薬を出さない真弓定夫医師                     内海 聡


吉祥寺に、全国から多くの患者が訪れる小児科がある。

その小児科には、薬を出さず、注射も打たない自然流育児で有名な医師がいる。

彼の提唱する自然流育児の要素は、戦前の日本では当たり前におじいちゃんおばあちゃんから教えられたと言う。

日本の伝統文化に則った、“大切にしなくてはならないこと”を伝え続けている。

 

牛乳を子どもに飲ませることで死亡リスクが激増する、そもそも哺乳類は自分の乳しか飲まないし、日本人には牛乳を飲む文化は存在しない。

乳を飲んでもいい人たちがいるとすれば、猿が住まないところに住んでいる人たちだけ。

 

クスリはリスク、殆どのクスリがリスクを持ち、複数のクスリがさらに悪化を誘発する。

病気の予防や完治の為には、いかに免疫力を上げ体温をあげ、食事を中心として野生の生活を見直すか。

 

子どもの基礎体温は2歳までは38℃くらいが普通で大規模統計もある。

その後37℃台くらいに下がってきて、大人でも36℃台後半はないとダメ。

体温が下がると感染症にかかりやすく癌にもなりやすい。

 

高血圧は悪くなく、日本人はもともと血圧が高めの民族。

塩を悪者にしているが塩が悪いのではなく精製塩こそが問題。

本物の塩は微小ミネラルを含有し日本人には必要。

 

症状は体を治すために起こっている。

発熱、くしゃみ、鼻水、ぜーぜー、下痢、嘔吐などは悪いものを外に出すための症状であり、消したり下げてはいけないものである。

 

治る病院は流行らない。

治る病院では患者が通い続けるなどということはない。

それは癌であれ膠原病であれ難病でさえ同じであり、日常的な病気であればなおさらそうである。

治せないから医療費は増大し続けている。

 

アトピーやアレルギーはアロスエルゴンの略で奇妙な反応という意味。

もともと昭和20年までは全くといっていいほど存在せず、1960年ごろから出現するようになったが、これまで上げてきたことが原因。

 

グローバル化がそれぞれの国や地域の文化を壊している、日本の文化が壊れた一番の原因は核家族化であり、おじいちゃんおばあちゃんの知恵が失われてきたことは、日本人が劣化する要因の一つ。

 

子どもは常に大人よりも賢い。

大人が子どもを育てているのではなく、大人が子どもに育てられていることを「子育ち」という。

子どもは野生であり常に生物的に行動することを見習う必要がある。

 

赤ちゃんは必ずまず出してから入れる。

まず生まれたときに肺から息を吐いて泣き始める。

胎便を出してから母乳を飲み始める。

日本の家庭でも便を出してから食事をとり始める。出せる体が重要である。

 

先住民に学べ。

インディアンは日本に近いので食事だけでなく学ぶところがたくさんある。

カンガルーケア、産む前の準備、子どもを大切にすること、自然と一体化すること、哲学など。

 

暖衣飽食が病の元、三里四方のものを食すれば病せず、身土不二を重視せよ。

薬は漢字で書くと草と木が入っている。

そして生き物を食べる(植物なら芽が出る、動物なら子を産める)ものを食べること。

 

うがい、手洗い、マスクは病気を予防しない。

歯磨きは虫歯を予防しないし野生動物はうがいも手洗いも歯磨きもしない。

しかし彼らには簡単に感染症にかからない体があり、野生動物に虫歯はない。

 

遊ぶときは子ども同士が遊ぶ、群れを成しての外遊びが重要。

テレビに子守りをさせない、親がしつけをするときはやってはいけないではなく、日常生活から学ばせる。

 

日本の劣化は大学病院、保健所、教育委員会から始まった。

モラルが低くて肩書だけ高い人間を利用し、メディアも利用した。

朝日毎日読売NHKが日本を劣化させた張本人である。

 

原発は危険、電磁波も危険、まず何より電気を使う数を減らさないといけない。

そして家は木であることが重要で空気が横だけでなく縦に流れることが重要。

食べ物よりも水が重要、それよりも空気が重要。

 

清潔は病気を作る。

常在菌とともにいること、良い腸内細菌を作ること、菌と共生することが病気を予防する。

菌を退治しようとするから菌が強くなり、相対的に体は弱くなっていく。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放