菌との共生                          吉冨 信長


無菌生活で失われていったもの

 

ここ100年で私たち人類の寿命は大幅に伸びました。そこには飽食時代による栄養改善、衛生環境のインフラ確立、感染症の減少などが大きな要因です。

こうして、病原菌や寄生虫に感染する機会は大幅に減りました。さらに公共性や大衆性が増えるほど、私たちの環境は無菌状態に近い極端な生活が余儀なく強いられるようになりました。

 

無菌生活により、食中毒や感染症などの機会は確かに減りますが、一方で大きく失われたものもあります。それは私たちの体にとって有用な菌まで同時に多く失われてしまったことです。

 

しかし、正確にいうと菌に良いも悪いもありません。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌という分類は説明の便宜上のものであり、断定できるものではありません。ただし、中には本当に病原性の高い菌が存在し、長らくそういう悪い菌と戦ってきたことは事実でしょう。

 

無菌抗菌生活により菌に接する機会が減ると、私たちの体の中にいる免疫細胞が刺激されなくなり、菌と戦う訓練の場が設けられず、さらに感染経験が浅いため、体は弱くなってしまいます。

 

さらに、腸内環境も土壌環境も、この菌の多様性があってこそ成り立っています。文明生活が広がるほど便利にはなるものの、菌・植物・動物の食物連鎖や自然界の多様性は失われ、最終的には自分たちの体にしわ寄せがきます。

 

花粉症やアトピーなどのアレルギーも昔は珍しかった症状でしたが、今では誰かしら発症してしまう標準体質の一つとなりつつあります。これは私たちが無菌生活の中で極端に菌を遠ざけてきてしまった結果の一つだと言えるかもしれません。

 

自然と触れ合いながら菌といかに共生していくか、畑の土と向き合ったり自分の腸と向き合うことで、今一度、菌との共生を再確認する必要がある、そんな時代になったといえます。

 

これは決してきれいごとではなく、私たちや私たちの子孫がより健康に生きていくための、大きな足がかりの一つではないかと思います。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放