薬は脂溶性である                          内海 聡


薬と呼ばれるものはそれが医療薬であれ違法ドラッグであれ、農薬であれ添加物であれ洗剤であれ経皮毒であれ、ほとんどが脂溶性です。製薬会社に見学に行ってみてください。石油タンクが置いてあります。もし薬が水溶性だと、門脈から肝臓に運ばれて代謝されて無毒化されてしまいます。脂溶性だと脳の血液脳関門も通りやすい。

だからよいわけではありません。脂溶性毒物は最終的に肝臓で代謝されますが、一部は体内の脂肪細胞に入り込んで残り続けるのです。特に脳は脂肪の塊なので、脳の髄鞘に取り込まれやすいので脂質代謝を活発にすることが大事なんです。細胞膜もリン脂質などの塊です。人間の体は水以外は大部分は脂質とタンパク質でできています。

究極的にいえば医療用の薬物をとっているのは、石油やガソリンを飲んでいるのに近いです。だから医療薬や食に関する化学薬品に関して、石油系の大企業や財閥の名前が出てくるわけです。言うまでもなくロックフェラー財閥とはスタンダード石油を代表に、世界の石油を牛耳ってきた一族ですが、だからこそ医療や食支配はロックフェラーが担ってきたわけです。

これらの脂溶性毒物=薬物を摂ると人体はそれを代謝するために、ビタミン、ミネラルなどを大量に消費します。そうすると隠れ栄養不足になり健康を損ねます。残留した薬物はかなり後になっても体に悪さをします。健康になりたければ良質の脂質とタンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかり摂ることが重要です。糖質はそれほど必要ありませんがみんな摂りすぎです。

 

*NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放