血液と血管                              手前板前


ヒトのカラダの60%は水分です。

60%というのは成人の平均でして、赤ちゃんは78%も水分があり、老人は50%しかありません。「みずみずしい赤ちゃん」「枯れた老人」という言葉は、科学的にも正鵠を射ているわけです。

 

体中の細胞や組織に栄養を送っているのが、血液とその輸送管である血管です。体液にしめる血液の割合は意外と少なく、4%ていどしかありません。水分の大部分は細胞にあり、水分全体のうち40%は細胞内にあります。

 

血液の量は体重の13分の1、成人の平均で約5リットルです。血液は、栄養だけではなく、生命活動に不可欠の酸素も供給していますから、このうちの5分の1以上を失うと酸素欠乏に、3分の1以上失うと失神、2分の1を失えば死にます。

 

我々が一般に「血」と認識しているものは、「血漿」という液体に、有形の成分が混ざり合ったものです。血漿は、全血液の60%程度。残り40%は血球などの有形成分です。

血球には、酸素を運搬する赤い色をした「赤血球」と、外から侵入した病原体や異物を殺す働きをする無色の「白血球」があり。有形成分にはこのほか、出血したときに血液を凝固させて止血する「血小板」などがあります。

 

血液のはたらきは栄養と酸素の供給だけではなく、体中にある老廃物を回収したり、体温を調節したり、病原体から体を守ったり、止血したり、まさに「命の番人」のようなことをしているのです。

 

骨の内部にある骨髄でつくられた血液は、全長が6千キロ(日本列島の3倍)もある血管の内部を移動しています。なぜ移動できるのかというと、強力なポンプがあるからで、このポンプは自分でバッテリー(動力源)を持っており、止まることなく血液を循環させています。

 

ポンプとはもちろん心臓のことです。

洞房結節という筋細胞で電気信号が発生し、この電気信号が心臓全体に伝わることで拍動を続けており、強力な圧力で血液を動脈に送り出し、静脈で戻すという循環を休みなく繰り返しています。隣の肺と連係して血液に酸素を補給してやる仕事もしています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放