諦観                                  吉野 一道


結果には必ず原因がある。

これが仏教の根幹とされる因果の道理です。

 

うまくいかない時や苦しいことが起きた時、原因をどこに見ればよいのでしょうか。

どうして俺がこんな目にあうのだ。

俺は何も悪くない。

失敗したのはあいつのせいだ。

俺は何も悪くない。

業績が悪いのは景気のせいだ。

俺は何も悪くない。

自分以外の相手や状況に原因を見れば、怒りや憎しみの心が増し、怨みや呪いの心で苦しみます。

逆に、原因を自分に見ることができれば、「自分のまいたタネの結果だ」と受け入れられます。

そして、自分のどこを改めるべきかを冷静に見ることができます。

冷静に見ることができた時、そこには怒りや憎しみの心も、怨みや呪いの心もありません。

 

ところが、「原因を自分に見ること」と「自分のせいだと思って自分を責めること」を同じだと思っている人が多いことに驚きます。

諦観(たいかん)という仏教の言葉があります。

因果の道理を明らかにみることです。

原因を明らかに見ることは自分のせいにすることではありません。

困難や苦しいことに直面した時、他人のせいにする人もいれば、自分のせいにする人もいます。

全く違うようにも見えますが、原因を正しく見ていない、見ようとしていない点では同じです。

他人や環境に責任転嫁をするのも、「どうせ俺が悪かったのさ」「どうせ俺はダメな人間さ」と投げやりになったり自分を責めて落ち込んでしまうのも、原因を正しく見ていないからだと言われます。

 

「全部に問題があることはない。問題があるのは一部だけだ」と言った人がいます。

「経験上、本質的な問題の原因は1つか2つしかありません。たくさんの問題があるように思えても、一つの本質的な問題を原因として起きた現象なのです」と彼は続けています。

全部に問題があるということはない。

改めるべきは1つか2つ。

ところが、ぜんぶ自分のせい。

ぜんぶ自分が悪い。

そう思っている人は、本当に改めるべき問題に気がついていない人、あるいは見ようとしていない人です。

本当に改めるべきところがわかれば、他は問題ないのですから、落ち込むことはありません。

何をすればよいかもわかりますから、自ずと解決の道も見えてきます。

 

原因を相手に向けると怒りや憎しみの心、怨みや呪いの心になります。

自分に原因があったと納得できたとき、怒りや憎しみの心、怨みや呪いの心はなくなります。

原因を改めることができれば、同じ問題を起こすことはなくなり、自分を向上させることが出来ます。

原因を明らかに見る。

言葉はシンプルですが、実践は簡単ではないことを思い知らされます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放