血管の健康状態改善と静脈瘤                Dr. Mercola


静脈瘤は、血液が静脈に溜まったときに脚に現われる見苦しく痛みを伴うコブで、成人の5~30%がこれを体験しており、女性は男性よりも静脈瘤を発症する可能性が3倍高いです。

 

「Journal of Vascular Research」の新しい研究によると、静脈瘤(Varicosis)はビタミンKの欠乏に起因する可能性があります。

 

ビタミンKが不足するとマトリックスGLAタンパク質(MGP)の活性が低下することがあり、これが静脈瘤の発症の鍵となることが確認されています。

 

ビタミンKはMGPを活性化するために必要なので、ビタミンKを十分に含む食事摂取は静脈瘤予防の前提条件であると考えられています。

 

ビタミンKは主に2つの形態があります。

 

K1(フィロキノン、別名フィトナジオン)

K2(メナキノン)

 

ビタミンK3はビタミンの合成変異体であり、摂取は推奨されません。

 

ビタミンK1は、レタス、ブロッコリー、ホウレンソウなどの緑色の葉野菜に含まれており、洋食に含まれるビタミンKの約90%を占めています。

 

ビタミンK2は数種類のメナキノンを含んでおり(MK-n、プレニル側鎖の数によって決定されるnを有する)、MK-4は食用肉に含まれ、また、 MK-7、MK-8、MK-9はチーズや納豆のような発酵食品に見られます。

 

静脈瘤の予防方法

静脈瘤の発生のリスク要因には以下のものが挙げられます。

 

加齢

肥満および/または多胎妊娠

運動不足

長時間の立ち仕事

遺伝的素因、および結合組織異常 

 

今回は主に予防を目標とします。

例えば、足を組んで座り続けると静脈瘤ができやすくなるという事実を学びます。

他にも、 歩行運動をしなかったり、便秘だと静脈瘤ができやすいです。

 

食事 は予防の「薬」となる重要な習慣です。

 

納豆 などの発酵食品は、基本的に、摂取できる食品の中で最もビタミンKが濃く含まれており、毎日数ミリグラムのビタミンK2を取り込むことができます。

この含有量は濃緑色の野菜に見られる量をはるかに上回ります。

 

例えば、納豆を食べたあとの体内のビタミンK2濃度はホウレンソウを食べた後のビタミンK1の約10倍高いことが示されています。

残念ながら、ほとんどの人は 発酵食品を多く食べません。

 

ビタミンK2は、腸内細菌によって合成され、遠位小腸から吸収されます。

抗生物質 を服用するとビタミンK2の吸収が妨げられることを覚えておきましょう。

 

ビタミンK1は基本的には濃い緑の葉物野菜に見られます。

次の表には、食事に加えることを検討すべきビタミンKのいくつかの野菜を示しています。

 

食材 ビタミンK*

 

コラードグリーン 440

 

ほうれん草 380

 

サラダ野菜 315

 

ケール 270

 

ブロッコリー 180

 

芽キャベツ 177

 

キャベツ 145

 

オリーブ油 55

 

アスパラガス 60

 

オクラ 40

 

グリーンビーンズ(サヤエンドウ) 33

 

レンズマメ 22

 

ビタミンK  忘れられたビタミン

ビタミンKは、血液凝固において重要な役割を果たすことが最もよく知られている脂溶性ビタミンです。

しかも、ビタミンKはカルシウムを骨基質に差し込むのに役立つ生物学的な「接着剤」として役立ち、 強い骨をつくるために不可欠です。 

 

一部の研究では、実際にビタミンKがフォサマックス型骨粗鬆症薬と同等であることが示されています。

 

また、ビタミンKは 心疾患予防 に重要です。

冠状動脈疾患や心不全の一般的な危険因子である動脈硬化の予防にも役立つからです。

 

ビタミンKの他の有益な効果には以下のものがあります。

 

アルツハイマー病の改善。

 

局所にビタミンKを加えるのも打ち身を軽減するのに役立ちます。

 

ビタミンKが不足すると、糖尿病に似た インスリン 放出と血糖調節への干渉が起こる可能性があります。

 

抗酸化特性を有する可能性があります。

 

肺 および肝臓がんなどのがん治療に有益です。

 

ビタミンKは脂溶性のビタミンです。つまり、吸収するために食事脂肪が必要なので、注意することが大切です。

実践しやすい方法の1つとしては、 液状のビタミンKドロップ を魚油やオキアミ油に直接加えることをおすすめします。

 

これにより、ビタミンKが体によく吸収されます。

あるいは、健康な脂肪を含む他の食べ物に加えることもできます。

 

ビタミンKサプリメントは必要か

植物性ビタミンK1(フィロキノン)と細菌により作られるビタミンK2(メナキノン)は非常に重要なので、食生活に余分なサプリメントを加えることはお勧めせず、ビタミンKのサプリメントの購入をあまり検討しないかもしれません。

特にあなた(または家族の方)に骨粗鬆症または心臓病の病歴がある場合はよく考慮してください。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放