裸足で歩く・アーシング・グラウンディング


靴を履く、履かない・・・、実は、健康を左右する重要な要素なのです。 

 

「酸化と還元」のバランスを保つことが、健康をの鍵を握っています。

「酸化」とは、身体から電子が奪われること。

「還元」とは、身体に電子を与えること。 

 

都市に生活する現代人は、食べ物や水や空気の汚染、電磁波や精神的ストレスなどで、大量の活性酸素が体内で発生し、活性酸素から電子を奪われて電子不足に陥っています。

 

つまり、身体が酸化して(錆びて)いるということです。

身体の酸化を元にもどすには、身体に電子を与えてやればいいのです。(還元)

 

例えば、食品添加剤、農薬、医薬品などの化学毒や、パソコン、携帯電話などの電磁波は、電子を奪います。

一方、ミネラル塩、重曹、スギナ、野菜スープなどを食べると、電子が与えられます。

 

それとは全く別の電子を頂く方法として、素晴らしい動的方法があります。

足の裏を大地に接触させること(=アーシングまたはグラウンディングと言います)で、自由電子を地球から取り入れることができ、体内で発生した活性酸素を無害化したり、酸化した血液や細胞を還元するという効果が期待できるようです。

 

腰痛や肩こりといった不快症状は、身体の電子不足、すなわち酸化によって細胞に生じる慢性炎症が主な原因です。

腰痛や肩こりのみならず、ガンから糖尿病、事実上すべての病気の主要な原因とも言われています。

もし貴方が、腰痛や肩こりその他の身体の痛みやコリ感に悩まされているとするなら、それは身体に「酸化」という現象が起きています。

体内の電子が足りなくなり、身体の組織が正常に保つことができなくなり、細胞が炎症を起こして痛みを引き起こします。

 

体内の電子不足を解消するには、身体に溜まった正電荷(プラス電子)を体外に排出し、身体に不足している負電荷(マイナス電子)を体内に取り込めばいいのです。

なにもお金をかける必要はまったくありません。

ていうか、これに限らず、お金を掛けないほうが、むしろ効果は、断然高いです。

 

母なる大地のチカラを借りるだけです。

地面には私たちを癒す電子の塊があります。

これは地球そのものがマイナスの電荷になっています。

したがって、裸足で地球の地面を歩くと地面からマイナスの電子が私たちの体内に流入し、これを「グラウンディング」といいます。

 

私たちの細胞はほとんど水分です。

しかも細胞内の水は、“生きている水”です。

“生きている水”とはマイナスの電荷をもつ水です。

地面を裸足で歩くことで細胞内の水を“生きている水”にすることができるのです。

 

定期的に裸足で散歩は、最高の運動といえるようです。

コンクリートやアスファルト、農薬の掛かった農道は避け、汚染されていない土や砂など、地球の直上を歩きましょう。

特に、泥状の例えば沼のような、水分を多く含んでいるほうが、効果が高いです。

私達は、常識という洗脳に犯されていますので、他人様に見られると笑われるかもしれませんが、めげずに気にせず裸足で歩いてみましょう。

 

『酸化と還元』のバランスを保つことが、健康を維持するための本質中の本質と実感している今日このごろ。

「酸化」とは、、、身体から電子が奪われること。

「還元」とは、、、身体に電子を与えること。

 

都市に生活する現代人は、食べ物や水や空気の汚染、電磁波や精神的ストレスなどで、大量の活性酸素が体内で発生し、活性酸素から電子を奪われて電子不足に陥っています。

つまり、身体が酸化して (錆びて) いるということです。

身体の酸化を元にもどすには、身体に電子を与えてやればいいのです。(還元)

 

足の裏を大地に接触させること(=アーシングまたはグラウンディングと言います)で、自由電子を地球から取り入れることができ、体内で発生した活性酸素を無害化したり、酸化した血液や細胞を還元するという効果が期待できるようです。

 

腰痛や肩こりといった不快症状は、身体の電子不足、すなわち酸化によって細胞に生じる慢性炎症が主な原因です。腰痛や肩こりのみならず、ガンから糖尿病、事実上すべての病気の主要な原因とも言われています。

 

昔の子供たちは畑や野原を裸足で駆け回ったものです。

そのようなことができなくなった現代の子供たちは可哀そうでもあります。

街の中はどこもアスファルトで隠れてしまっています。これでは犬も散歩が楽しめませんね。

 

なぜ、素足を地面につけることが身体に良いかというと、人間の身体も接地(アース)が必要なのだそうです。

人間も家電製品と同じように電気を帯びているため、時々、接地しないとバランスが崩れるそうです。

 

健康的な食事をし、適度な運動をし、きれいな空気を吸ってきれいな水を飲み、CoQ10を摂取し。。。そして接地することで、健康的な生活を維持することができます。

砂浜を裸足で散歩したり、裸足でガーデニングをしたり、野菜を栽培したり、裸足で芝生を歩いたり。。。これで接地ができるそうです。

今後は、ウォーキングだけでなく、時々砂浜を裸足で歩くようにしたいと思います。

 

子供のころから、私たちは靴で足を締め付けながら生活しています。

靴好きの人には残念なニュースかもしれませんが、どんなにデザインの美しい靴を身につけることができても、それが足にフィットするか、それが身体にいい影響を与えるかどうかというのはまた別の話です。

作りのあまりよくない靴は、歩く際に体重をうまく分散してくれず、結果的に腰を痛めたり、頭痛の原因になってしまうことがあります。

 

しかし、では靴を履くのをやめて裸足で生活するのはどうかと考えれば、それはそれでハードルは高いと言わざるを得ないでしょう。

現代人はそもそも日常生活で裸足になることはあまりなく、公衆の目の前で裸足になることに対して羞恥心すら感じるという人もいます。

それでも、例えば月に一度でも裸足で生活してみるようにすると、大きな変化が起こるかもしれません。

 

私たちは小さいころから当たり前のように、出かける際には靴を履き、足の裏を外の世界と直接触れ合わさないような生活を送っています。

実は足は、例えば地面の温度や感触などといった様々な「情報」を脳に伝達するための機能を備えているのですが、この能力は現代社会においてはあまり活用されていないのが現状です。

現代人にとっては、裸足で日常生活を何の問題もなく送るということなど不可能といっても過言ではないと思います。

 

このため、裸足での生活を送ろうと考えれば、まずしなければならないことは足を自然の環境に再び慣れさせるというトレーニングです。

まずは柔らかく刺激の少ない芝生や砂の上から足の裏を慣れさせます。次に固い地面、砂利やアスファルトに挑戦してみましょう。

 

足は脳へ様々な情報を伝えることができるようになります。

 

1.体が正しい歩き方を思い出す

現代では、例えばハイヒールや厚底の靴、過度にクッション性の高い靴で歩くことも多くなっています。

こういった環境の中で、人々は人間本来の正しい歩き方を忘れ始めていると言われています。

例えば、とがった岩などの場所を歩く際、動物は無意識のうちにかかとや土踏まずではなく足の中心部に体重をかけるようにして歩きます。

これは、裸足で歩く機会の少ない現代人にはほぼ見られなくなった歩き方だそうです。

また、近年、土ふまずが成長しない偏平足が増えていることご存知ですか。

土踏まずが発達せず、生まれた時と同じ足の骨組で、疲れ易い、バランスが悪い体を持った人々が増えてきているのです。

 

裸足歩行を続ければ、悪い歩き方のクセ、骨盤のゆがみなども矯正でき、重心のバランスが取られ、姿勢も良くなります。

体のバランスが整うことによる健康面のメリットは計り知れません。

全身の血流の循環が改善され、全身の緊張とストレスを取り除き、腰痛・肩こり・首こり・冷えなどの症状も和らぐでしょう。

 

2.足を再び強化する

裸足で生活すると、地面の危険性に対して身体がより敏感に反応するようになり、感覚器としての足の機能を育むことにつながります。

はじめは足の裏に痛みを感じることが多いかもしれません。

しかしこれは、見方を変えれば足が地面から得る「情報」ととらえることができます。

足裏から傾斜、滑りやすさなど、路面や床の状況を把握することができ、その感覚があるから、歩いたり、走ったり、はたまた危険を回避したり、怪我などを防いだりもできるのです。

五感を刺激されることで、脳の発達や活性化も促されます。

足裏からの脳への刺激は、うつや神経障害などといった問題の解決につながるとも言われています。

 

歩く練習を繰り返していくことで、痛みを感じることがも少なくなっていき、やがては靴無しでも全く問題なく生活を送ることができるようになるはずです。

 

足と地面が直接触れないと、足の裏から得ることのできる感覚が鈍り、身体の一部として本来足が備わっている機能が十分に発揮できなるということです。

安全面や衛生面の問題から、昔に比べて裸足で生活する子供たちを見かけることは少なくなっているのは残念なことです。

夏の海や山でなくても、家の中、自宅の庭でなど、日常生活に意識的に裸足の歩行を取り入れてみてください。

得られる効果に驚くことになるかもしれませんよ!

 

健康的なライフスタイルは、健康的な食品を食べ、砂糖を避け、トランス脂肪を避け、できる限り自然食品を食べ、きれいな水を飲み、きれいな空気を吸い、日光浴をすることです。

これらの自然エネルギーは、身体に良いエネルギーなのです。

そして、接地療法はもう1つの自然エネルギーであり、より健康的なライフスタイルを送るためにも、誰もが毎日、生活の中で行うべきなのです。

今は大気汚染に、農薬、トランス脂肪酸や食品添加物など様々な有害物質に紫外線や電磁波など、ストレスの多い毎日にて、活性酸素が増える原因だらけの生活です。

 

大地には抗酸化作用のある電子が豊富にあって、裸足で大地を歩くとその自由電子が体内に流れてくるのが分かるんだそうです!!!

 

接地に適切な地面とは:

 ・砂地(浜辺)

 ・草地(濡れた状態がより効果的)

 ・露出土壌(畑など) 

 ・コンクリートやレンガ敷き(塗装や下地塗料なし)

 ・セラミックタイル

 

接地に不適切な地面とは:

 ・アスファルト

 ・木材

 ・ゴムやプラスチック

 ・ビニール

 ・タール或いはタールマック

 

空の旅には、接地バッドを携帯するのも良いのですが、機内で、靴を脱ぎ、ソックスか裸足でスチールの床を歩くことで接地ができます。

 

●大地は健康に良い電子の宝庫です。

大地には(主に赤道付近で)数えきれないほどの稲妻が走っています。

その結果、大地は大量の負電荷(マイナスイオン)が蓄積されています。

大地には抗酸化作用のある電子が豊富にあり、非常にパワフルなフリーラジカル爆発?電子の機能を果たしています。

 

人間の身体と大地の間は常にエネルギーが流れていますので、人間の身体は大地と連動するために精密にチューニングしています。

素足を地面に付けると、足の裏から大量の負電荷を体内に取り込みます。

現代社会では、これが一層重要になってきています。

しかし、実際に裸足で地面を歩いている人は殆どいません。

水銀汚染、タバコ、殺虫剤、農薬、トランス脂肪、放射能、その他様々な有害物質によるフリーラジカルストレスで、体内の電子が使い果たされてしまっているのです。

このような酸化的ストレスは炎症や病気の原因となります。母なる大地は、我々が必要な全ての自由電子を供給してくれます。

 

●接地により身体を充電しましょう。

口から抗酸化酵素を摂取する方法と、接地により電子を体内に取り込む方法では効果にどのような差があるのでしょうか。

「抗酸化酵素を口から摂取しようが、電子提供物質を皮膚から吸収しようが、どれも相乗効果があります。

どれを選んでも、全てを取り入れても、身体には良いのです。

健康的なライフスタイルとはどのようなものなのでしょうか。

健康的な食品を食べ、砂糖を避け、トランス脂肪を避け、できる限り自然食品を食べ、きれいな水を飲み、きれいな空気を吸い、日光浴をすることです。

これらの自然エネルギーは、身体に良いエネルギーなのです。

そして、接地療法はもう1つの自然エネルギーであり、より健康的なライフスタイルを送るためにも、誰もが毎日、生活の中で行うべきなのです。」

 

●健康的なライフスタイルには裸足で歩くことが重要です。

裸足で地面を踏みしめることが、日常的に接地療法を実行する最も手軽で効果的な方法です。

これは最も素晴らしく、パワフルな方法であり、細胞組織の修復速度を速め、激しい運動の後の筋肉痛を和らげる効果もあります。

 

接地療法は血液を変化させます。

80分間の接地実験により、ゼータ電位が改善され血液がサラサラになることが分かりました。

つまり、赤血球間のエネルギーが改善されるということです。

 

糖分の多い食事、喫煙、ラジオ周波数、他の有害な電磁波、精神的ストレス、不安、高コレステロール、高い尿酸値が血液にどのように影響を与えているのかご存じですか。

これらは全て、血液を凝固高進させるのです。

つまり血液をドロドロにさせる要因なのです。血液がドロドロになると、血栓ができたり、脳卒中を起こす危険性が増します。

また、ドロドロの血液は炎症の原因でもあります。

血液の流れが滞ると、細胞組織に酸素が送られなくなるのです。

 

しかし接地療法により、ドロドロの血液をサラサラにすることができます。

ただし、抗血液凝固剤をすでに使用している人は医師と相談をしながら行ってください。

ゼータ電位は運動電位です。

赤血球はお互いに反発し合い、光の速さで血管の中を移動しています。

接地療法は、ゼータ電位を平均で280%も増加させます。

 

つまり、血液をサラサラにする方法として接地療法が非常に効果的だということです。

血液の流れを改善させることで、心臓病、脳卒中だけでなく、癌、アルツハイマー病、多発性硬化症など。。。

細胞組織に酸素不足が起こると発症するあらゆる病気を撃墜することができるのです。

 

血液中のゼータ電位が下がると病気を発症しやすくなります。

例えば、一部の避妊ピルは、心臓発作を起こす危険性があります。

なぜなら、避妊ピルの成分(合成エストロゲンやプロゲステロン)は、血液中のゼータ電位を下げ、血液凝固を促進するからです。

さらに接地療法は、交感神経系を鎮静化し、心拍変動を改善します。

その結果、自律神経系統の恒常性(バランス)が改善され、細胞組織の隅々そして身体の機能まで改善するのです。

 

つまり、接地療法は身体を病気モードから健康モードに変えることができるのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放