身体に蓄積した重金属や有害ミネラルのデトックス      yuriesasaki


ミネラルの中にも良いミネラル 悪いミネラルがあります。

 

悪いミネラルは通常の状態では排出されることはなく、長い時間の中で体の中に蓄積され、私たちの体に様々な悪影響を及ぼすのです。

 

そして、それらの悪いミネラルを体外に排出されるのに最も有効なのが、良いミネラル(必須ミネラル)の摂取なのです。

また当然のことながら悪いミネラルの摂取を避けることも必要です。

 

悪いミネラルとは

いわゆる『重金属』と呼ばれるミネラルです。

これらのミネラルが、私たちの体をむしばむのです。

 

 

有害ミネラル

原因・汚染源

症状

 

アルミニウム

アルミ器具・ミョウバン・歯磨き粉・膨らし粉・乾燥剤

腎臓、胃腸障害・食欲不振・貧血・アルツハイマー病・パーキンソン病

 

喫煙・鉛管(水道水)・染料・殺虫剤

貧血・神経障害・脳発達不全(幼児・胎児)など

 

水銀

魚介類・歯の詰め物・電池

うつ病・皮膚炎・慢性疲労・情緒不安定・アトピー性皮膚炎

 

カドミウム

喫煙・工場からの排水・排煙

腎臓障害・骨粗鬆症・骨軟化症・貧血・脱毛・食欲不振

 

ヒ素

防腐剤(木材)・肉類・穀物類・殺虫剤

色素沈着・皮膚がん・疲労・胃腸障害

 

ベリリウム

肉類の加工品・半導体・プラスチック金属

呼吸障害・皮膚障害

 

これらのミネラルは、日常生活の中でも普通に取り込まれてしまいます。

 

アルミニウムはホットケーキミックスや膨らし粉にも含まれていますし、アルミニウム鍋の使用や、アルミ缶の飲料水を飲むことによっても体内に摂取されてしまいます。

 

 

また、日本人の大好きな魚

特にマグロやなどの大型の魚介類、またキンメダイなどの近海魚は、水銀の含有量が多いため、特に妊婦に関しては厚生労働省より注意喚起がなされています。

 

 

水銀に関して言えば、同じ魚でも大型魚ほど体内濃度が高くなると言います。

 

それはプランクトン→小魚→中魚→大魚と食物連鎖を繰り返すごとに、どんどん水銀が濃縮されていくからです。

 

そしてその食物連鎖の頂点に立つ人間にとって、摂取は避けては通れないことでしょう。

 

また、昔から魚介類を多く摂取してきた日本人は、水銀摂取の80%以上が魚介由来になっています。

 

しかし、魚介は良質なたんぱく質であり、DPAやEPAといった高度不和脂肪酸を多く含む非常に優れた栄養特性があります。

 

ここで提案したいのは、

『不安だから摂らない』のではなく、『速やかに体に害のあるものを排出する』という選択を取ることが重要なのだということなのです。

 

また、同じ健康に良いものを摂っていても、効果のあらわれる人とあらわれない人がいます。

その差って…なんでしょうか!

 

じつはそれ、体の中にあるのです。

体内に既にある、有害物質の量なのです。

 

体内に有害物質が蓄積したままでは、どんなに体に有効なものを摂ってもプラス・マイナスゼロ、いえ、むしろマイナスに働いてしまうことだってあるのです。

 

まずはしっかり体内の有害ミネラルを排出することによってはじめて、有益な物質が十分に吸収され、効果を発揮することができるのです。

 

有害ミネラルは必須ミネラルで撃退せよ

じつは、有害ミネラルを体から排出するには、必須ミネラルの摂取が必要なのです。

 

ミネラル(無機質ともいいます)には、カルシウム、鉄、ナトリウムなどがあり、人の体の中では作ることができないので、食べ物からとる必要があります。

 

その中でも健康のために必要なミネラルを必須ミネラルと言い16種類があげられます。

カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、塩素、硫黄の7種類を『主要ミネラル』

鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレニウム、モリブデン、クロム、フッ素を『微量ミネラル』と言います。

 

この中でも有害ミネラルに対抗する特定の必須ミネラルがあり、お互い干渉しあって、一方が多くなると他方は少なくなるという関係が成り立っているのです。

 

 

有害ミネラルへの対抗ミネラル

 

有害ミネラル  対抗ミネラル

鉛       カルシウム・亜鉛・鉄

水銀      セレニウム・亜鉛

カドミウム   亜鉛

ヒ素      セレニウム

アルミニウム  マグネシウム・鉄

ベリリウム   セレニウム

 

上記の表からも分かるように、必須ミネラルをしっかり摂取して体内のミネラルバランスを整えておくことで、有害ミネラルの害を防ぎ、体外への排出を促すことにもなるのです。

 

有害ミネラルはこどもたちの未来を蝕んでいく

現代社会においては、よほど生活を管理しなければ、もはや有害ミネラルを防ぐ手立ては無いと言っても過言ではないでしょう。

 

そしてこれらの有害ミネラルの一番の被害者は胎児や幼いこどもたちなのです。

 

メチル水銀は胎盤を通過し、胎児に影響を与える恐れがあり、カドミウムの過剰摂取では、出生時の体重減少が認められます。

また、近年特に多動児(ADHD)の増加や、知能指数や学業成績の低下には、体内の鉛の増加が関係しているとも言われています。

 

 

これを機会に、是非良質なミネラルを摂取し、有害ミネラルをデトックスしてこどもを、家族を、自分を守りましょう

 

 

私たちの周りにはさまざまな金属が存在しています。

身近なところでは、キッチンにある金物、スマホの中の部品、缶、金やシルバーなどのアクセサリー。

金属は私たちの生活を豊かにしてくれる、ありがたい働きを持っています。

 

でも、金属の中には、あんまり「ありがたくない存在」もあるのです。

例えば、水銀、ストロンチウム、カドミウム、ヒ素、鉛・・などこれらの重金属は人間にとっては毒となって体の中で有害な作用を引き起こすこともあるのです。

そんな重金属対策をみなさんは十分にできているでしょうか

 

怖い金属というと、水俣病の原因となった水銀や、イタイイタイ病のカドミウム中毒などが有名ですが、実はそこまでに至らなくても、私たちは重金属による害を受けている可能性があるのです。

 

水銀、カドミウム、ヒ素、鉛、セシウム、タリウム、タングステン、ストロンチウムなど。

最近では放射性物質による被曝の問題から、セシウム、ストロンチウムあたりもよく耳にするようになりましたね。

 

これら重金属は、神経障害をもたらしたり、貧血、アレルギー症状、動脈硬化、アルツハイマー病、パーキンソン病などの病気との関係が示唆されているのです。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放