解毒の要はミネラル                    さかもと ひろみ


「玄米は取った方がいいのか、取らない方がいいのか?」

 

色々な食事療法があり真逆のことを言われるのがこの玄米。

そして、玄米を食べるなら気をつけた方がいいポイントとは?

 

まず、玄米の糖質をどう考えたらいいか?

・糖分糖質の代謝にはミネラルが必須です。

なのでオーガニックの玄米だとミネラルが多いので、糖質の害を受けにくいです。

しっかり代謝されやすいからですね。

 

逆にミネラルの含まれない砂糖は体内のミネラルを奪うのでミネラル欠乏を引き起こす大きな原因となっています。

糖分を摂りすぎると栄養欠乏を起こすということです。

 

さらに玄米に含まれるファイトケミカルの解毒作用があるので体に良い食材ではあります。

ただし過食したらバランスが崩れます。(糖質なので)

食べ過ぎたら糖質過多になります。

 

オーガニックではない玄米がどうして良くないか?

・植物も身を守るために農薬を解毒するために自分のミネラルを使ってしまうため、一回でも農薬がかかっていれば栄養価が低くなります。

 

例えば、一回除草剤をかけた玄米は農薬が検出されないものがあるそうです。

農薬ゼロと言って売ってますが、玄米が最初に持っているミネラルが使われて農薬がゼロになってるだけなので、栄養価は低い食べ物ですね。(ミネラル含有量が低くなる)

そういう意味で農薬が残ってるかどうか、そういうところで食べ物を選ぶのはちょっとピントがずれてきます。

 

要は毒がかかってる植物はミネラル含有量が低いです。

栄養価が低いって事ですね。

 

生命体において、ミネラルが解毒の仕事をしてる大事なものである事がこのことからもお分かりになると思います。

 

解毒の要はミネラルなのです。

 

解毒だけではなく生命維持のために必須なのがミネラル。

ミネラルは本当にわずかしか体内にはないですが、ミネラルが一種類でも枯渇すると死んでしまうほど、生命維持に重要な役割を担っています。

 

例えば、エネルギーを合成すること(ミネラル欠乏するとだからだるくなる動けなくなる)、自律神経を働かすことにも関与、体温調節などにも、筋肉を動かすことにも関与(心臓の筋肉もそう、腸の蠕動運動にも関与)、神経伝達に関与してるので精神にも関与(ミネラル欠乏すると動物は暴力的に)、などなど体の働き全てに関与しています。

 

特に、がんは解毒が大事。

解毒中の方は、だからどんどんミネラルが使われるので、ミネラル出て行った分をとにかくしっかり摂ることが大事です。

 

例えば、汗をかいて疲れるのはミネラルが外に出ていってしまい、エネルギーが作れなくなるから疲れるんですよね。

(皮下脂肪があってもミネラルやビタミンB群がないとエネルギー合成はできない)

 

お風呂もそう。お風呂に入って疲れるというのはそういうこと。

特にさら湯に入るとミネラルが取られます。

(だから自宅のお風呂には海の塩を入れて入浴しましょう。オススメはブラックソルト。ミネラルも多く水素ガスが出ます)

 

逆に海に入ると皮膚からミネラルが入るので解毒に良い。

よく海に毎日入ったらアトピーが治ったというのはそういうことですね。

海水療法というのはだから効果があるのだと思います。

 

温泉に入ってたら治ったというのも温熱もマイナスイオンの力もありますが、ミネラルの力によるところも大きいと思います。

 

兎にも角にも、命の沙汰もミネラル次第。

大げさではなく。

だからミネラルを取りましょうとなんども言ってるわけなんです。(良質なレバーや煮干し、昆布のだし汁など。)

 

栄養バランスは

・タンパク質(卵、魚介類、大豆、骨髄、内臓、肉をバランスよく。肉は草を食べて育ったものがベスト)

・脂質(ココナッツオイル、バター、魚油)

・ビタミン(酸化したり加熱したり冷凍で簡単に壊れるものがほとんど)

・ミネラル(熱にも強い)

・ファイトケミカル(色や香りの濃い野菜や果物)

 

この五つが毎日バランス良くとれていると栄養的には良いですね。免疫力アップになると思います。

 

*そして、マイナスイオンはとった栄養素を酸化させないので栄養的にも大事。

酸化したら使い物にならないので。

 

糖質は取らなくてもぶっちゃけ生きれます。

糖質は脂質さえしっかりとってれば自分で合成できるので。

 

糖質はインスリンを必要とするのですが、インスリンが曲者です。

実はインスリンはがんを促進する作用があります。

糖質が摂り過ぎ注意というのはそういう事なんです。

 

インスリンがたくさん出てしまうとその分免疫力を弱めるということですね。

低糖質のものはだからプラスだという事です。

 

かといって心の健康が一番大事なので、食べ物にこだわり過ぎない事も大事ですね。

 

がんは食事療法だけで治るような病気じゃないので。

 

深く考え過ぎずに好きなものを食べてると意外と栄養バランスが整うと思います。

 

ただし、弱ってる時には直感もブレてるので、こういう情報を参考にしながら免疫力アップするような食事をして行くといいと思いますよ。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放