言葉の不思議な力                        ‎保木井 利幸


日本には、言霊の教えがあります。

キリスト教にも、「はじめ言葉ありき」と教えられています。

「思考は現実化する」とも言われます。

「思考は言葉から作られる」とも聞きました。

 

癌になる前は、

自分を正当化するために、または、自分が恵まれていないことを、わかってもらうために、悪人が必要になっていました。

自分が出世できないのは、(上役のえこひいき)のせいだとか、

部下が、言うことを聞かないのは、常識がないからだとか、

お金がないのは、国の政策や、会社の待遇が悪いからだとか、

家庭がうまくいかないのは、自分以外の家族に思いやりがないだとか、

原因は、すべて自分以外にあると思っていました。

 

癌が教えてくれたのは、原因は、すべて自分にあるという事です。

 

どんな家庭社会環境でも、自分の考え方で、自主的に生きる事ができます。

自分が出世できないのは、上役の出世条件に自分が合わないか、その会社に向いていないこと。

部下が、言うことを聞かないのは、自分に尊敬されるだけの力がないこと。

お金がないのは、お金を大切にせずに、浪費していること。

家庭がうまくいかないのは、自分に思いやりが、かけていたことです。

 

あたりまえと思っていたことが、逆転しました。

お医者さんは、プロだから治してあたりまえ、

お医者さんに治せない癌は、自分ではどうしようもないことも、あたりまえ、

食事や考え方を変えたぐらいで、癌は治るはずがない、

癌が治った人は、癌患者でないから、なんとでも言える。

癌になったのは、自分が悪いのではなく、不運だからだ。

最終的には、癌になったので、癌で死ぬのはあたりまえに、なってしまいます。

 

全部、私が以前、常識だと思っていたことです。

お医者さん、食事、考え方、癌完治者、自分の本質を調べていくと、思っている常識が非常識であることが、感じられるように、なりました。

 

ここに至るまでには、自分の愚痴、悪口、人の批判を、思い切り信じていました。

思っていてもOK、それを言葉や文章にしない事を、決めてから、変わってきました。

 

日本には、魂を浄化してくれる素晴らしい言葉が、たくさんあります。

愛しています

ついてる

うれしい

たのしい

感謝します

ありがとうございます

許します

 

悪い事を思わなくすることは出来ませんが、言わなくすることは、気の持ち方で、できるようになると思います。

 

良い言葉を使うことが、自他共に、愛を送る事かも知れません。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放