足がつる!、夏ばて              がんとの正しい付き合いかた


暑い時期、痺れたりこむら返りのような症状、夏ばて対策

 

ミネラル不足

汗によってカルシウム、マグネシウム鉄や亜鉛といった、神経伝達に必要なミネラルがどんどん抜けてしまうと神経系がスムーズに機能しなくて、こむら返りになったり、筋肉がつったり、しびれたり…ということが起きます。

そんな時は、特にマグネシウムを足してあげると筋肉が柔らかくなり症状が改善します。

 

マグネシウムを食品から摂るなら以下のようなものを意識してください。

・海藻類(ワカメ、昆布、ヒジキ)

・ナッツ

・色々な無農薬野菜(農薬でMgが土壌から減る)

・ミネラルの多い自然塩

 

熱中症の時期は、ミネラル不足を改善するために「スポーツドリンクを飲みましょう」なんて言われています。確かにイオン飲料とか、レモン○○とか書いていると「良さそう」な感じがします。イメージCMの勝利ですね。

しかし、お気づきの方も多いと思いますが、スポーツドリンクは糖分が多すぎてお勧めできません。

 

お水に自然塩を入れるとか梅酢をちょっと入れる方がお勧めです。この方が害のないイオン水と言えます。梅酢水はクエン酸も豊富で元気が出ますょ。

 

活性酸素 

強い紫外線や猛烈な暑さ、気温差は活性酸素を発生させます。

特に脳に活性酸素が多量に発生すると、自律神経中枢の機能が低下してしまいます。そうすると、ふらつき・めまい・だるさ、食欲不振・倦怠感などの不調が現われてしまいます。

いわゆる夏ばて状態です。

活性酸素対策で、一番手っとり早い抗酸化物質はビタミンCです。ゴーヤ、ピーマン、セロリなどビタミンCたっぷりの夏野菜を積極的に摂りましょう。

仕事のストレスも加わっているなら、副腎疲労を起こして秋口にはもっと辛い状態になりかねません。(副腎はビタミンCを最も多く消費するから)

 

ビタミンB不足 

あとは、暑い時期に特に消耗するものと言えばビタミンB群です。

特にB1が不足すると筋肉が緊張することから”こむら返り”が起きやすくなります。

ビタミンB1は肉類や胚芽、豆類、ナッツに多く含まれます。外食やコンビニ食が増えると意外と不足しがちになる栄養素ですね。

 

B群は腸でも作られます。B群不足の人は腸内環境が良くない事がほとんど。アレルギー持ちだったりしますね。だから、本来は腸内環境を整える事からするべきです。

 

結論として、夏ばて対策に必須の栄養素は、

ミネラル(特にマグネシウム)

ビタミンC

ビタミンB群

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放