解毒作用を持つ食べもの                                                        内海 聡


医食同源という言葉そのままに、解毒作用を持つ食材はたくさんあります。

しかも、どれも特殊なものではありません。ただ、農薬が使われている野菜は、野菜みずからの解毒のために、収穫時までに解毒に有効な物質を使い果たしてしまいます。ですから無農薬や自然農の野菜を厳選したいものです。

 

また、次に見るように解毒作用が期待できる加工食品もありますが、これも昔ながらの作り方で、本物の材料を使ったものでないと意味がありません。

これらの前提を踏まえて、解毒作用のある食材をざっと紹介しておきましょう。

・玄米……玄米に含まれるイノシトール、ガンマオリザノールは、体内の解毒器官である肝臓の働きを強めます。放射性物質の中和、解毒に効果的ともいわれています。

 

・梅干し……梅干しに豊富な天然由来のクエン酸は、化学物質や放射能の解毒効果が認められています。天然塩を使って漬けられ、できれば熟成されたものを選びます。

 

・たくあん、ぬか漬け……腸内細菌の働きを高める乳酸菌が豊富な発酵食品。たくあんは、天然塩を使用して天日干しで作られたものを選びます。ぬか漬けは、無農薬の米のぬかと天然塩を使ったぬか床に、旬の野菜を漬けたものを選びます。

 

・納豆……納豆菌も、腸内細菌の働きを高めます。遺伝子組み換えでない豆を使い、できれば昔ながらの手法で発酵させた、食品添加物不用のものを選びます。

 

・根菜類(自然薯、ねぎ、らっきょう)……自然の硫黄を含み、放射能の解毒に効果的です。

 

・海藻……10センチ角の昆布1枚で、被爆に使用されるヨウ素1錠分に相当します。

 

・香草……しょうが、にんにく、しそ、みょうがなど、香りの強い野菜は総じて解毒作用が期待できます。とくにパクチーは脂肪燃焼力も強く、脂肪を入れ替えて解毒するのに効果的な香草です。

 

・はと麦……はと麦に含まれているヨクイニンには解毒作用があり、漢方薬としても使われています。

 

・スギナ茶、緑茶……双方ともに豊富なミネラルやビタミンを含有し、疾患率が下がるというデータもあります。緑茶などは農薬基準が世界一高いので、無農薬のものを可能な限り選びましょう。

 

野菜をたくさん食べると健康にいいといわれるのは、野菜がビタミン、ミネラルの重要な補給源であるほか、人体が消化、吸収できない食物繊維が、大腸をきれいにするからでもあります。

 

また草には肉や魚にはない植物固有の栄養素があります。

必須栄養素だけであれば肉や魚の方がはるかに多いので、栄養素の摂取には質の良い肉や魚を、解毒や固有栄養素や食物繊維や微生物の摂取には植物性の食品を、それぞれ考えてみるとよいでしょう。

 



解毒作用を持つ食材                                                         養生ラボ


解毒作用を持つと言われている食材はたくさんあります。しかも、ありがたい事にどれも特殊なものではなく、手に入りやすいものです。

しかし、現代の野菜は昔と比べ土壌の変化などの影響で栄養価は下がっていると言われています。

農薬が使われている野菜も、野菜みずからの解毒のために、収穫時までに解毒に有効な物質を使い果たしてしまうとも言われています。

無農薬や自然栽培の野菜を選ぶのがもちろんベストだと思います。

 

解毒作用が期待できる加工食品もたくさんありますが、これも食品添加物など使わずに昔ながらの作り方で、本物の材料を使ったもので作られているものを選ぶことが一番いいと思います。

もちろんコスパも大事ですが、まずは本物を見極める目を養うことが大事ですね。これらの前提を踏まえて、解毒作用のある食材をまとめてみました。

 

・玄米……玄米に含まれるイノシトール、ガンマオリザノールは、体内の解毒器官である肝臓の働きを強めます。

       放射性物質の中和、解毒に効果的ともいわれています。

       玄米をただ食べれば健康になれるっていうのは大きな間違いです。

       玄米を食べている方、食べてみたい方、興味がある方はまず玄米の特性、危険性を知ってください。

 

・梅干し……梅干しに豊富な天然由来のクエン酸は、化学物質や放射能の解毒効果が認められています。

        天然塩を使って漬けられ、できれば熟成されたものを選びます。

        間違って毒を食べてしまったときやお腹を壊した時は、炭の粉を飲ませればいいと言われています。

        玄米や梅干しなどをじっくり焼き、炭化させた玄米黒焼きや梅干し黒焼きは特に効果的だそうです。

        炭の粉を飲んだ子どもたちの便を検査したところ、真っ黒になった便は、放射能の値が高く、放射性核種も検出されたということです。

        ※抗がん治療、放射線治療をしている方が、玄米の黒焼き茶を飲んだ日は副作用が軽かったという話もあるそうです。

        黒焼きのパワー恐るべしですね。

 

・味噌…… 本物の味噌は万能薬!

        味噌汁は「飲む点滴」とも言われるくらい栄養があります。お味噌で肝臓がんが三分の一に減少するとも言われています。

        赤味噌、白味噌に含まれる脂肪酸エステルが発がん物質を無毒化するそうです。(広島大原爆放射能医学研究所、伊藤教授)

        味噌は、良質な酵母菌が繁殖し酵素を豊かに含んでいる発酵食品です。

        活性を高めてくれる味噌は、目をみはる病気予防、治癒効果、そして解毒作用もあるスーパーフードです。

        放射性物質などの毒物の排出作用もある

 

【味噌の七徳】

  ①抗がん作用

  ②動脈硬化(脳卒中、心筋梗塞など)予防

  ③放射性物質を排毒

  ④老化、認知症の防止

  ⑤糖尿病、肥満、便秘を改善

  ⑥美白効果(シミ、そばかす防止)

  ⑦自律神経を正常に

 

  ・肝臓障害→タバコの有毒ニコチンや放射性物質も排出する作用がある

  ・心臓病→「味噌、しょうゆ、納豆などの酵母で心肺機能を高める」ことができるそうだ。新陳代謝=病変治癒を促進することだそうです。

  ・下痢症→腸内細菌の繁殖を促す

  ・ぜんそく→生の里芋の皮をむいてすりおろし、味噌汁に加えて飲むと咳やタン切りがよくなるそうです。

  ・貧血→しじみやアサリなどを具に入れた味噌汁が効果的

  ・膀胱炎→自然塩などで塩分をしっかりとること、玄米食の副食として、味噌、胡麻、大根おろしを積極的に食べるといいそうです。

 

ぬか漬けやたくあん……腸内細菌の働きを高める乳酸菌が豊富な日本伝統の発酵食品といえば漬物ですよね。

 

発酵食品らは、大便から75%の有害物質を排除してくれる力もあるとも言われています。

これを「発酵解毒」とも言われているそうです。

漬物などのベストな選び方は、天然塩を使い天日干しで作られたものがより自然です。

ぬか漬けのぬかは、無農薬の米ぬかを是非選んで下さい。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放