの90%は紫外線による合成に依存していると言われています。

さまざまな疫学調査では、紫外線UV-Bを浴びていない地域ほど高いがん死亡率があるとの報告が多くされていますが、ここで注目してほしいのは、がんによる死亡のほとんどが転移性のものであること、そしてビタミンDは、がん発症や進行よりも、「転移」に対して効果があるという見解が強いということです。

 

実際に、ビタミンD濃度が低かったり、ビタミンD受容体の発現が乏しい場合、乳がんの転移が増加するという報告がされています。

(Brian J. Feldman ,Endocrinology doi: 10.1210/en.2015-2036) 

 

また、乳がん発症の予後と血清ビタミンDレベルの関係を調査したメタアナリシスでは、ビタミンDレベルが十分にあれば、乳がんの生存率は2倍高くなるという報告がされています(Journal of Clinical Oncology, Vol 31, No15 ,2013: 1521)。

 

つまり、乳がん患者にとって、ビタミンD濃度を正常に維持しておくことは、その後の克服に大きく影響するのです。

 

乳がん細胞の転移性を左右するものの一つに、ビタミンDが大きく関わっています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放