身土不二                                                斉藤 一治


「身土不二」は、あらゆる生命の哲学です。

 

あらゆる生命は、大宇宙のお命様に繋がっています兄弟です。

あらゆる生命は自分の命を健全に守り、より優秀な子孫を残すために「命の糧」であります「食べもの」を有り難くいただいています。

あらゆる生命は、自分に生活圏にあるものだけを有り難くいただきます。

あらゆる生命は、「食べもの」を加工・冷凍したり、精白することはありません。

 

天然のまま、生命丸ごと、生命全体を有り難くいただいています。

 

「食べもの」を栽培することもいたしません。

人間は「食べもの(農作ぶつ)を栽培している」と傲慢にも勝手に決め付けていますが、99.9%は太陽様と土壌様とが創って下さっています。

人間が行う農作業という労力は、この収穫に対する貢献度にして0.1%に過ぎません。

 

栽培時に、化学肥料や農薬(農毒薬)を使うのは控えます。

「食べもの」に食品添加物を加えて「食品」にすることも控えます。

はい、「食品」とは「食べてはいけない化学製品」の略です。

 

「身土不二」の原則

1.私たちの身体と風土は二つでなく、一つですから、私たちが生まれ育った風土で栽培していただきました「食べもの」をいただきます。

1.私たちがいただく食べものは生命であり、生命はその全体でバランスが取れていますので、その命全体を丸ごと(一物全体食)いただきます。

 

玄米をいただくことは、稲の種子の「全体食」となります。

この玄米を主食といたします。

 

どうしても牛肉をいただきたいかたは、牛の角から骨、内臓、筋肉、尻尾までの丸ごとをいただく「全体食」に挑戦してください。

 

1.太陽様と土壌様とが創って下さいますので、余計なお節介であります化学肥料や農薬(農毒薬)を使用していない「食べもの」をいただきます。

 

1.太陽様と土壌様が創って下さいますので、それぞれの季節感「旬」を大切にいたします(ハウス栽培・温室栽培のものは「食品」です)。

 

1.食品添加物を使用して長期間、腐らないようにした「不自然なもの」は「食品」ですから、いただきません。

 

1.私たちは厳しい風土の中で、少量の「食べもの」で生き残り、より優秀な子孫を残すことができる生理(身体)を獲得したエリート、選ばれた者の子孫です。

「食べもの」を少量、良く噛んでいただきます。

 

1.お腹が空いてきましたら、適応性豊かなご先祖様の生命力に感謝申し上げ、1時間位、空腹を楽しむ余裕を持ちます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放