虫垂                               吉冨 信長


ひと昔前まで、子どもの扁桃腺が肥大するとそこを切除したり、盲腸炎(実際は虫垂炎)になれば虫垂を切除してきました。

 

しかし、無数の免疫チームが集まっている小腸のパイエル板のように、虫垂にも扁桃腺にも多くのリンパ組織が存在しています。

大腸の入り口である盲腸周辺や虫垂の中には多くのリンパ節があり、ここにリンパ球(B細胞、T細胞など)が無数に集結し、日々活動しています。

小腸から送られてきた食べかすはまず虫垂にたまります。この食べかすの中にまだひっそりと残っている病原菌・ウイルス・化学物質などをリンパ球が厳しくチェックし、攻撃していくのです。ここは大腸の最初の入り口にある検問所のようなところです。

 

さらに、虫垂は消化器官としての役割もあり、ここでたまった食べかすを腸内細菌によってできるだけ先に分解させておきます。善玉菌によって発酵された物質は腸内でエネルギーとして使われたり、腸内環境のpHを一定に保つために使用されますが、悪玉菌によって生成された腐敗物質や有害物質は、実は虫垂にいるリンパ球などによって無害化される仕組みになっています。

 

しかし、有害物質が多量の場合、リンパ球でも消耗できません。その場合は、善玉菌が無害化してくれます。こうした連携プレーが私たちの知らない間に行われているのです。ただし、それでも無害化できなかった有害物質は肝臓で解毒されますが、あまりにも多量であったり、肝臓障害があったりすると、全身の細胞に届いてしまうことがあります。やはりそうならないように、腸内細菌の多様化、免疫の強化、善玉菌の確保などがポイントになってくるでしょう。

 

ここで虫垂や扁桃腺を切除してしまった人もいることでしょうが、大きく心配する必要はありません。もちろん、切除しないに越したことはありませんが、他の部位での免疫組織(特に小腸のパイエル板)がしっかり働くからです。

扁桃腺は消化器官の入り口として重要な免疫組織の場であり、同じく虫垂は消化器官の出口として重要な免疫器官だと捉えることができます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放