解毒食材                              内海 聡


基本として様々な主要栄養素は動物性の食品(肉や魚)で摂取する、しかし動物性の食品は悪い物質も生体濃縮するので注意、植物性の栄養素は吸収率が低いので動物性食品と比べられない、そして植物には植物固有の栄養素があり解毒力に期待するということです。そしてこれらの解毒栄養素と言われるものも、サプリで摂るとあまり意味がなくなるということが重要です。

 

魚貝類:種々の栄養素だけでなく良質の脂、タウリンなどを含みます。サザエなどの貝類や、タコ・イカなどの軟体類にタウリンは含まれており、亜鉛やセレンなどの微量元素も解毒を促進します。

 

レモンなど:還元作用の王様ビタミンCを含み、中の皮ごと食べれば食物繊維も豊富に含みます。レンコンやトマトやリンゴなどに含まれるペクチン、ゴボウなどに含まれるイヌリン、穀類や豆類に含まれるセルロースも解毒作用があります。

 

野菜類:ビタミンやミネラルだけでなく、たとえばイソチオシアネートなどが解毒栄養素として有名です。キャベツ、ブロッコリー、大根、菜の花などに多く含まれるとされ、ワサビも解毒作用が強いといわれます。アボガトに含まれているグルタチオンも有名な解毒作用をもちます。葉緑素を含む小松菜、ほうれん草、しそなども有名です。しそは昔から魚毒を治すといわれてきました。

 

タネ類:ごまやごま塩はあまりに有名ですがセサミンの効果などと言われます。また微小ミネラルも多く、玄米もタネの一種と言え、ビタミンBやセレンやマグネシウム、GABAやγオリザノールなどを含み、便を出し抗癌作用なども期待できます。

 

ベリー類:多種ありますが、ブルーベリーやラズベリーなどの有名なものだけでなく、ブラックベリーやクランベリーやストロベリーなどもそうです。農薬が心配なのでポストハーベストものは避けたほうがよさそうですが、ビタミン、ミネラル、フィトケミカルが豊富です。ただ食べ過ぎると果糖も摂りすぎるので注意が必要です。

 

ハーブ系植物:たとえばクレソンは栄養素に優れ利尿作用があり、漢方の生薬でも有名な生姜は消化不良を改善し、サポニン類を含みます。にんにくは滋養強壮性が強く白血球を増加させるアリシンを含み、黒にんにくは味もよく硫黄も含むのでさらに解毒効果が高い。また中国で有名なパクチーは抗酸化力が高く、重金属を排出する作用があります。

 

NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放